俺がブルースだ WILLIE DIXON - ブルース

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

俺がブルースだ WILLIE DIXON

「I AM THE BLUES」WILLIE DIXON



「俺がブルースだ」、なんていうタイトルのアルバムを発売しても誰にも文句を言わせない存在であるウィリー・ディクソン(1915年7月1日~1992年1月29日)のデビュー作にして代表作である1970年のアルバムである。
前回紹介した「アイ・ジャスト・ウォント・メイク・ラブ・トゥ・ユー」も彼の作品である。
他に、「フーチー・クーチー・マン」、「リトル・レッド・ルースター」、「バック・ドア・マン」、「アイ・キャント・クイット・ユー,ベイビー」、「スプーンフル」、「アイ・エイント・スーパースティシャス」等々、“ブルースの名曲”の数々を作り上げてきた「大先生」なのです。彼の曲をカヴァーしたミュージシャンは、ストーンズはもちろん、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡ、リトル・ウォルター、オーティス・ラッシュ、ココ・テイラー、ビッグ・ママ・ソーントン、ドアーズ、レッド・ツェッペリン、クリーム、ジェフ・ベック等々、数え切れません。今作品では自らヴォーカルとベースを担当しており、実に渋い演奏をしております。
ウィリーは、ミュジシャンになる前はヘヴィー級プロボクサーを目指していた経歴も持っています。1992年に心不全で亡くなりました。76歳でした。
“シカゴ・ブルースのゴッド・ファーザー”こと、ウィリー・ディクソンのブルースを堪能して欲しい。








評点:90点



アイ・アム・ザ・ブルース(紙ジャケット仕様)アイ・アム・ザ・ブルース(紙ジャケット仕様)
(2004/09/23)
ウィリー・ディクソン

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。