防寒対策にニーナの「熱いブルース」を NINA SIMON - ニーナ・シモン
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

防寒対策にニーナの「熱いブルース」を NINA SIMON

「SINGS THE BLUES」NINA SIMON


ニーナ・シモンの1967年のアルバムである。
ニーナは基本的にはジャズ歌手として知られていると思うが、本作のようなブルースやフォークなど、実質ジャンルに縛られないで、多角的に歌いこなせるミュージシャンである。

一曲目の「ドュー・アイ・ムーヴ・ユー?」が実にいい。ニーナのヴォーカルにブルース・ハープ、ピアノ、ギター、掛け声が絡み合っており、ライヴのような異様な盛り上がりが感じられる。
「マイ・マンズ・ゴーン・ナウ」は、ガーシュインの名曲だが、単調なピアノの旋律にニーナの黒くて切ないヴォーカルが重なり合い、歌の世界に引き込まれてしまう。
「ザ・バックラッシュ・ブルース」は、アップテンポなブルース・ナンバーだ。エリック・ゲイルのギターが実にブルージーで味わい深い。
「アイ・ウォント・ア・リトル・シュガー・イン・マイ・ボウル」は、ピアノのイントロから始まり、ゆったりとした希望を感じさせる曲である。間奏のサックスが効果的である。
「ザ・ハウス・オブ・ザ・ライジング・サン」は、アニマルズのヴァージョンが有名だが、作者不詳の曲である。ニーナは淡々とリズミカルに歌いこなしている。
「ブルース・フォー・ママ」は、これまたピアノのイントロで始まるブルージーな曲である。ブルース・ハープと、エリック・ゲイルのギター、バーナード・バーディーのドラムがニーナのヴォーカルと絶妙に絡み合っている。「曲のタイトルはニーナのことを言っているのではないのだろうか」という気にさせられてしまう。

毎日冬の寒さが大変だと思いますが、ニーナの「熱いブルース」で暖まってもらえれば、と思います。












評点:90点




シングス・ザ・ブルース+2シングス・ザ・ブルース+2
(2014/10/22)
ニーナ・シモン

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント