フェイセズの真のスピリットであった Ian McLagan - ロッド・スチュワート、フェイセズ、スモール・フェイセズ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

フェイセズの真のスピリットであった Ian McLagan

「スモール・フェイセズ、フェイセズ等で活躍したイアン・マクレーガンが亡くなる」


まずは、こちらをどうぞ↓


昨日ボビー・キーズを追悼したが、スモール・フェイセズ、フェイセズを支えたキーボーディストであるイアン・マクレーガンが12月3日に脳卒中で亡くなったので追悼する。69歳だった。ボビー・キーズがストーンズの名曲「ブラウン・シュガー」には欠かせないサックス奏者であったのと同じく、イアンはフェイセズの名曲「ステイ・ウィズ・ミー」に欠かせないキーボード奏者であった。両曲ともに、コンサートのハイライトとして一番盛り上がる曲であり、いまや、「ロック・ミュージックのレジェンド」となる曲であることは間違いないだろう。イアンのキーボードはロン・ウッドのギターと正面からはりあっていた。「ロックが時代とまさに真剣勝負していた」真っ只中の曲であった。

ロッド・スチュワートとロン・ウッドが追悼のコメントを残している。
http://www.barks.jp/news/?id=1000110395

ロッドもイアンが「フェイセズの真のスピリットであった」と認めているようだ。
残念だが、フェイセズの再結成はこれで不可能になったようである。

最後に、イアンが映っているスモール・フェイセズ時代の動画と、最近のソロ活動での動画を紹介する。正直言って、ソロ活動のイアンの曲はほとんど聞いていなかったのだが、ヴォーカルも含めてなかなかのものである。ご冥福をお祈りいたします。







<参考記事>
ここにいるあいだは思いっきり楽しむぜ FACES
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-76.html#end

永遠のモッズ・バンド SMALL FACES
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-77.html







Stay With Me: the Faces AnthologyStay With Me: the Faces Anthology
(2012/10/08)
Faces

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。