「The Jerry Ragovoy Story : Time Is On My Side 1953~2003」 - ソウル・ファンク・ゴスペル・ドゥーワップ
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「The Jerry Ragovoy Story : Time Is On My Side 1953~2003」

「the JERRY RAGOVOY story TIME IS ON MY SIDE 1953~2003」


2008年に発売されたジェリー・ラゴヴォイ作品のコンピレーション・アルバムである。
ジェリー・ラゴヴォイは、1930年9月4日、フィラデルフィア生まれのハンガリー系ユダヤ人であり、ソングライター、音楽プロデューサーである。
ラゴヴォイが関わった作品では、ロレーン・エリソンの「ステイ・ウィズ・ミー」、共に後にジャニス・ジョップリンがカバーした、ガーネット・ミムズの「クライ・ベイビー」、アーマ・フランクリンの「ピース・オブ・マイ・ハート」等があるが、今回取り上げるのは、その中でもラゴヴォイがノーマン・ミード(Norman Meade)という筆名で作曲した、今アルバムのタイトルにもなっている「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」である。この曲は、大抵の人はローリング・ストーンズのヴァージョンで知っていると思うが、オリジナルは、ジャズ・トロンボーン奏者のカイ・ウィンディングが1963年に発表した曲である。なんと、バックコーラスはホイットニー・ヒューストンの母シシー・ヒューストン、ディオンヌ・ワーウィックとその妹のディー・ディー・ワーウィックの3人が担当した。
後にジミー・ノーマンがこのインスト曲に新たに詩を付け、翌1964年、インペリアル・レコードに所属していた女性シンガー、アーマ・トーマスによって歌われた。(ウィキより)
恐らく、ストーンズはアーマ・トーマスのヴァージョンを聞いていたのではないだろうか。
今回はそれぞれのミュージシャンのヴァージョンを紹介するので、聞き比べてみて下さい。
ラゴヴォイは、2011年7月13日に心臓発作により、80歳で亡くなった。
アルバムから特にお薦めの曲を、明日から「今日の一曲」で紹介します。










評点:80点







The Jerry Ragovoy Story : Time Is On My SideThe Jerry Ragovoy Story : Time Is On My Side
(2008/05/20)
V.A.

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント