【拡散】行政と企業が一主婦の人権を奪おうとしています - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

【拡散】行政と企業が一主婦の人権を奪おうとしています

「世界人権宣言の施行日に特定秘密保護法が施行されようとしているのは偶然ではない」


12月10日に特定秘密保護法が施行されようとしている。12月10日は世界人権宣言の施行日である。以前記事にしたが、フランス人権宣言に「彼ら」の象徴である「ホルスの目」が描かれていることでも分るように、これは明らかな「イルミナティ記念日」である。
この日が重複するのは決して偶然ではない。

宮崎県の一主婦が企業による有害物の不法投棄によって健康被害を被り、そのことをブログやツイッターに書いたら、逆に企業に賠償請求されたそうだ。こういった酷すぎる現状に行政は無視を決め込んでいるらしい。いつものように、新聞、テレビのマスゴミも報道していないようだ・・・。全てがグルなのです!
こういった信じがたい現実の問題を見聞きするにつけ、この「世界人権宣言」なるものが国民の人権を守るものではなく、「彼ら」のみの人権(レプティリアン権?)を守るために存在しているものであり、我々一般国民を「支配」するための行動指針であることは間違いないだろう。
「拡散希望」とのことなので、ブロガーさん始め、一人でも多くの方が周囲の人に伝えていただくようお願いしたい。一人ひとりの声が大きくなっていくことで、「彼ら」も好き勝手には出来なくなるはずである。



http://ameblo.jp/eigo-garage/entry-11948841218.html
【拡散】 みんなを代表して受難する主婦。
2014-11-06 12:41:09
住友財閥系の企業が、行政・警察を味方につけて、ひとりの主婦をいじめてる。

国外にいるあいだに情報をいただいたけれど、やっと見る時間ができた。
本当にひどい話だ。
遅ればせながら拡散に一役買いたいと思います。

宮崎県に在住の黒木睦子さんは、(株)日向製錬所と、廃棄物の運搬を請け負っている(有)サンアイの2企業から訴えられた。

裁判は今月14日。
ツイッター上ではかなり話題になってて、裁判にむけて黒木さんのフォロワーを増やそうという動きが起きてる。
ひと月前は2000人そこそこだったフォロワー数が、現時点で7500人超だ。

ツイッターをやっていて、まだ黒木さんをフォローしていない方は、ぜひしてあげてください。
https://twitter.com/mutsukuroki
クリックひとつでできる。
数が増えるほど、大企業と行政は、みんながどれだけ彼らの所業・挙動を見ているかを知ることになる。

どんな問題なのか、簡単にいうと。

産業廃棄物が不当に捨てられてて、すぐ近くにお住まいの黒木さんとご家族は、咳がでるなど体調を崩した。
投棄をやめてもらうようにお願いしたけれど無視。
警察もうやむやにするまま時間が経つ。
有害性のデータを用意しても無視。


今年に入って、黒木さんはツイッターやブログを始めて、このことを書いていた。
すると訴えられた。
訴状には、「お金を払え」「ツイッターとブログを削除しろ」って書いてあるらしい。


こちらに、2つの記事がある。
http://saigaijyouhou.com/?q=%E9%BB%92%E6%9C%A8%E3%80%80&charset=utf-8
http://blog.kita-o.com/p/sns.html?m=1
廃棄物の有害性データも含めて、これまでの経緯をよくまとめてある。
ざっと見てみてください。酷さが分かるよ。
実際には、ここで読み取れるよりも、ずっとずっと酷いし暗い、ってことも容易に察しがつく。

裁判まであと数日。
黒木さんはどんな心情でいるだろう。
僕はイギリスで刑事裁判を経験してるけれど、開廷が近づくほど胃が気持ち悪くなったよ。
自分が悪いことをしてないことが、絶対不動のものでもだ。

しかも、日本の司法の腐りようはイギリスと比べられるもんじゃない。
財閥系の企業が、あちらから裁判を起こしてるんだ。
行政も警察もつながってるなら、裁判所もつながってると思っていいだろう。
それ以外もつながってるかも知れない。
だいたい鉱山・精錬の企業だって時点で、歴史的な訴訟問題に熟練してるだろう。

ただ、ネットの時代はむかしとはちがう。
歴史的な鉱山訴訟は、被害をうけた住民が企業を訴えてるだろう。

でも、ここでは企業が、住民ひとり・主婦ひとりを訴えてる。
ネットのおかげで、とんでもない速さと規模で情報が広がるからだね。

訴状をみても判るとおり、原告側は、世間の認知が増えることを怖れてる。
悪いことしてるなら、それも違法行為をしてるなら、恐れて当然だわな。

この件がもっと拡散されること、黒木さんのフォロワー数が増えることを願ってます。
あと、黒木さんに、裁判、その後の生活どちらにも良い結果がもたらされますように祈ってます。



http://blogjima.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
始まりはユンボでした

宮崎県日向市西川内地区に、(株)日向製錬所のフェロニッケルスラグという産業廃棄物が山に捨てられています。

日向製錬所 :「国も認めた安全なものだ。責任は取りません。

国 :「安全性は認めていない。山に捨ててるのはただのスラグだ。」

日向市役所 :「日向製錬所が安全というから安全。県が産廃でないといってるから産廃でない。」

宮崎県 :「有害であると考えている、私たちも。でも産廃でない。」

宮崎県警 :「困っているのは重々分かっている、でも、県が産廃と認めない限り私たちは動くことができない。」

(有)サンアイ :「日向製錬所が安全といってるので安全。運搬工事をした。責任は取りません。」

なぜ、この事に気付いたかといいますと、主人の実家近くに家を建てようと土地の造成計画していたところ、 予定地の、前の山に置いてあるユンボが日に日に上に上がっていくのでした。
「ダンプも何十台と入って行くし何だろう?」 
ということで調べると、近くの製錬所の鉱砕を廃棄しているとの事でした。

風の強い日には、ゴミが舞って咳込みます。 夏の暑い日は、吐き気が上がるような臭いがします。

責任の取れないような工事は止めてもらいたいです


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント