「ソウルマン」の魂は決して消えない SAM & DAVE - サム&デイヴ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「ソウルマン」の魂は決して消えない SAM & DAVE

「I THANK YOU」SAM & DAVE


サム&デイヴの1968年の全盛期のラスト・アルバムである。
「私はみんなが席から立ち上がって欲しいんだ」という歌詞から始まる、アルバムタイトルナンバーでもある「アイ・サンキュー」で幕を開ける。まるでライヴ・アルバムのようだ。
次に「エヴリバディ・ガット・トゥ・ビリーヴ・イン・サムバディ」と、これまたノリノリのソウルナンバーが続く。
そして、オーティスの世紀の名曲「ディーズ・アームス・オブ・マイン」をしんみりと聞かせる。本家オーティスのヴァージョンと比べると淡々とした印象がするが、それはそれで味わい深い。本作発表前年、オーティスは飛行機事故により他界している。同じスタックスの看板スターだったオーティスと彼らは、当然親交があったはずだ。本作で彼らがオーティスの曲をカヴァーしたことはとても感慨深い。
「イフ・アイ・ディドゥント・ハヴ・ア・ガール・ライク・ユー」も、実に泣かせるソウル・バラードである。
とりたてて派手な曲はないのだが、「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ユー・ミーン・トゥ・ミー」「トーク・トゥ・ザ・マン」「エイント・ダット・ア・ロット・オブ・ラヴ」等、実に軽快でソウルフルなナンバーが満載である。バックを務めるスティーヴ・クロッパー等のスタックス・メンバーの演奏も冴えわたっている。
とにかく「ソウルマン」としての彼らの掛け合いヴォーカルは凄まじい。なんらかの事情があったのだろうが、本作が実質、彼らのラスト・アルバムになってしまったのは残念である。
1971年に二人は袂を分かち、デイヴ・プレイターは1988年に亡くなる。サム・ムーアは現在も活躍中である。









最後に、サム・ムーアと清志郎の貴重なジョイント・ライヴの動画を紹介する。
「ソウルマン」の魂は決して消えない。少なくとも、私の心の中では生き続けている。





評点:70点





アイ・サンキューアイ・サンキュー
(2012/11/07)
サム&デイヴ

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント