黒人女性歌手と白人男性ギタリストによるトップレベルのフォークデュオ、Dorris Henderson & John Renbourn - フォークロック・シンガーソングライター・ネオアコ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

黒人女性歌手と白人男性ギタリストによるトップレベルのフォークデュオ、Dorris Henderson & John Renbourn

「There You Go!」Dorris Henderson & John Renbourn


1966年のジョン・レンボーンのソロ・デビューアルバム「John Renbourn」に先立って、1965年に発表されたジョンの「本当の」デビューアルバムである。
正直言って私は、このジョン・レンボーンというミュージシャンのことは全く知らなかった。先日の訃報を聞いて初めて知ったのである。そしてYouTube動画を検索しているときに、今回のドリス・ヘンダーソンとの共作の存在を知ったのである。ドリスのことも全く知らなかった。YouTubeから流れる音楽に触れて、「これは素晴らしい」と感じ、即購入して聴いたのである。基本的に私が今まで聴いてきた音楽の流れは、ロック→ソウル→ブルースという順番に聴き進めており、フォークというのは一部の曲を除いてほとんど興味を持っていなかったため、苦手なジャンルであった。
しかし、この黒人女性歌手であるドリスと白人ギタリストであるジョンの組み合わせは、実にしっくりと私の耳に馴染んだ。どの曲も派手さはないが、絶妙なジョンのギターテクニックと、抑揚を抑えた深みのあるドリスの歌声が、見事なほどにマッチしているのである。
ほとんどの曲がアメリカのトラディショナル・ソングであるが、音楽もさることながら、その歌詞の内容が日常生活の悲哀から社会批判へと多岐にわたっており、聞けば聞くほど心を打たれる曲ばかりである。私にとって黒人女性歌手というものはソウルやブルースのイメージがどうしても強いわけだが、本作を聴いて、「こういったフォークを歌う黒人女性歌手もいいものだな」と、感じた次第である。
本作を聴いてみようと思われている方には、日本語対訳が記されている日本盤を購入されることをお勧めします。











評点:90点

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。