静かに熱く「禅」を歌う、ROKIA TRAORE - アフリカンミュージック
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

静かに熱く「禅」を歌う、ROKIA TRAORE

「TCHAMANTCHE」ROKIA TRAORE


アフリカ・マリの1973年生まれのシンガー、ロキア・トラオーレの2008年の第4作目であり、マリの偉大なミュージシャンである故アリ・ファルカ・トゥーレに捧げる作品である。
ロキアは、父親が外交官だった関係で、幼少期を中東やヨーロッパでも過ごしており、ロック、ジャズ、ブルース、シャンソン等の音楽を聴いて育っている。
彼女の弾くギターとンゴーニの伴奏が実に巧みにマッチしているところが絶妙である。
彼女の声は抑揚が効いており、静かな中に情熱が込められている。「ZEN(禅)」という曲がある。日本に関心を持っているのだろうか。冒頭の歌詞を紹介する。


「ZEN(禅)」
祈りの鐘が鳴った
私の足許で犬が眠りこむ
私は勇気を出して
何もせずにいた

時のない時が
水平線の上を
滑っていった
今日という日だけを持ち去った
私は勇気を出して
何もせずにいた

ゼン
私は
静かな気持ち



「ZEN(禅)」、「DOUNIA(世界)」、「TOUNKA(移住)」の動画を紹介する。









評点:100点



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント