クイーン・オブ・ソウル&ブルース、ARETHA FRANKLIN - アリサ・フランクリン
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

クイーン・オブ・ソウル&ブルース、ARETHA FRANKLIN

「SPIRIT IN THE DARK」ARETHA FRANKLIN


クイーン・オブ・ソウル”ことアリサ・フランクリンのベスト・アルバムの一つで、1970年のアトランティックでの通算9作目の作品である。アリサは、1942年3月にメンフィスに生まれ、父親が有名な牧師ということもあって、父の教会でゴスペルを歌っていた。オーティス・レディングの「リスペクト」をカヴァーして全米1位を獲得し大スターとなる。今やアリサは、美空ひばりどころか「世界のディーバ」と言っても過言ではない存在であるが、私は今のアリサよりも、この頃の「威風堂々とした中にも“みずみずしさ”を感じさせる」アリサの歌声が大好きである。
今作品では、ベン・E・キングの「ドント・プレイ・ザット・ソング」がチャート1位となり、自作であるゴスペル色の強い「スピリット・イン・ザ・ダーク」がR&Bチャート3位となっている。そして、「ザ・スリル・イズ・ゴーン」、「オネスト・アイ・ドゥー」、「ホワイ・アイ・シング・ザ・ブルース」と3曲もブルースの名曲をカヴァーしているところが実に心憎い。“クイーン・オブ・ブルース”の称号を加えても良いのではないだろうか。











評点:90点


スピリット・イン・ザ・ダークスピリット・イン・ザ・ダーク
(2013/04/24)
アレサ・フランクリン

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント