時を越えて永遠に、BOBBY CHARLES - ルーツミュージック・ニューオーリンズ・リズム&ブルース
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

時を越えて永遠に、BOBBY CHARLES

「TIMELESS」BOBBY CHARLES


CDレビューシリーズ第二段として、ボービー・チャールズの2010年1月の死後に発売されたラスト・アルバムを紹介する。
ボビーは、1938年のルイジアナ生まれの白人だが、デビューはなんと、あのシカゴブルースのメッカであるチェスレコードなのだ。それも、電話オーディションで採用されたボビーは、シカゴに来るまで黒人だと思われていたらしい!チェスレコードのオーナーであるレナード・チェスも、ボビーの ヴォーカルに“ルーツ・ミュージックに基づいた黒っぽさ”を感じたのだろう。
ボビーが10代初めの頃、ミュージシャンになる決意をさせるきっかけとなったファッツ・ドミノに捧げる曲、「Happy Birthday Fats Domino」と「Before I Grow Too Old」を歌っている。私の一押しは、「Little Town Tramp」である。ピアノとオルガンをドクター・ジョン、ギターをサニー・ランドレスが弾いている。渋すぎる!
ボビーの人生は、自宅の火災、ハリケーンカトリーナによる災害、幾度かの離婚、癌発病等、不運続きではあったが、曲調にはそんな悲愴感は全く感じさせない。全編にわたり、実にゆったりとした雰囲気が醸し出されている。実に惜しい人を失ってしまったが、彼のほのぼのとした名曲はいつまでも歌い継がれていくだろう。まさにアルバムタイトル通り「TIMELESS」時を越えて!











評点:100点

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント