熱いハートを持ったソウル・シンガー  O.V.WRIGHT - ソウル・ファンク・ゴスペル・ドゥーワップ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

熱いハートを持ったソウル・シンガー  O.V.WRIGHT

「INTO SOMETHING」O.V.WRIGHT

1977年のO.V.ライトのアルバムである。
O.V.ライト(本名オヴァトン・ヴァーテス・ライト)は、1939年10月9日にテネシー州レノで生まれたソウル・シンガーです。10代の頃からゴスペルグループ、サンセット・トラベラーズに参加。1963年頃ソロとして活動を始め、1964年メンフィスのゴールドワックス・レコードからデビューしています。オーティス・レディングやローリング・ストーンズがカヴァーしたことでも有名な「ダッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラヴ・イズ」がデビュー曲でもあります。
本作品はハイ・レコードから出ており、アル・グリーンとの関係で有名なウィリー・ミッチェルがプロデュースをしています。

一曲目の「イントゥ・サムシング」は、ピアノのイントロで静かに始まり、徐々に盛り上がっていく、実にソウルフルな熱い曲である。
「アイ・フィール・ラヴ・グロウイン」は淡々とした曲調だが、抑え気味のO.V.のヴォーカルが堪能できる。ウィリーの影響だろう。
「ザ・タイム・ウィ・ハヴ」は、ソウル・フィーリング溢れるバラードであり、これまたウィリーのプロデュースが貢献していると推察される。
「トライング・トゥ・リヴ・マイ・ライフ」は、これまたサザン・ソウルを代表するシンガーであるオーティス・クレイの代表曲だが、O.V.も負けず劣らず、子気味よく歌いきっている。
最後は「ゴッド・ブレスト・アワ・ラヴ」~「男が女を愛するとき」~「ダッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラヴ・イズ」のメドレ-だが、「圧巻」の一言に尽きる。

O.V.は、1980年11月16日に心臓発作で亡くなりました。まだ41歳でした。
この時代は、「熱いハートを持ったソウル・シンガー」がメンフィスを中心に活躍していました。最近は、黒人ソウル・シンガーがほとんど見られないのが大変さみしいです。
ヒップホップやEDMもいいけれど、60年代、70年代に活躍した偉大なソウルマンたちの後を継ぐ「次世代の黒人ソウル・シンガー」に登場してもらいたいものです。









評点:90点




イントゥ・サムシング(紙ジャケット)イントゥ・サムシング(紙ジャケット)
(2014/09/17)
O.V.ライト

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。