ルーツミュージック・ニューオーリンズ・リズム&ブルース

時を越えて永遠に、BOBBY CHARLES

 ←酔いどれ吟遊詩人、TOM WAITS →静かに熱く「禅」を歌う、ROKIA TRAORE
「TIMELESS」BOBBY CHARLES


CDレビューシリーズ第二段として、ボービー・チャールズの2010年1月の死後に発売されたラスト・アルバムを紹介する。
ボビーは、1938年のルイジアナ生まれの白人だが、デビューはなんと、あのシカゴブルースのメッカであるチェスレコードなのだ。それも、電話オーディションで採用されたボビーは、シカゴに来るまで黒人だと思われていたらしい!チェスレコードのオーナーであるレナード・チェスも、ボビーの ヴォーカルに“ルーツ・ミュージックに基づいた黒っぽさ”を感じたのだろう。
ボビーが10代初めの頃、ミュージシャンになる決意をさせるきっかけとなったファッツ・ドミノに捧げる曲、「Happy Birthday Fats Domino」と「Before I Grow Too Old」を歌っている。私の一押しは、「Little Town Tramp」である。ピアノとオルガンをドクター・ジョン、ギターをサニー・ランドレスが弾いている。渋すぎる!
ボビーの人生は、自宅の火災、ハリケーンカトリーナによる災害、幾度かの離婚、癌発病等、不運続きではあったが、曲調にはそんな悲愴感は全く感じさせない。全編にわたり、実にゆったりとした雰囲気が醸し出されている。実に惜しい人を失ってしまったが、彼のほのぼのとした名曲はいつまでも歌い継がれていくだろう。まさにアルバムタイトル通り「TIMELESS」時を越えて!











評点:100点





もくじ  3kaku_s_L.png 太田龍
もくじ  3kaku_s_L.png 鬼塚英昭
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の起源
もくじ  3kaku_s_L.png 日本人のルーツ
もくじ  3kaku_s_L.png サム・クック
もくじ  3kaku_s_L.png サム&デイヴ
もくじ  3kaku_s_L.png アル・グリーン
もくじ  3kaku_s_L.png オル・ダラ
もくじ  3kaku_s_L.png タジ・マハール
もくじ  3kaku_s_L.png プリンス
もくじ  3kaku_s_L.png ニーナ・シモン
もくじ  3kaku_s_L.png トム・ウェイツ
もくじ  3kaku_s_L.png ライ・クーダー
もくじ  3kaku_s_L.png ザ・ドアーズ
もくじ  3kaku_s_L.png レゲエ・スカ
もくじ  3kaku_s_L.png ブルース
もくじ  3kaku_s_L.png ロック
もくじ  3kaku_s_L.png オールディーズ
もくじ  3kaku_s_L.png クラシック
もくじ  3kaku_s_L.png 替え歌
もくじ  3kaku_s_L.png 頭脳警察・PANTA
もくじ  3kaku_s_L.png amazarashi
もくじ  3kaku_s_L.png スピッツ
もくじ  3kaku_s_L.png マネー詐欺
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png 不正選挙
もくじ  3kaku_s_L.png 歴史・宗教
もくじ  3kaku_s_L.png 戦争
もくじ  3kaku_s_L.png 原発・放射能
もくじ  3kaku_s_L.png 旅行記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【酔いどれ吟遊詩人、TOM WAITS】へ  【静かに熱く「禅」を歌う、ROKIA TRAORE】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【酔いどれ吟遊詩人、TOM WAITS】へ
  • 【静かに熱く「禅」を歌う、ROKIA TRAORE】へ