エボラは嘘であり、赤十字に注射をされた者だけが病気になっている - ワクチン・AIDS・エボラ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

エボラは嘘であり、赤十字に注射をされた者だけが病気になっている

「自ら開発したエボラウィルスの恐怖を煽り、ワクチンにICチップを埋め込む悪魔の計画」



当ブログを以前から見ていただいている方なら、こんな記事を書かなくても既にご理解いただいていると思いますが、一応書いておきます。
ここのところ「彼ら」の手先であるマスゴミがやたらと恐怖を煽っているエボラウィルスですが、これも当然「彼ら」が作り出したものであり、エイズウィルスと同様に存在さえしていない可能性も十分あるようです。エボラが芝居である証拠に、防護服で感染対策をしている人と共に、普段着で行動している“監督”なる人物の動画も出回っています
スペイン風邪の真実の記事でも書いたように、「彼ら」の目的は、ワクチンによる国際製薬会社の金儲けと人口削減にあります。
さらに付け足すと、ワクチンにICチップを忍ばせる計画があるそうです。決して政府・マスゴミの口車に乗って、ワクチンをしてはいけません。周囲の友人・知人に教えてあげて下さい。「信じる者は殺される!」のです。
そして、ロシアのメドヴェージェフ首相がオバマのことを「何か脳に異常があるんじゃないのか」と、語ったそうです。
メドヴェージェフは正しいことを言っています。
恐らく、オバマは既にマイクロチップが埋め込まれているのでしょう。




(オルタナティブ通信)さん
http://alternativereport1.seesaa.net/article/407194873.html
2014年10月16日
なぜアフリカで、エボラ出血熱の感染が拡大しているのか

 イスラエルのテルアビブから南東20キロ程の場所に、「イスラエル生物学研究所」という国家機関がある。

ここでは、コレラ、ペスト、天然痘、エボラ出血熱等の生物兵器が「開発」されている。


「開発」された生物兵器は、アフリカ等で、その殺傷能力の「実験」が人間の居住地帯にウィルスを散布する形で行われる。



(天下泰平)さん
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51900451.html
2014年10月21日01:08
エボラは嘘であり、赤十字に注射をされた者だけが病気になっている

エボラは嘘であり、赤十字に注射をされた者だけが病気になっている
2014年10月16日(From Ghana: Ebola is not real and the only people who have gotten sick are those who got shots from the red cross16 October 2014
ナナ・クワミ記:
西側の世界はここ西アフリカで起きていることを知る必要があります。彼らは嘘つきです!!!エボラウイルスは存在せず、流行もしていません。赤十字は4つの特定の国に特定の理由で病気を持ちこみ、処置を受けている者は契約を交わした者で、赤十字による注射を受けた者だけなのです。これがリベリア人とナイジェリア人が赤十字を国から追い出し、ニュースに報道をした理由です。

理由:
ほとんどの人達はいつもアフリカに来る西側世界の人達の心の中にある事が明らかな人口減少という言葉に飛びつきます。しかし、毎日数千人の誕生が見られる時に160人の人を殺したからといってアフリカの人口が決して減少するわけはありません。

理由1:意図的に広げられたエボラと呼ばれる病気のこのワクチンは西アフリカのナイジェリア、リベリア、及びシエラ・レオネの土地に軍隊を送り込むために導入されました。アメリカはボコハラムのような馬鹿な事でナイジェリアに侵入しようとしましたが、ナイジェリアが真実を語り始めたときに、目論みが露呈しました。少女の誘拐などは無かったのです。そこで軍隊をナイジェリアに送り込んで彼らが発見した新しいオイル資源を手に入れるための新しい理由が必要になりました。

理由2:シエラ・レオネは世界最大のダイアモンドの供給国です。過去4ヶ月の間、人々は恐るべき作業条件と奴隷のような賃金に反対してダイアモンドの供給を拒否し、ストライキを行っています。人々を永久に安い奴隷労働の源として確保し、穀物袋と外国からの援助に頼らせるために、西側はこの資源に対して正当な賃金を支払っていません。シエラ・レオネの土地に軍隊を送り込む必要があるもう一つの理由は、ダイアモンド鉱山のストライキを終わらせる事です。このようなことが起きたのは初めてではありません鉱夫が作業を拒否すると軍隊が送り込まれ、鉱夫全員を殺害して代わりの者を送り込んだとしても、唯一の目的はダイアモンドを国の外に送り出す事だけなのです

もちろん、これらの国々に別々の理由で侵入するためのいくつかの作戦はうさんくさいものです。しかし、エボラのような理由なら全地域に同時に侵入出来ます。

理由3:ナイジェリアのオイルの窃取に加えて、シエラ・レオネの鉱山を元の状態に戻すために、エボラのような死の毒が入ったワクチン注射を、あえて受けようとするほどおろかではないアフリカ人に強制しようとして軍隊が送り込まれるのです。

エボラはワクチン注射のみによって広げられるので、 3000人の軍隊がこの毒を広げ続けるために送り込まれつつありますリベリアで行われたように、米国人が嘘をつき、操っているとのより多くのニュース記事が報道されるようになると、より多くのアフリカ人は注射のために赤十字には行かなくなります。軍隊は人々にワクチン注射を強制し、エボラが流行しているという見せかけを作り出すでしょう。それに加えて、彼らは国から正当に赤十字を追放しようとしているリベリア人とナイジェリア人から赤十字を保護します

理由4:最後ではありますが、小さくは無い理由は、このエボラのパンデミックの見せかけは正にパンデミックである”エボラワクチン”を非常に多くの人達に受けないといけないと脅すのに利用することです。既に彼らは如何にエボラが米国に持ち込まれたのかという物語を作り出し、ダラスでは、如何に白人の医師が治癒し、黒人の 患者の処置が許されないかを示そうとしています。

黒人に対しては完治をさせないようにされ、今黒人にワクチンを受けさせようとしています。人々はワクチン注射を受けようとして列を作りますが、やがて深刻な問題に直面するでしょう。今年ワクチンについて知らされた事は私たちがレッスンとして学んだことだと、あなた方は考える事でしょう。

自分に問うてみて下さい。:もしもエボラがワクチンによる制御された伝染ではなく、人から人に伝染するとしたら、CDC(米 国疾病予防センター)や米政府は、なぜこれらの国々への出入りのフライトを何らの制限無く許しているのでしょうか?彼らは西アフリカに住んでいる人達の真の感情を重んじることがないので、私たちは考え、真の情報を世界に伝える事にしたのです。彼らは自分の利益のためだけに嘘をつき、私たちの現実を伝えるの を助けるのに十分大きい声がまだ上がっていません数十万の人達がこれによって殺され、麻痺し、障害を受け、更に新しいワクチンが世界中で注射されて初めて気が付くのでは遅いのです。この情報で皆さんはどうするおつもりでしょうか?



(日本や世界や宇宙の動向)さん
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51941555.html
2014年10月19日13:07
アメリカでICチップが混入したエボラワクチンを接種させようとしているそうです。

ある情報によると、カナダでエボラ・ワクチンが開発され実験段階に移ったそうです。いよいよ忌まわしいエボラ・ワクチンが人々に接種されようとしているのでしょうか。アメリカではナノサイズのICチップを混入させたエボラ・ワクチンを人々に接種させようとしているそうです。
なんだかとても恐ろしいことが起きようとしています。本当に世界中がおかしな方向に向かっていることが分かります。日本にも1人でもエボラ感染者が確認されたら。。。日本人もエボラ・ワクチンが義務付けられてしまうかもしれません。そのようなことがないように政府にワクチンの危険性を訴え続けなければならないと思います

http://beforeitsnews.com/prophecy/2014/10/cdc-whistleblower-exposes-ebola-vaccinations-containing-rfid-chips-2464846.html
(概要)
10月17日付け:
CDC米疾病対策予防センターの内部告発者が米政府が行おうとしている極悪非道な計画を暴露しました。
米政府は、迫りくるエボラ・パンデミックを利用してアメリカの人々にエボラ・ワクチンの接種を強要し、ICチップ(無線ICタグカード)をインプラントしようとしています。
CDCの内部告発者、ブレント・ホプキンスさん(CDCの元請負職員)によると、マイクロ無線ICタグを混入させたエボラ・ワクチンをアメリカの人々に注射する準備をしているとのことです。
12月1日までにCDCは20万世帯を対象にワクチンを接種させようとしています。
さらに他の米国民も近くのドラッグストアでエボラ・ワクチンを購入することができるようになります。
ワクチンに混入させたマイクロ無線ICタグにより、ワクチンを接種した国民と接種していない国民の見分けが付きやすくなります。ワクチン接種を拒む米国民は、就職活動、外出、医療サービスを受けることが非常に難しくなります。そればかりか刑務所に送られることになる可能性もあります
米政府はアメリカに住む全ての人々(子供や女性にも)に無線ICタグをインプラントしたいのです。
米政府はエボラ・パンデミックの恐怖を煽り、ワクチンを接種させようとしています。その結果、アメリカの人々はエボラの恐怖とワクチンの恐怖のどちらかの選択を迫られることになります

CDCは米政府と連携してこのような方法を実行することで戒厳令を敷こうとしています。アレックス・ジョーンズ氏はエボラウイルスは意図的にアメリカ国内でまき散らされたと恐怖を煽ることで米政府が全国民を統制しやすくさせるのです。米政府の最終ゴールは、特定税率等級以下の人々を奴隷化することです。そのためにエボラが利用されています。



(ロシアの声)さん
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_17/278773437/
10月 17 , 03:38
ロシア首相、オバマ大統領の脳に変異の兆候を発見

ロシアのメドヴェージェフ首相は米国のオバマ大統領がロシアをエボラ出血熱に次ぐ2番目に重大な脅威としたことについて、困惑を示した。CNBC放送によるインタビューをリア・ノーヴォスチが伝えた。
「たとえば私には、オバマ大統領が国連総会の演壇に立ち、人類が直面している脅威又は課題を数え上げるに、一番目にはエボラ出血熱を挙げ、これは妥当だとして、二番目にロシア連邦を挙げ、三番目にやっと「イスラム国」を挙げたことが、非常に哀しい。私はこのことに言及すらしたくない。哀しいことだ。何か脳に異常があるんじゃないのか」と首相。
また両国関係については、首相は、対ロ制裁が解除されない限りリセットは不可能だ、との考えを示した。




迷子役登場↓






COMMENT

NoTitle

よくまとめられておられますね☆
このままブログでリンクを貼りたい位です…☆

どうやら米国=イスラエル=ユダヤ財閥の人たちは、日本とヨーロッパを生贄にしてドル危機&デフォルトを遅らせようとしているようで…☆
試験の勉強ができて、学歴や資格は立派でも、中身がさっぱり…な人たちと、同じ匂いがしますね…☆



Re: NoTitle

> よくまとめられておられますね☆
> このままブログでリンクを貼りたい位です…☆

有難うございます。
リンクはじゃんじゃん貼ってこらってけっこうです。

> どうやら米国=イスラエル=ユダヤ財閥の人たちは、日本とヨーロッパを生贄にしてドル危機&デフォルトを遅らせようとしているようで…☆

「彼ら」は生贄が大好きなようで・・・、困ったレプティリアンどもですナ。

> 試験の勉強ができて、学歴や資格は立派でも、中身がさっぱり…な人たちと、同じ匂いがしますね…☆

与えられた「教育」を何の疑問も感じずにひたすらこなしてきた人間ほど、洗脳を解くのは難しいようですね。
いまだに、「右」だ「左」だと騒いでいる単細胞なバカも困り者ですけどね(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。