「Try me」James Brown - 映画
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Try me」James Brown

先日、ジェームス・ブラウンの伝記映画「最高の魂(ソウル)を持つ男」を観てきました。
一言、最高でした!
レイ・チャールズの伝記映画「レイ」と並んで、私がこれまで観たミュージシャンを扱った伝記映画としては最高傑作であると思います。
J.Bを演じたチャドウィック・ボーズマン、演技も踊りも最高でした。
J.Bのことを「子供の頃、彼の音やビート、すべてが大好きだった」と語る、製作を務めたブライアン・グレイザー、グッド・ジョブ。
J.Bのことを「南部では彼はレジェンドであり、私たちの生活の一部だった」と語る、監督のテイト・テイラー、有難う。
「ブラウンの人生は尽きることのない魅力に満ちているし、きわめて感動的だ」と語るのは、プロデューサーを務めたミック・ジャガーである。「J.Bのドキュメンタリーを製作しないか」と持ちかけられたミックは、「ああ、そいつはいい。だけど、どうして劇場用長編映画を撮らないんだ?」と語ったそうだ。これがきっかけで本作が製作されることになった。ミック、ホンマにおおきに!
映画製作に携わった方、共演者の皆さん、本当にサンキュー。
最後に、この映画のパンフレットを作った方、写真ばかりの内容のないパンフレットが多い中で、内容・ボリューム共に満載の充実した紙面を作ってくれて本当にダンケシェン。
最後の最後に、J.B、「最高の男の生き様」を示してくれて感謝For You!!!

J.Bのことをよく知らない方も十分に楽しめる内容ですので、劇場で鑑賞されることをお勧めします。
これをきっかけに、ずっと前に購入したまま本棚で眠っていたJ.Bの伝記本を読んでみようと思います(笑)

今日の1曲は、映画のラストで歌われた「トライ・ミー」です。







映画での「トライ・ミー」です。








COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント