人類は2039年、人類以外のものに進化する - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

人類は2039年、人類以外のものに進化する

「アントニオ・ガウディはフリーメイソンだった!テレビで暴かれるようになったフリーメイソン・イルミナティの裏情報」


先日放映された「やりすぎ都市伝説」で、「ファティマ第三の預言」や「アントニオ・ガウディがフリーメイソンだった」とか「フリーメイソン・イルミナティの特別な数字である“13”や“33”についての説明」等が報道された。こういった情報は、ほとんどがネットや本によってのみ知ることができるのではあるが、「やりすぎ都市伝説」だけは違うようだ。「何故に裏情報を公開しているのだろう?」とも感じてしまうが、ここは素直に「テレビ東京頑張れ!」とエールを送りたい。
この放送のことを書き起こししてくれているブログがあったので、転載する。


(テレビのブログ)さんより
http://tv-blog.blog.so-net.ne.jp/2013-09-27-6
2039年「ファティマ第三の預言とは」|やりすぎ都市伝説
テレビ東京の「やりすぎ都市伝説2013秋」で封印された暗黒の預言について放送されました。今回「Mr.都市伝説」関暁夫さんが訪れたのはポルトガル。2013年、相次ぐ世界規模での情報漏えい。バチカンの最高レベルの情報を管理するコンピューターシステムのエンジニアが突如、謎の失踪をした事件。さらに元執事が法王に関する秘密文書を漏洩する事件も発覚。この裏にはバチカン内部の権力闘争が絡んでいるのではと言われています。そして、その機密事件の影響か今年2月、カトリックの最高権力者であるローマ法王が自らの意志で退位するという約700年ぶりの異例の事態が起こりました。一説には人類の歴史を大きく揺るがすような重大な機密漏洩が起きてしまったのではないかと言われています。

ファティマ第三の預言とは約100年前ポルトガルのファティマという小さな村で起こりました。1917年5月13日、この村に住むルシア、フランシスコ、ジャシンタという3人の子供たちの前に光に包まれた聖母マリアが現れ3つの預言を託したと言います。ファティマの預言とは聖母マリアが3人の子供のうちルシアと呼ばれる少女に託したもの。その少女ルシアが後に書き残した3つの預言書より成り立っています。

一つめの預言は第一次世界大戦の終結。そして二つめの預言は第二次世界大戦の勃発。しかも、その全てが預言通りとなっていると言います。そして問題となっているのがファティマ第三の預言。聖母マリアはルシアに対して「第三の預言だけは決して他言せず1960年に公表するように」と命じました。彼女はその内容をバチカンのローマ法王庁にだけ伝え封印。その内容を知った当時のローマ法王パウロ6世はあまりの恐ろしさに卒倒したと言われています。しかし、ファティマ第三の預言は1960年を過ぎてもバチカンは公表しませんでした。そんなファティマ第三の預言を巡って1981年5月には、その公表を要求する人物によるハイジャック事件まで発生。さらにヨハネ・パウロ2世の暗殺未遂事件まで起こりました。

ファティマ第三の預言に奇妙なほどつきまとう13の数字。ファティマに初めて聖母マリアが現れたとされるのが1917年5月13日。それから毎月13日に聖母マリアは現れたと言います。そしてヨハネ・パウロ2世の暗殺未遂事件が起きたのが1981年5月13日。さらにルシアが97歳で亡くなったのが2005年2月13日。

スペインが生んだ20世紀を代表する建築家の一人アントニオ・ガウディ。彼が1926年に亡くなるまでライフワークとして取り組んだ未完の大作サグラダ・ファミリア。ガウディはその晩年を全てサグラダ・ファミリアの建築に捧げました。ガウディの死後、彼の構想と意思を受け継ぐ者たちによって建築開始から100年以上経った今も作業が進められています。このサグラダ・ファミリアが完成すると言われているのが2026年。ガウディはフリーメイソンだったそうです。そしてガウディはサグラダ・ファミリアやグエル公園に様々な暗号「ガウディ・コード」を埋め込んだと言います。

2026年のさらに13年後、2039年。1963年11月22日、ケネディ大統領暗殺事件について全てが記されたアメリカ政府の公式調査委員会作成のウォーレン報告書。その超極秘文書であるウォーレン報告書はなぜが2039年に公表されるということになっています。ケネディ暗殺の背景にはケネディがアポロ計画の本当の目的、さらには宇宙人の存在を公表しようとしたため暗殺されたという説も存在します。しかし、なぜ公表は2039年なのでしょうか。それは聖母マリアの秘密が明かされると言われるサグラダ・ファミリア完成の年2026年から13年後が2039年だからだとか。

ナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラーは神秘主義にかなり傾倒していたと言われ「死後復活した」「実は宇宙人だった」などの説がささやかれています。ヒトラーは人類の未来について多くの不気味な予言を残しています。「世界はごく少数の支配者と多数の被支配者に分かれ二極化が進むと同時に1989年以降は天変地異などで人類は大自然の力に痛めつけられる。そして2039年の1月に人類は究極の変化に遭遇する。その時今の意味での人類はもういない。なぜなら人類は2039年、人類以外のものに進化する。

2039年に明かされる宇宙に近づきすぎた男ケネディ暗殺の真実。ヒトラーの人類の進化や宇宙時代を断言する2039年の予言。この2039年の奇妙な一致は偶然なのでしょうか。ファティマ第三の預言、ガウディが残した暗号、そしてケネディ暗殺の真相。それら人類にとって重大なメッセージのこめられた秘密を我々に突きつけられるときが刻々と近づいています。




最後に、昨年放送された「やりすぎ都市伝説イスラエル編」の動画を紹介する。
信じるか信じないかは、あなた次第です(笑)。↓






Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説(4)Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説(4)
(2012/08/01)
関 暁夫

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。