9.11事件でのWTCビル救助隊員のうち、25,000人がガンを発症しているそうです - 9.11他やらせテロ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

9.11事件でのWTCビル救助隊員のうち、25,000人がガンを発症しているそうです

「9.11“自作自演”テロから13年、世界は嘘をつき続ける②」


前回に続いて9.11関連を取り扱ったブログ記事から紹介する。
この謀略によって何百万人というイスラム教徒が殺されている。
「何人の人が殺されても自分じゃないから関係ないワ」と思っている方はいないだろうが、「知っていながら何も発言しない、見て見ぬ振りをする」ということは、「間接的に殺人に加担していることではないだろうか」とさえ感じる。
そして、9.11は3.11にも繋がっているだろう。
R.K氏は9.11に純粋水爆が使用されたと以前から言っているが、どうやらその説は正しかったと思われる。
9.11事件で活躍したWTCビル救助隊員25,000人がガン発症しているらしい・・・



(マスコミに載らない海外記事)さん
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/91113-c519.html
2014年9月14日 (日)
9/11から13年
Paul Craig Roberts
2014年9月10日
2001年9月11日の悲劇は、ツイン・タワーで亡くなった方々や、毒性の粉塵を吸入したことで起きた病気に倒れて亡くなられた消防士や緊急救援隊員達のみならず、はるか広くまでおよんでいる。13年の間、新世代のアメリカ人が、アメリカ戦争/警察国家を作り出すのに利用された9/11神話の中に生まれ出ているのだ。
腐敗したブッシュとオバマの政権は、7ヶ国で、誰一人として、9/11と何の関係もない、何百万人ものイスラム教徒達を殺し、身体障害者にし、追い立て、立ち退かせるのに、9/11を利用した。
新世代のアメリカ国民は、イスラム教徒を軽蔑し、彼等を信じない社会に生まれている。
新世代のアメリカ国民は、プライバシーや憲法上の保護がもはや存在しない警察国家に生まれている。
新世代のアメリカ国民は、国民のニーズを叶えずに、戦争をし続ける世界に生まれている。
新世代のアメリカ国民は、真実が、ウソの果てしない繰り返しに置き換えられている世界に生まれている。

公式説明によれば、2001年9月11日、安全保障国家を広言する世界唯一の超大国が、カッター・ナイフしか武器を持たない、数人のサウジアラビア人青年達に敗北した。アメリカ安全保障国家は、全く無力であることをさらし、大国と称する国に対して加えられた最大の屈辱を味あわされた。
あの日、安全保障国家のあらゆる側面がしくじった。全てがしくじった。
アメリカ空軍は、歴史始まって以来、初めて要撃戦闘機を発進させそこなった。
国家安全保障会議はしくじった。
16のアメリカの諜報機関全てが、同盟国のNATOやイスラエルの諜報機関と同様にしくじった。
航空管制はしくじった。
空港保安警備は同じ日の同じ瞬間に四回しくじった。そのような失敗の確率はゼロだ。
もしそのようなことが本当に起きていたら、ホワイト・ハウスが、議会が、マスコミが、調査を要求していたはずだ。幹部は、失敗の責任を問われていたはずだ。大勢の首が飛んだはずだ。
ところがホワイト・ハウスは、一年間、9/11被害者家族による調査要求に抵抗していた。最終的に、政治家達が召集され、政府説明を聞かされ、それを書き留めた。9/11委員会の委員長、副委員長と法律顧問は、委員会には情報が提供されず、委員会はウソを聞かされ、委員会は“失敗するべく設置された”と語った。歴史上、安全保障最悪のしくじりで、一人たりとも首にならなかった。誰一人責任を問われなかったのだ。
アメリカ政府は、アメリカが警察国家ではなかったがゆえに、9/11が可能になったと結論付けた。
出来事を待ち構えていた愛国者法が、議会の阿呆連中によって、すぐさま成立させられた。愛国者法が、行政府を、法律や憲法から独立させたのだ。愛国者法と、それに続く施策によって、“自由の国”で、警察国家が制度化されたのだ。
彼自身、明確に否定しているにもかかわらず、腎不全で死にかけていたCIAの手先、オサマ・ビン・ラディンに責任が押し付けられた。以後、十年間、オサマ・ビン・ラディンは、アメリカ政府にとって、無数のイスラム教徒を殺害する口実を与えてくれる、子供だましの怪物だった。そして突如、2011年5月2日、オバマ大統領は、ネイビー・シールズが、ビン・ラディンを、パキスタンで殺害したと宣言した。現場の目撃者達の証言は、ホワイト・ハウスの説明と矛盾する。オサマ・ビン・ラディンは、腎不全を十年間生き抜いた、歴史上、唯一の人物となった。ビン・ラディンの隠れ家だとされる場所には、透析装置はなかった。2001年12月のビン・ラディンの死亡にかかわる無数の訃報記事は、メモリー・ホールに投げ込まれてしまった。そして、SEALチームは、それから数週間後、アフガニスタンでの不可解なヘリコプター墜落事故で全滅した。ビン・ラディンがインド洋に水葬にされたとされる航空母艦の何千人もの水兵達は、そのような葬儀等行われなかったと、故郷に手紙を書いている。
シール・チーム・シックスによるビン・ラディン殺害のおとぎ話は、失望した民主党が、オバマの第二期大統領戦出馬指名に反対するのを終わらせるのに役立った。“対テロ戦争”を、ビン・ラディンという制約からも解放してくれた。ビン・ラディンが組織を持っていないことが分かっている国々のリビア、シリアとイランをアメリカ政府は攻撃したがっており、エセ・ビン・ラディンが、それぞれの攻撃は自分がやったと主張する度に、その中で、ビン・ラディンが次第に若返ってゆく一連の偽造ビン・ラディン・ビデオは、専門家の間で信頼性を失っていた。
ツイン・タワーと、WTC第7ビルが崩壊する様子を見て、ビルが構造的に損傷した結果、崩壊したのではないことが、私には明らかに思えた。ホワイト・ハウスが、比較的低温の事務所火事による結果、崩壊した、世界史で、唯一三棟の鉄骨高層ビルに関する独自調査を妨害したことが明らかになった際、隠蔽工作が行なわれていたことが明白となった。
13年後、国内、海外の人々は、政府説明はさほど信頼できないことに気がついている。独立した専門家達による主張が、今やあまりに説得力があるので、主流マスコミもそれを受け入れるようになった。「9/11の真実を求める建築家と技術者」のリチャード・ゲージがC-SPAN出演した番組は、ここで見られる。https://www.youtube.com/watch?v=3Zbv2SvBEec#t=23
ニューヨークのある団体が、長年の忍耐強い活動で、WTCビル三棟崩壊の原因調査要求案件とする投票をおこなわせるのに必要な人数の有効署名を確保した。公式説明が、もし正しいのであれば、既存の消防規則や建築基準は、公衆を安全に保護するには不十分で、他のあらゆる鋼鉄構造高層ビルも同じ様な崩壊を起こしかねないことになる。この団体は賢明にも、9/11の真実ではなく、市民の安全という形で、問題を組み立てたのだ。
ニューヨーク当局は、もちろん、この一般投票という動きに反対し続けている。今や問題は、裁判官の判決にかかっている。裁判官が政府に真っ向から反対するとは想像しがたいが、この団体は政府が自らの説明の真実性を全く信じていないことを主張するだろう。
13年にわたり、物理学者、化学者、建築家、技術者や緊急救援隊員達が、三棟の超高層ビル崩壊に関する公式説明を完全に論破する膨大な証拠を提示してきた専門家達に対する非専門家のための反撃は、専門家を“陰謀論者”と呼ぶことだ。言い換えれば、政府説明を擁護する連中には、依拠すべき、科学的あるいは事実上の根拠が無いのだ。そこで、連中は、その代わりに、中傷しているわけだ。
9/11は、アメリカ政府や、政府とアメリカ国民との関係の本質を、根本的に転換するのに利用された。説明責任を負わない行政府が、アメリカ憲法が確立した適法手続きと、チェック・アンド・バランスに取って代わった。国家安全保障の名の下、行政府は、やりたい放題だ。基本的に、現代のアメリカ国民は、政府に狙われてしまえば、権利など皆無だ。
9/11日以降に生まれたアメリカ人は我々が育ったのと違う国に生まれたことになる。憲法に忠実な政府を経験したことがないので、失ってしまったものを知ることが不可能だ。
2001年10月の炭疽菌攻撃は忘れ去られているが、グレイム・マックインー教授の本、The 2001 Anthrax Deception (「2001年の炭疽菌詐欺」Clarity Press、2014年刊)は、炭疽菌攻撃が、説明責任を負わない警察国家権力を、政府が手に入れるためのお膳立てをする上で、極めて重要な役割を演じたことを示している。上院委員会議長をつとめていた二人の民主党議員トーマス・ダシュルと、パトリック・リーヒーは、白紙委任での全権に対する、ブッシュ政権の行き過ぎを不安に感じており、二人は、導入されようとしている警察国家法制や、行政府だけでアメリカを戦争に引き込める権限を、阻止する立場にあった。
この上院議員は二人とも、大手報道機関同様、炭疽菌入りの手紙を受け取った。WTCの超高層ビルの崩壊は、制御解体によるビル倒壊に似ているとしたが、まだ共和党によって、でっちあげられた容疑で、首にされていなかったダン・ラザー等のTV局のニュース・キャスター達も。
当初、郵政公社職員の何人かの命を奪った炭疽菌入りの手紙は、9/11攻撃の第二段階と見なされていた。恐怖は増殖した。上院議員もマスコミも沈黙した。すると、炭疽菌は、アメリカ政府の軍施設でしか生産されていない独特な種であることが発見された。
政府プロパガンダに邪魔が入ったことへの対策が、FBIによる、炭疽菌を生産していた軍研究所で働いていて、冤罪で自殺に追いやられた故人、ブルース・エドワーズ・アイビンスに対する濡れ衣だ。故人の同僚達は、政府の作り話を一言も信じず、故人の経歴には、何ら彼がそのような行為をする動機や、精神的不安定さは見られない。
当初アメリカ政府は、スティーブン・ジェイ・ハットフィル博士に濡れ衣を着せようとしたが、ニューヨーク・タイムズとニコラス・クリストフの大活躍にもかかわらず、ハットフィル博士をはめる企みは失敗した。ハットフィルは、冤罪で人生を破壊されたかどで、アメリカ政府から、500万ドルの賠償金を勝ち取った。そこで腐敗したアメリカ政府は、アイビンスに変えたのだ。
アイビンスは故人ゆえに、自分の立場を主張することは出来なかったが、同僚がそうしてくれたのだ。
この話題まるごと、限りなく怪しい。公正はアメリカ合州国の国境外に存在するもののようだ。アメリカ合州国内で、公正を見いだせるなどと決して期待してはならない。
大半のアメリカ人は、連邦政府が政府のおとぎ話に反駁できる専門家達をどれほど抱き込んでしまっているのか知らずにいる。例えば、有能な物理学者で、WTCビル三棟崩壊の公式説明を信じるような人々など、まずいるまい。だがアメリカ中の大学の物理学部は、連邦からの助成金に大きく依存している。本心を語るような物理学者は誰でも、自分の将来のみならず、同僚達の将来まで、危機に曝してしまうことになる。タワー二棟の破壊にサーマイトが使用されていたことを最初に指摘した物理学者のスティーブン・ジョーンズは、彼の終身在職権を大学が買い取ることに同意せざるを得なかった。さもなければ、大学が連邦からの助成金を全て失う目にあうのだった。
同じ抑制は民間部門でも機能している。三棟の高層ビル崩壊についての公式説明に疑念を呈する高層ビル建築家や構造工学者は、クライアントになりそうな連中から、イスラム擁護者で、変人陰謀論者だと見なされてしまう
。クライアントは、もちろん、この話題を判断するための専門知識など持ち合わせていないが、「9/11はオサマ・ビン・ラディンによるアメリカ攻撃だった」の絶え間なく、果てしない繰り返しで洗脳されている。洗脳された彼等は、事実に影響されなくなっているのだ。
9/11のウソは、13年間、生き続けている。何百万人ものイスラム教徒達が、このウソの為に、生命を失い、家族を破壊され、強制退去を強いられた。大半のアメリカ人は、内部の者による犯罪を隠蔽するために、アメリカ政府がついているウソに基づいて、自国政府が、7つの国の丸ごと、あるいは一部を破壊し、アメリカ世界帝国という、狂ったネオコンの衝動を解き放った事実にも、平気なままでいる。
下記も参照。http://www.globalresearch.ca/no-airliner-black-boxes-found-at-the-world-trade-center-senior-officials-dispute-official-911-claim/5400891



(新ベンチャー革命)さん
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34128660.html
9.11事件で活躍したWTCビル救助隊員25,000人がガン発症:原発は核テロのターゲット(核地雷)になり得ると認識すべき、死にたくない日本国民は・・・

• 新ベンチャー革命2014年9月11日 No.969
• タイトル:9.11事件で活躍したWTCビル救助隊員25,000人がガン発症:原発は核テロのターゲット(核地雷)になり得ると認識すべき、死にたくない日本国民は・・・
• 1.毎年、9月11日には9.11事件と半年ずれの3.11事件が蘇る
•  今日は2001年に起きた9.11事件の13周年日です。本ブログでは、2009年の9月12日にすでに9.11事件について私見をまとめています(注1、注2、注3)。
•  なお、9.11事件と2011年に起きた3.11事件はちょうど半年のずれがあります、これは偶然でしょうか、それとも意図的でしょうか
•  本ブログでは、9.11事件も3.11事件も日本をステルス支配する米戦争屋の中の過激派ネオコン(イスラエル・モサドを含む)が関与しているとみなしています。
• なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
• 2.9.11事件でのWTCビル救助隊員のガン罹患者が25,000人に達しているようだ
•  ネット情報(注4)によれば、9.11事件でのWTCビル救助隊員のうち、25,000人がガンを発症しているそうです。事件から13年経っていますが、25,000人という数字から推測されるのは、9.11事件勃発時のWTCビルへの航空機衝突直後、事件現場に入った救助隊員の大半がガンに罹っているのではないでしょうか。
•  問題は、9.11事件がこのような重大事件に発展しているのに、米国マスコミは無視していることです。もちろん、米政府も無視しています、なぜでしょうか
•  この事件の首謀者と疑われる米戦争屋ネオコンは、事件発生時のブッシュ政権を乗っ取っていた連中であり、彼らは今もなお米マスコミを闇支配しているのみならず、米政府の安全保障関係機関を乗っ取っているからです
•  現・オバマ政権はアンチ米戦争屋ですが、米政府を完全に掌握しているわけではなく、国防総省、米軍、CIA、NSA、FEMA、FBIなど米政府の安全保障関係の中枢部は依然として、米戦争屋が闇支配しています、したがって、オバマ政権にとって、米戦争屋の関与が疑われる9.11事件の闇に関してはアンタッチャブルなのです。
• 3.WTCビルに入った救助隊員はなぜ、みんなガンに罹っているのか
•  米政府の公式見解は、WTCビルは、航空機の激突が原因で倒壊したことになっていますから、この見解が正しければ、25,000人もの救助隊員のガン罹患の原因は全く説明がつきません
•  本件を、長年、追及してきた有名ブロガー・リチャード・輿水氏によれば、WTCツインタワービル倒壊には、純粋水爆技術(注5)を応用した新型兵器が使用されたようです(注6)。
•  水爆の起爆には原爆が使用されるようですが、常温核融合技術が応用できれば、原爆を使用せずに水爆が実用化できるそうです。
•  それでも、純粋水爆が爆発した直後は、放射線が発生するので、上記、救助隊員は被爆(or被曝)したと疑われています。ちなみに、純粋水爆が爆発して時間が経つと放射能は残らないようです、つまり、純粋水爆は核兵器使用の証拠が残らないということです
• 4.純粋水爆技術のカギは常温核融合技術だった
•  WTCビル倒壊事件のカギを握るのは、結局、常温核融合技術である可能性が高いと言えます。
•  ところで、筆者は米国のハイテク・シンクタンクSRIインターナショナルに所属していましたが、常温核融合研究が盛んだった80年代末から90年代初頭、米国電力中央研究所EPRIの委託にてSRIは常温核融合研究を行っていました。そのとき、実験中に爆発事故が起きて、EPRI研究員が死亡するという痛ましい事故が起きています(注7)。この事実から、米国では常温核融合技術もしくはそれに類似する技術が2001年には密かに完成していて、9.11事件にてWTCビル倒壊に実験的に使用された可能性を否定できません。
• 5.9.11事件は21世紀型ハイテク兵器の実験でもあった
•  米戦争屋ネオコンにとって、核兵器技術は最重要の戦略兵器技術と位置づけられます。彼らはまず、広島・長崎で核兵器の実物実験を決行しましたが、戦後は、地中核実験、海底核実験を繰り返し、大型核兵器技術を確立させています、ところが、核兵器は、自分たちにも放射能被害をもたらす危険があり、実際に多用できない抑止力兵器にとどまっていました。そこで彼らは、実際に戦争で多用できる核兵器の研究を密かに続行して今日に至っています。そして当然ながら、核兵器技術は高度の軍事機密となっており、日本国民のみならず、一般米国民にも秘密にされています。
•  戦争をビジネスとする彼らネオコンは、常温核融合技術を応用する新型水爆兵器を2000年代初頭にすでに開発済みだったと思われます、そして、9.11事件にて実験的に使用されたのではないでしょうか。
•  ちなみに、このとき、航空機が衝突していないWTC7号棟も倒壊させていますが、こちらは明らかにビル倒壊に多用される制御解体技術が使われています。なぜ、7号棟を壊したのか、この謎は今でも解けていませんが、WTCツインタワーに使用された新型水爆兵器実験を制御解体と混同させるためのカムフラージュだったと疑われます。要するに、9.11作戦を企んだと疑われる米戦争屋ネオコンは、ツインタワーの崩壊は航空機衝突由来ではないと米国民に気付かれると事前に予想したのではないでしょうか。なぜなら、ツインタワーは航空機が衝突しても倒壊しない構造設計となっていたからです
• 6.9.11事件では、航空機の兵器転用技術の実験も行われた
•  今年3月、マレーシア航空MH370便ボーイング777が行方不明になったままですが、アジアにおけるアンチ米戦争屋の代表・マハティール元・マレーシア首相が指摘しているように、ボーイングの新型旅客機には強制遠隔操縦オートランが密かに装備されており、米戦争屋ネオコン配下のCIAやNSAは、ボーイング新鋭機を必要に応じて、ハイジャックできる体制を完成させています(注8)。
•  9.11事件の際、WTCツインタワーに突っ込んだボーイング機、そして、米国防総省ペンタゴンに突っ込んだボーイング機(無人機グローバルホークと疑われる)すべて、強制的遠隔操縦技術の実験と位置づけられていると思われます。
•  以上より、9.11作戦を企んだと疑われる米戦争屋の目的の第一、それは、ショック・ドクトリン(惨事便乗型軍事プロパガンダ)作戦によって、米国民にアフガン戦争とイラク戦争を同意させることだったわけです。この作戦は的中し、米戦争屋ネオコンはアフガン戦争およびイラク戦争を引き起こすことに成功しています。
•  そして、9.11作戦の第二の目的、それは、21世紀を迎えて、21世紀型ハイテク兵器(多用可能な新型水爆兵器、無人機の兵器化、そして旅客機の兵器転用)の実験を行ったとみなせます。
•  こちらも、大成功していますが、13年経った今、25,000人の9.11救助隊員の大量ガン罹患が現実化しているということです。
•  彼らネオコンは当然、この事態を事前に予期していたでしょうが、放射線被害は5年以上も経って表面化するので、因果関係を証明するのが非常に困難であることも計算済みだったのでしょう。
• 7.東電福島事故原発3号機、4号機水素爆発にも新型核兵器が使用されたのか
•  3.11事件における東電福島事故原発3号機は爆発画像が残っており、新型水爆のきのこ雲と酷似しています。4号機は夜間に爆発して、画像が残っていませんが、3号機爆発と似ているのではないでしょうか
•  東電福島原発をはじめ、日本の原発はほとんど、イスラエル・ネオコンに遠隔監視されており、いつでもテロ破壊できるようになっていると疑うべきです。
•  そこで、われら日本国民は、日本の原発はテロ攻撃の絶好のターゲットであると認識すべきです
(注9)。
•  今、米戦争屋に完全に乗っ取られている安倍政権下の日本政府は必死で原発再稼働を強行しようとしていますが、彼らには原発はテロ攻撃のターゲットとなるという認識が極めて薄弱です。(引用者注:単なるグルなのではないでしょうか
•  原発以外の火力発電所はテロ攻撃で破壊されても、放射能被害はありませんが、原発に限ってテロ攻撃されたらどうなるか、いうまでもありません。
•  彼ら日本政府官僚はこのことに国民が気付かないよう、あの手この手で国民の関心をそらせています、そのことに、まず、われら国民は気付くべきです、死にたくない人は・・・。
•  最後に一言、9.11事件でガンに罹患した25,000人の米救助隊員のことをみんなもっと知るべきです、いくらマスコミが隠しても・・・。
• 注1:本ブログNo.20『9.11事件に関する個人的見解 (1/3)』2009年9月12日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/806900.html
• 注2:本ブログNo.20『9.11事件に関する個人的見解 (2/3)』2009年9月12日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/807291.html
• 注3:本ブログNo.20『9.11事件に関する個人的見解 (3/3)』2009年9月12日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/807680.html
• 注4:Business Standard“9/11 attacks: Above 25,000 rescuers diagnosed with cancer”2014年7月28日
http://www.business-standard.com/article/news-ani/9-11-attacks-above-25-000-rescuers-diagnosed-with-cancer-114072800312_1.html
• 注5:純粋水爆
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E7%B2%8B%E6%B0%B4%E7%88%86
• 注6:リチャード・輿水“WTC小型水爆倒壊説の検証”2006年6月17日
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hydrobomb.htm
• 注7:本ブログNo.320『東電福島第一原発の水素爆発:日本は災い転じて福となせ』2011年3月21日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/23481100.html
• 注8:本ブログNo.936『ウクライナ軍はなぜ、マレーシア機を狙ったのか:ウクライナ新政権の黒幕・ジョージ・ソロスの指示によるマハティールへの意趣返しか』2014年7月26日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/33963603.html
• 注9:本ブログNo.845『戦後日本の原発推進勢力は完全にだまされていた!原発は日本を全滅させる核地雷であるという認識が欠落していた』2014年1月17日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/33146902.html








COMMENT

NoTitle

911も、311も、根は同じ。
そういえばリチャードコシミズさん、頑張っていおられますね。
私みたいな子はお好きじゃなさそうなので、近づいたりしませんけど(笑)…でも、陰で応援しております☆
ISISの首切りはフェイクですね…前回「出血が少なすぎる」という指摘があったため、今回の英国人殺害では、作り物の「血糊」の量を、少し増やしたようです…☆

Re: NoTitle

> 911も、311も、根は同じ。

同一犯人であることは間違いないでしょうね。

> そういえばリチャードコシミズさん、頑張っていおられますね。
> 私みたいな子はお好きじゃなさそうなので、近づいたりしませんけど(笑)…でも、陰で応援しております☆

R.K氏を否定している人もけっこういるようですが、
「彼ら」と対決している姿勢は大いに評価できると思います。

> ISISの首切りはフェイクですね…前回「出血が少なすぎる」という指摘があったため、今回の英国人殺害では、作り物の「血糊」の量を、少し増やしたようです…☆

どうみてもフェイクでしょうね。
細工を加工したことは知りませんでしたが・・・
CIAとアルカイダが繋がっているように、ISISとやらも「彼ら」のお仲間としか思えませんね。
それにしても名前がネ、ローマ字読みではあるけれど、「イシス」と読めるのは偶然とは思えませんネ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。