えらそうな顔してるくせに 権力に弱すぎるじゃねえか - RCサクセション・忌野清志郎・タイマーズ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

えらそうな顔してるくせに 権力に弱すぎるじゃねえか

「悲しいことばっかり」RCサクセション


1972、73年のライブ音源で、2013年の発売なので、RCサクセションの最古にして最新のアルバムである。このアルバムで初めてその存在を知った曲の中で、特に気になった曲を紹介する。
「黄色いお月様」は、清志郎の本当の母親のことを歌っているようだ。清志郎がチャボに書いた手紙の中で「(この曲を)歌う時は勇気がいってしんぞうがドキドキしっぱなしだった」と書いているとのことだ。ジョン・レノンの「マザー」を思わせる“清志郎の心の葛藤”が伝わってくる。
「マイホーム」は、清志郎の魅力の一つである“権力に立ち向かう姿勢”が感じられる曲である。
「あそび」は、初期の清志郎ならではの“毒舌ぶり”を発揮した曲である。演奏の前に「この曲を入れるとアルバムが放送禁止になると言われたので、“彼”には蔵に入ってもらった」と語る清志郎の語りには笑わされる。
録音状態が悪いため、RCのファン以外にはあまりお薦めできる内容ではないが、RC及び清志郎ファンにとっては、「清志郎の原点」が感じられる“たまらない”作品である。








評点:70点


悲しいことばっかり(オフィシャル・ブートレグ)悲しいことばっかり(オフィシャル・ブートレグ)
(2013/05/03)
RCサクセション

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント