戦争

日本の歴史上重要な日英同盟を調印したのはフリーメーソンだったのです

 ←「ヘレカンホー」「レスライ」「ポンレプンカムィ」「カピウ・ウポポ」マレウレウ →「They don't know 」Tracey Ullman
「日露戦争からロシア革命の真相、それらの裏舞台に“貢献”したフリーメーソン・工作員の正体を暴く」


セオドア・ルーズベルトは、日露戦争の当初に、「アメリカは日本の勝利を望んでいる。日本はわれわれのゲームを戦っているのだ」と言ったそうである。
この言葉は「日露戦争が「彼ら」によって操られた八百長戦争であった」という真相を明らかにしている。
もう少し、日露“八百長”戦争の真相を解明していこうと思う。
それにはまず、日英同盟に触れなければならない。



日英同盟(ウィキより抜粋)
日英同盟(にちえいどうめい、Anglo-Japanese Alliance)は、日本とイギリス(グレートブリテン及びアイルランド連合王国)との間の軍事同盟。1902年1月30日調印発効、1923年8月17日失効。
第一次日英同盟は、1902(明治35)年1月30日に調印され即時に発効した。その後、第二次(1905年)、第三次(1911年)と継続更新され、1923年8月17日に失効した。第一次世界大戦までの間、日本の外交政策の基盤となった。
日英同盟は、イギリスのロンドンのランズダウン侯爵邸(現The Lansdowne Club 地図)において、林董駐英公使とイギリスのランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス外相により調印された[1]。
イギリスは義和団の乱以来満州から撤兵しないロシアを牽制したいと考えていたが、イギリス単独ではイギリスの中国における利権の維持にあたるには限界があった。そこで、それまでの「栄光ある孤立」政策を捨て[2]、まずドイツとの交渉を試みるも、ドイツはロシアと手を結んだため失敗し、その後義和団の乱で活躍した日本に接近した。日本では、伊藤博文や井上馨らがロシアとの妥協の道を探っていたが、山縣有朋や桂太郎や西郷従道や松方正義や加藤高明らはロシアとの対立はいずれ避けられないと判断してイギリスとの同盟論を唱えた。結果、日露協商交渉は失敗し、外相小村寿太郎の交渉により日英同盟が締結された。調印時の日本側代表は林董特命全権公使、イギリス側代表はペティ=フィッツモーリス外務大臣であった。
第一次日英同盟の内容は、締結国が他国(1国)の侵略的行動(対象地域は中国・朝鮮)に対応して交戦に至った場合は、同盟国は中立を守ることで、それ以上の他国の参戦を防止すること、さらに2国以上との交戦となった場合には同盟国は締結国を助けて参戦することを義務づけたものである。また、秘密交渉では、日本は単独で対露戦争に臨む方針が伝えられ、イギリスは好意的中立を約束した。条約締結から2年後の1904年には日露戦争が勃発した。イギリスは表面的には中立を装いつつ、諜報活動やロシア海軍へのサボタージュ等で日本を大いに助けた。
日本にとって、当時、世界一の超大国であったロシア帝国の脅威は国家存亡の問題であった。それは、日本側は日清戦争勝利による中国大陸への影響力の増加、ロシア帝国側は外交政策による三国干渉後の旅順・大連租借権・満州鉄道利権の獲得により顕著になった。両国の世論も開戦の機運を高めていった。
しかし、日本の勝算は非常に低く、資金調達に苦労していた。日英同盟はこの状況に少なからず日本にとって良い影響を与えた。
当時のロシア帝国は対ドイツ政策としてフランス共和国と同盟関係(露仏同盟)になっていた。日露開戦となると、当然軍事同盟である露仏同盟が発動し、日本は対露・対仏戦となってしまう危険性を孕んでいた。以上の状況に牽制として結ばれた日英同盟は、1対1の戦争の場合は中立を、1対複数の場合に参戦を義務づけるという特殊な条約であった(これは戦況の拡大を抑止する効果だと思われる)。結果、日英同盟は露仏同盟にとって強力な抑止力となった。上記の条約内容からフランスは対日戦に踏み込むことができなくなったばかりか、軍事・非軍事を問わず対露協力ができなくなった。
当時、世界の重要な拠点はイギリス・フランスの植民地になっており、主要港も同様であった。日本海海戦により壊滅したバルチック艦隊は極東への回航に際して港に入ることができず、スエズ運河等の主要航路も制限を受けた。また、イギリスの諜報により逐一本国へ情報を流されていた。
日本にとって日英同盟は、軍事資金調達の後ろ盾・フランス参戦の回避・軍事的なイギリスからの援助・対露妨害の強化といった側面を持つことになった




簡単に言うと、当時ロシアはフランスと同盟関係にあったため、日露戦争となると日本はフランスとも戦わなければならなくなるところだった。そこで日英同盟が結ばれることによってフランスが参戦できなくなることになり、イギリスは日露戦争を後方から推し進めることになったのである。ちなみに、この日英同盟の関係から1906年に明治天皇はガーター勲章を授けられている。その後、歴代天皇は全てガーター勲章を授けられている。
天皇はエリザベスの臣下に過ぎないのだ。
次に、日英同盟を調印した林 董を見てみる。



林 董(ウィキより)
林 董(はやし ただす、1850年4月11日(嘉永3年2月29日) - 1913年(大正2年)7月20日)は幕末の幕臣。明治期の日本の外交官、政治家。伯爵。初代陸軍軍医総監・男爵の松本良順は実兄。
下総国佐倉藩(のち千葉県佐倉市)の蘭医佐藤泰然の五男として生まれ、後に幕府御典医林洞海の養子となる。養母・つるは泰然の長女・董の実姉である。
ヘボン塾(のちの明治学院大学)で学んだ後、幕府の留学生としてイギリスへ行った後、榎本武揚率いる脱走艦隊に身を投じ、箱館戦争時には佐藤東三郎と名乗った。敗戦後、香川・兵庫の県知事、ロシア・イギリスの駐在公使、外務大臣、逓信大臣などを務めた。
董の孫・忠雄は三菱財閥の4代目総帥・岩崎小弥太の養嗣子となった。忠雄の妻・淑子は旭硝子の創業者・岩崎俊弥の次女として生まれ、伯父・小弥太の養女となった。忠雄が小弥太の婿養子となったことにより、林家は三菱の創業者一族・岩崎家と姻戚関係となる。また、董の娘・菊は福澤諭吉の次男・捨次郎に嫁ぐ。
1902年(明治35年)1月30日に、在英日本公使としてロンドンで日英同盟を調印した。このときの英国代表は外務大臣の第5代ランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスであった。1903年5月、イギリスのエンパイア・ロッジにてフリーメイソンに入会[1]
日露戦争後の1905年(明治38年)12月2日、ロンドンの在英日本公使館が昇格して大使館となった。林董は初代駐英大使に任命され、日本の外交官としては初めての大使となった。


はい、フリーメーソンでした(笑)。それにしてもウィキは正直ですね(笑)。
日本の歴史上重要な日英同盟を調印したのはフリーメーソンだったのです。
これでも皆さんは、「陰謀など存在しない」と言い切りますか?

次に、日本政府は戦費の調達をどうやったのかを述べます。
これはズバリ、ロスチャイルドの米代理人であるジェイコブ・シフが用立ててくれました。
「日露戦争で「日本が勝利した」理由は、ロスチャイルドの代理人であるジェイコブ・シフが高橋是清に戦費を融資してくれたことである」というのは有名な話です。

「ロスチャイルドは日本人のことを思って融資してくれたのでしょうか?」

そんな訳はありません。

「当時、ロシア政府にポグロムという弾圧を受けていた同胞であるユダヤ人を助けるためだったのでしょうか?」

これも間違いです。

ロスチャイルド(=「彼ら」)の本当の目的は、ロシアを日露戦争勃発によって弱体化し、その後にロシア革命を起こさせることにありました。
「彼ら」の行動計画である共産主義国家を成立させるために・・・
日露戦争の真相は、「彼ら」の目的を遂行する手段として、日本を傭兵として利用するために日本に戦費を“融資”し、日本を勝利に導いたということなのです。

日露戦争に勝利した日本はその後どうなったのでしょう。
勝利したはずの日本は、得たものといえば南満洲鉄道を獲得するなど満洲における権益と南樺太を得ることとなったぐらいで、8万を越える戦死者を出し、何ら賠償金を得ることもできなかったため、日比谷焼打事件をはじめとして各地で暴動が起こったのです。
さらには、ジェイコブ・シフのクーン・ローブに対して金利を払い続けることとなったのです。
その屈辱のポーツマス条約を仕切ったのがセオドア・ルーズベルトなのです。
セオドア・ルーズベルトが、「日本はわれわれのゲームを戦っているのだ」と言った理由がよく理解できるでしょう。
日本は「彼ら」の「ゲームの駒」として、踊らされていたのに過ぎなかったのです。
そして、そのゲームの仕上げとしてロシア革命の成功に“貢献”した日本人スパイがいました。その名は明石 元二郎といいます。



明石 元二郎(ウィキより抜粋)
明石 元二郎(あかし もとじろう、元治元年8月1日(1864年9月1日) - 大正8年(1919年)10月26日)は明治・大正期の陸軍軍人。陸軍大将正三位勲一等功三級男爵。第7代台湾総督。福岡藩出身。
ドイツ留学、仏印出張、米西戦争のマニラ観戦武官を経て、明治34年(1901年)にフランス公使館付陸軍武官となる。明治35年(1902年)にロシア帝国公使館付陸軍武官に転任する。首都サンクトペテルブルクのロシア公使館に着任後、日英同盟に基づいた情報協力により、イギリス秘密情報部のスパイであるシドニー・ライリーと知り合い、友人となった
明石の依頼により、ライリーは明治36年(1903年)から建築用木材の貿易商に偽装して戦略的要衝である旅順に移住し材木会社を開業、ロシア軍司令部の信頼を得て、ロシア軍の動向に関する情報や、旅順要塞の図面などをイギリスおよび日本にもたらしている。
日露戦争が開戦すると中立国スウェーデンに移り、以後この地を本拠として活動する。明石(当時の階級は大佐)は日露戦争中に、当時の国家予算は2億3,000万円程であった中、山縣有朋の英断により参謀本部から当時の金額で100万円(今の価値では400億円以上)を工作資金として支給されロシア革命支援工作を画策した。この点について2013年に西部邁(評論家)は次のように述べた。「日露戦争のときには、日本にも明石元二郎という立派なスパイがいました。彼が使った工作資金はいまの標準でいうと数百億円ですってね。一兆円という話も聞いたことがある。それで第一次ロシア革命を煽り立てるわけです。これにはさすがのツアーも参ってしまった。」[1]
主にヨーロッパ全土の反帝政組織にばら撒き日本陸軍最大の謀略戦を行った。後に、明石の手になる『落花流水』を通して巷間伝えられるようになった具体的な工作活動としては、情報の収集やストライキ、サボタージュ、武力蜂起などであり、明石の工作が進むにつれてロシア国内が不穏となり、厭戦気分が増大したとされていた。
明石の著した『落花流水』や司馬遼太郎が執筆した小説『坂の上の雲』においては、次のような粗筋がベースになっており、明石の工作は成功したものとして描かれ、著名な外国人(日本人から見て)が登場している。
明治37年(1904年)、明石はジュネーヴにあったレーニン自宅で会談し、レーニンが率いる社会主義運動に日本政府が資金援助することを申し出た。レーニンは、当初これは祖国を裏切る行為であると言って拒否したが、明石は「タタール人の君がタタールを支配しているロシア人の大首長であるロマノフを倒すのに日本の力を借りたからといって何が裏切りなのだ」といって説き伏せ、レーニンをロシアに送り込むことに成功した。その他にも内務大臣プレーヴェの暗殺、血の日曜日事件、戦艦ポチョムキンの叛乱等に関与した。これらの明石の工作が、後のロシア革命の成功へと繋がっていく。後にレーニンは次のように語っている。「日本の明石大佐には本当に感謝している。感謝状を出したいほどである。」と。
明治43年(1910年)7月、寺内正毅韓国統監の下で憲兵司令官と警務総長を兼務し、韓国併合の過程で武断政治を推し進めた。
その後、大正4年(1915年)10月に第6師団長を経て、同7年(1918年)7月に第7代台湾総督に就任、陸軍大将に進級する。総督在任中は台湾電力を設立し水力発電事業を推進したほか、鉄道貨物輸送の停滞を消解するため新たに海岸線を敷設したり、日本人と台湾人が均等に教育を受けられるよう法を改正して台湾人にも帝国大学進学への道を開いたり[9]、今日でも台湾最大の銀行である華南銀行を設立したりしている。
関ヶ原の戦い(1600年)や、大坂の陣(1614-1615年)で戦ったキリシタン武将、明石全登の末裔と言われている。



「彼ら」の工作員と思われる○馬遼太郎も、けっこう真実を語っていたようです。
それにしても、「当時の金額で100万円(今の価値では400億円以上)を工作資金として支給されロシア革命支援工作を画策した。」とはすごすぎる。
明石にこれだけの大金を支給した山縣 有朋とは一体何者なのでしょうか?



山縣 有朋(ウィキより抜粋)
山縣 有朋[1](やまがた ありとも、天保9年閏4月22日(1838年6月14日) - 大正11年(1922年)2月1日)は、日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、政治家。階級は元帥陸軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功一級。爵位は公爵。
内務大臣(初・第2・第3代)、内閣総理大臣(第3・9代)、元老、司法大臣(第7代)、枢密院議長(第5・9・11代)、陸軍第一軍司令官、貴族院議員、陸軍参謀総長(第5代)などを歴任した。
自身が得た最高位の階級は陸軍大将だが、元帥府に列せられ元帥の称号を得ており、元帥陸軍大将と呼称された。各国でも大英帝国のメリット勲章等勲章を多数受章している
天保9年(1838年)、萩城下近郊の阿武郡川島村(現在の山口県萩市川島)に、長州藩の中間・山縣有稔(ありとし)の長男として生まれる。足軽以下の中間身分ながら将来は槍術で身を立てようとして少年時代から槍の稽古に励んでいた。このころ友人・杉山松助らに松下村塾への入塾をすすめられるも、「吾は文学の士ならず」として辞退したともいわれる[5]。
安政5年(1858年)7月、長州藩が京都へ諜報活動要員として派遣した6人のうちの一人として、杉山松助・伊藤俊輔らとともに上京し、尊皇攘夷派の大物であった久坂玄瑞・梁川星巌・梅田雲浜らに感化を受け9月に帰藩後に久坂の紹介で吉田松陰の松下村塾に入塾したとされる
文久3年(1863年)、高杉晋作の奇兵隊創設とともにこれに参加し、武芸や兵法の素養を活かして頭角を現す。高杉は身分にとらわれずに有能な人材を登用したため、低い身分であった伊藤や山縣などが世に出るきっかけを与えた。松下村塾と奇兵隊の存在により、幕末の長州藩からは伊藤や山縣のように、足軽以下の平民と大差ない身分の志士が多く出ている[6]。
慶応元年(1866年)に四代目総管に就任し、長州征討で高杉と共に活躍、戊辰戦争では北陸道鎮撫総督・会津征討総督の参謀となった
明治2年(1869年)に渡欧し、各国の軍事制度を視察する。翌年アメリカ経由で帰国。その後は大村益次郎の実質的な後継者として西郷隆盛の協力を得ることで軍制改革を断行、徴兵制を取り入れた(徴兵令)。
明治10年(1877年)に勃発した西南戦争では参軍として官軍の事実上の総指揮を執ったため、さながら薩摩閥と長州閥の直接対決の様相を呈した。錬度や士気で優る薩軍に対し、装備と物量・兵力で対抗して鎮圧した。9月に最後の城山の戦いでは、西郷へ自決を勧める書状を送った[7]。

明治21年(1888年)12月2日よりヨーロッパ各地へ視察旅行に出る




足軽以下の身分でありながら、伊藤博文と共にこれだけ“出世”できたのは、「彼ら」の援助が相当あったことは疑いようがないでしょう。しっかりと、「大英帝国のメリット勲章等勲章を多数受章している」ようだし、「ヨーロッパ各地へ視察旅行に行っている」ようである。悪名高き会津征討総督の参謀でもあり、西郷隆盛を自決に追いやった西南戦争の総指揮をとっていたようだから、相当「彼ら」に気に入られていたのでしょう。明石 元二郎に資金を渡したのは、実際は「彼ら」であったのは間違いないでしょう。当時の国家予算は2億3,000万円程であったのに、400億円もの大金を当時の日本が出せるはずもないし、日本がそこまでしてロシア革命を起こさせる動機も存在しないだろう。「彼ら」が「彼ら」の“ゲームの駒”である山縣 有朋や明石 元二郎を利用したという訳ですナ。

2014年の現在、「彼ら」は新たな“ゲームの駒”を利用して、新たな“八百長”戦争をひき起こそうとしています。「彼ら」の陰謀に嵌められないためにも「正しい歴史の勉強」が必要なのである。





もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png お前が言うな!
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【「ヘレカンホー」「レスライ」「ポンレプンカムィ」「カピウ・ウポポ」マレウレウ】へ  【「They don't know 」Tracey Ullman 】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「ヘレカンホー」「レスライ」「ポンレプンカムィ」「カピウ・ウポポ」マレウレウ】へ
  • 【「They don't know 」Tracey Ullman 】へ