ザ・ビートルズ、Jレノン、Gハリソン、Pマッカートニー

ブタ小屋ではみんな仲間に囲まれて 外の世界で何が起こっているか知ろうともしない

 ←現実とは、お前の脳が解釈している電気信号のことだ。 →「Drown In My Own Tears 」Ray Charles
「LIVE IN JAPAN」GEORGE HARRISON


1991年のエリック・クラプトンとのジャパン・ライヴを収録したジョージ・ハリソンの2枚組のアルバムである。クラプトンとジョージの関係は、日本人には理解しがたい間柄であるようだ。妻であったパティを「友人」クラプトンに奪われて、普通であれば「絶交」となりそうなもんだが・・・。
しかし、よく見てみると、この当時のミュージシャンはお互いの妻や恋人と関係を持つことが「普通の行動パターン」だったようで、別に何の問題もなかったのかもしれない。ジョージとクラプトンだけでなく、ストーンズのロン・ウッドまで絡んだ「複雑な関係」が存在していたようだ。
ジョン・レノンとポール・マッカートニーの陰に隠れて、その存在価値が過小評価されがちなジョージだが、「サムシング」や「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」で代表されるように、相当な音楽的才能を持ったミュージシャンであったことは間違いない。そしてジョージの書いた歌詞も、ジョンに負けず劣らず「鋭い視線で社会告発をした骨太の内容」であった。例の「フォールの件」を知ってからこのアルバムを聴くと、ジョージの本当の気持ちが理解できるような気がする。歌詞の端々にジョージの「本音」が感じられるのだ。そのジョージの「本音」が特に感じられる曲に絞って、アルバムより歌詞の一部を紹介する。



「ダーク・ホース」
僕のことは全て知っているとおまえは思っていた
でもそれはおまえの思い上がりだったようだな
おまえは俺をしっかり見張っていたつもりだったが
俺はちゃっかり逃げ出していたのさ

俺はダーク・ホース
暗いレーシング・コースを走っている
俺はブルー・ムーン
生まれた時からずっと
クールなはみ出し者
金の出所を探っている
俺はダーク・ホース

おまえは俺が自分の手中にあると思っていた
でもちょっと考えが甘かったようだな
俺はおまえの手に負えなくなっていた
今に始まったことじゃないけどな





この歌詞を見て、ジョンとポールの陰で粗末な扱いを受けていた自分のことを「ダーク・ホース」と呼び、ジョンとポールに「痛烈な皮肉」をぶつけている曲のように聞こえるが、それはあくまでも「表の歌詞」であって、ジョージの本音は「彼ら」によって操られていたビートルズのこと(当然フォールの件を含む)について、「彼ら」に向けて歌ったのだと私は思います。


「ピッキーズ」
ブタ小屋ではみんな仲間に囲まれて
外の世界で何が起こっているか知ろうともしない
奴らの人生何かが欠けている
奴らには思いっきり おしおきしてやらなくちゃ

どこもかしこも たくさんのブタたちが
いたずらをして遊んでいる
土手でとっくみあいをしているブタたちが
ほら 見えるだろう
ビッグ・ブラザー相手に
いたずらしかけて遊んでいる

どこもかしこも たくさんのブタたちが
ブタなりの生活を営んでいる
ブタの奥さんと夕食に出かけ
フォークとナイフを握りしめて
ブタのベーコンを食べている






ドラマーはブタのマスクをかぶって演奏したらしい・・・。「彼ら」に支配された世界で「ブタなりの生活を営んでいる一般庶民」のことを歌っている。「ビッグ・ブラザー」に監視されながら・・・。


「オール・ゾーズ・イヤーズ・アゴー」
僕は愛について叫んでいる
彼らは君を犬のように扱った
君は何年も前にそのことを
とてもはっきりさせた人だというのに

僕はいかに与えるかについて話している
彼らはあまり誠意を持ってやってはいない
だけど君は真実への道を示した
「愛こそすべて」と言ったときに

人生いいこともあれば悪いこともある
僕はいつも君を尊敬していた
今 僕たちは冷たい悲しみの中に取り残された
悪魔の親友のせいで
すべてを攻撃するやつのせいで






暗殺されたジョンに捧げた歌である。誰がジョンを殺したかを、ジョージは完全に理解していた。それは決してマーク・チャップマンなんかじゃない。その証拠にジョージは憎むべき対象を、「彼」ではなく「彼ら」とはっきりと複数形で歌っている。「悪魔の親友」とも。「すべてを攻撃するやつ」とも・・・。


「デヴィルズ・レイディオ」
奴は傍若無人に駆けまわってるのに
みんなにはそれが見えない
あいつがどんな悪影響を及ぼすか
君を凍りつかせちゃうのさ
エスキモーの接着剤みたいにね

奴とは一生縁が切れない
雑草みたいにあたり構わずはびこるんだ
おかげで作物はちっとも育たない
悪魔のラジオ

暗がりに忍んでいるかもしれない
サングラスで変装しなくちゃ
発電機みたいな騒音をまき散らす
悪魔のラジオ






ラジオ、テレビ、映画が「サタンの受信機」から垂れ流す「悪魔の声」のことを歌っています。はい、「彼ら」による「洗脳」のことです。


ジョージが亡くなって14年半が経過しました。ジョージが「本当に伝えたかったこと」を理解している音楽ファンは、果たしてどれだけ存在しているのでしょう。
ジョージのファンの皆さん、ビートルズのファンの皆さん、いい加減ジョージが「本当に伝えたかったこと」に気付いてください。ジョージが他界した頃と比べて、この世界は少しも「改善」されていません。さらに酷くなっていっています。
いい加減「ブタ小屋」から脱出してください。
ジョージは歌っています。
「ブタ小屋ではみんな仲間に囲まれて
外の世界で何が起こっているか知ろうともしない」と。


評点:100点






もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【現実とは、お前の脳が解釈している電気信号のことだ。】へ  【「Drown In My Own Tears 」Ray Charles 】へ

~ Comment ~

本当に狂った世界(彼らにとっては理想郷)

そうですよね。本当に信じられないぐらい、多くの人が、ただ群れているだけで、安心してしまう。その群れのリーダーが、地獄に導いている事に気が付かずに…。

ヒトラーをドイツ国民は正しいと思い、支持し、結果はどうだったんでしょうか。日本国民は天皇を軍神とし、崇め、特攻までしましたが、その結果が原爆投下、人体実験…これが、日本国民が望んだ事なんでしょうか。

僕は、生まれてから今日まで、いつも悲しいです。周りの人間の無責任、無関心、無気力が。そして何より、自分の無力が。

でも、それでも、無力でも、諦めない、どれだけ踏まれても踏まれても、立ち上がる心だけは、死んでも僕はこの世界に残していきたいです。

3.11の後、何もかも失った老夫婦の言葉と表情が忘れられません。記者の「お辛いでしょう?」のような言葉の後に「みんな、本当に大変でした。また頑張りましょう」と、とても爽やかな笑顔で。そんな人に、僕はなりたいです。

最後にマルチン・ルターの名言を

「死は、人生の終末ではない、生涯の完成である。希望は強い勇気であり、新たな意志である。たとえ明日、世界が滅びようとも、明日、リンゴの木を植えよう」

悪くなる一方の世の中ですが、ソウルマンさんらしく、熱く生きていてくれるのを、僕は願っています。

Re: 本当に狂った世界(彼らにとっては理想郷)

K1さん

熱いコメント有難うございます。
お気持ちはよく分かります。
私も似通った心境になることはしょっちゅうですから・・・。
しかし、一人一人の力は無力かもしれませんが、その無力な力が結集すると、とてつもない大きな力になると私は思います。同じ思いを持った同志はけっこういると思いますよ。ジョージ・ハリソンもその一人でしょう。
ご紹介いただいた老夫婦も、この世界の真相を理解しているか否かは別として、潜在的に同じ思いを持った方だと思います。私は狂った世界の現実を無視するのではなく受けとめたうえで、決して投げやりになるのではなく、前向きに生きていくことが一番重要であると思っています。
これからも「熱い心」を持ち続けていてください。
私も勇気づけられました。


コメントありがとうごさいます

そうですよね。そう思ってはいるのですが、周りや自分自身を見ているとたまに弱気になってしまいます(ーー)(ソウルさんもそうだと聞いて何となく安心してしまいました^^;)

この世を、楽園にするか、地獄にするのかは自分次第と肝に銘じて、進んでいきたいです。

よく周りを見れば、ソウルマンさんや、信じられる人たちもいるので、真っ直ぐ生きて、最高な人生を感じたいもんです(^^)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【現実とは、お前の脳が解釈している電気信号のことだ。】へ
  • 【「Drown In My Own Tears 」Ray Charles 】へ