RCサクセション・忌野清志郎・タイマーズ

「善良な市民」忌野清志郎&2・3’S

 ←フェイセズの真のスピリットであった Ian McLagan  →「部屋とYシャツと私」平松愛理
はい、「与党・野党・行政・マスゴミ」が一体となって、「彼ら」の指示通りに「不正選挙」を行った結果、予定通りに自公政権の圧勝となったようです。白川氏が「ありえない」と語っていた「自民党300議席」が実現したようです。全てが「チーム・イルミナティ」がチーム一丸となって国民を騙すことに結束した結果です。
百歩譲って自民党の候補者が勝利した選挙区は不正がなかったと認めたとしても、公明党の候補者が勝利した選挙区で不正がなかったとは信じることはできません。その選挙区の住人の大半が創価学会の信者であるのなら理解できるが、通常の選挙区における創価学会信者はごく少数のはずだ。であるにも関わらず、創価学会が後押しをしている公明党の候補者がトップ当選するとは、これこそ「世にも奇妙な物語」であり、「不正選挙」が実施された最大の証拠であるだろう。

今日の1曲は、忌野清志郎&2・3’Sの「善良な市民」です。
忌野清志郎は「でも 善良な市民は 参加させてもらえず また 間違った人を選ぶ」と歌っています。当時の日本はまだ正当な選挙が行われていたようですが、現在の日本は末期的状況としか言いようがありません。








Music from POWER HOUSEMusic from POWER HOUSE
(2006/01/25)
忌野清志郎&2・3\'S

商品詳細を見る




もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【フェイセズの真のスピリットであった Ian McLagan 】へ  【「部屋とYシャツと私」平松愛理 】へ

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは☆

でも今回、大きなミスを彼らは犯しましたね。
自民党単独で3分の2が取れなかった事。
国民の多くが違和感を感じ始めた事。
リベラルの論客が不正選挙を公言しだした事…

でも一番のミスは、
こんな時に政権なんか取る事です…☆


Re: NoTitle


> でも今回、大きなミスを彼らは犯しましたね。
> 自民党単独で3分の2が取れなかった事。

厳密には自公で300議席ですから、自民単独では「予定報道通り」ではない、ということですね。
でも、こういった微妙な相違も「彼ら」の想定内なのではないでしょうか。

> 国民の多くが違和感を感じ始めた事。
> リベラルの論客が不正選挙を公言しだした事…

違和感は当然拡大してますし、今まで不正選挙について語っていなかった人まで語るようになったことは「彼ら」にとってはマズイことでしょうね。

> でも一番のミスは、
> こんな時に政権なんか取る事です…☆

確かに一般国民にとっては最悪の時期でしょうが、元来傀儡政治家たちは、「良い政治を行って、国民に良い評価をもらおう」なんてはなから考えてないでしょうから、別に気にしていないのではないでしょうか。
売国政治家及び売国マスゴミ連中は、あくまでも「彼ら」に命じられた通りに不正選挙を行い、八百長戦争への道を進めようとしているだけなのでしょう。その結果、政党や自身が国民に「NO」を叩きつけられたとしても、全く気にしていないのでしょう。これが、明治以来「彼ら」によって与えられて、売国傀儡走狗連中が行ってきた「任務」なんでしょう。その「任務」が存在していることに気付きだした人々が、少なからず増えてきていると思います。私はそこに希望を見出したいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フェイセズの真のスピリットであった Ian McLagan 】へ
  • 【「部屋とYシャツと私」平松愛理 】へ