忘れられない夢がある OTIS REDDING - オーティス・レディング
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

忘れられない夢がある OTIS REDDING

「The Immortal」OTIS REDDING


邦題「不滅のオーティス・レディング」、まさにその名に相応しい名盤である。
オーティスの亡くなった翌年の1968年に発売されました。
オーティスは1967年12月10日、自家用飛行機の墜落事故で亡くなりました。
はい、本日はオーティスの命日です。まだ26歳だった・・・。
今作品のほとんどの曲が、オーティスが亡くなる4日前にレコーディングされていたそうです。あまりに哀しすぎます・・・。

私は以前、オーティスが在籍していたスタックスレコードの跡地を訪れたことがある。メンフィスの郊外にあるのだが、現在は展示館となっており、オーティスやサム&デイヴ等のスタックス関連のミュージシャンに関するものが展示されている。私はレンタカーで来館したのだが、到着したとたんに車が動かなくなってしまい、駐車場に入れることもできずレンタカー会社に連絡した後、仕方なく路上駐車したまま展示館を見学した。見学している途中で連絡していたレンタカー会社の人間が代車を届けにやって来た。この事件の前に、このレンタカーはミシシッピーのど田舎の道でも止まってしまい、警察がやって来るなどして本当に散々な目に遭った。レンタカーを返却したときに係員が「エンジョ~イ?(楽しかった?)」と聞きやがったので、流石に温厚な(?)私も怒りが爆発して怒鳴りつけてやった(苦笑)。
ところで、スタックスの展示館にはオーティス専用の部屋があって、オーティスが家族と一緒に写っている写真等が展示されていた。亡くなる直前にオーティスが家族に書いた手紙も展示されており、胸に来るものがあった。

アルバムについて触れていなかったが(笑)、一曲目の「アイヴ・ガット・ドリームス・トゥ・リメンバー」からラストの「エーメン」まで、涙なしでは語れません。「アイヴ・ガット・ドリームス・トゥ・リメンバー」は奥さんのゼルマ・レディングとの共作だが、オーティスのことを「忘れられない夢」と感じているのはゼルマだけではなくて、世界中のソウル・ミュージックを愛する人々の共通の思いであることは、もはや疑いようがありません。私にとっても、レンタカー事件が「忘れられない事件」であると同時に、オーティスのことは「忘れられない夢」であり続けています。これからも、いつまでも。












評点:100点




イモータル・オーティス・レディングイモータル・オーティス・レディング
(2012/11/07)
オーティス・レディング

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント