「NO SECOND PRIZE」Jimmy Barnes - ロック
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「NO SECOND PRIZE」Jimmy Barnes

私は学生時代、オーストラリアに一ヵ月、一人旅をしたことがある。
生まれて初めての海外旅行であり、恐らく飛行機に乗るのも初めてだったと思う。
初めてシドニーに到着したときは、原色の家や車ばかりで、外国映画の中に自分が登場したような気になった。
当たり前だが、自分が「外人」であることに気付き、カルチャーショックというものを覚えた。
オーストラリア人(特にオバチャン)は親切で、ダーウィンに行ったらワニに気をつけろだとか、信号では青では止まらなければならないとか教えてくれた。東洋人の学生はそんなことも知らないと思われていたのだろう。
アデレードでは78歳のお祖父さんと一緒に野山を歩いた。私がホテルまで帰れないのではと心配してくれていたようで、わざわざホテルまで付いて来てくれた。本当に親切な人ばかりだった。
同じくアデレードでは、同じぐらいの年恰好の革ジャンを着た兄ちゃんと知り合った。名前をユーイといい、銃も持っていないから大丈夫だと言って、私をパブや日本食のレストランに連れて行ってくれた。知らない人間に付いて行く私も私だが、何故か信用ができた。なんでもお祖父さんがチャイニーズらしく、東洋人に親近感を持っているようだった。
私がストーンズが好きだというと、「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」のフレーズをおどけて歌ったりした。ユーイが好きだったのが、当時オーストラリアで一番人気だったジミー・バーンズだった。私は全く知らないミュージシャンだった。
翌日、ユーイとアデレードの町を歩いていると、ユーイが町のチンピラに絡まれた。たいした事件にはならなかったが、私は何もすることができなかった。その後ユーイとは別れたのだが、ちょっと気まずい別れとなってしまったのが心残りである。
今日の1曲は、ジミー・バーンズの「ノー・セカンド・プライズ」です。
歌詞↓
http://www.azlyrics.com/lyrics/jimmybarnes/nosecondprize.html

良いお年をお迎え下さい。









Triple Box SetTriple Box Set
()
Jimmy Barnes

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント