限りなく黒人に近づいた白人ブルースミュージシャン THE BUTTERFIELD BLUES BAND - ブルース
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

限りなく黒人に近づいた白人ブルースミュージシャン THE BUTTERFIELD BLUES BAND

「EAST WEST」THE BUTTERFIELD BLUES BAND


バターフィールド・ブルース・バンドの1966年のセカンドアルバムである。
シカゴ生まれのポール・バターフィールド(ヴォーカル・ハープ)を中心に、エルヴィン・ビショップ(ギター)、マイク・ブルームフィールド(ギター)とシカゴ大学で出会ったことがきっかけで結成したエレクトリック・ブルースバンドである。
ハウリン・ウルフのバンドに在籍していた黒人のジェローム・アーノルド(ベース)、サム・レイ(ドラムス)も参加した当時では大変珍しい白人黒人混成バンドであった。後ほどマーク・ナフタリン(オルガン・ピアノ)も参加する。
ポール・バターフィールドはマディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、リトル・ウォルター、オーティス・ラッシュらともジャムしたことのある白人ブルースハープの第一人者だ。

本作だが、いきなりロバート・ジョンソンの「ウォーキン・ブルース」で始まる。ポールのハープが実にシンプルで効果的である。
続くアラン・トゥーサンの「ゲット・アウト・オブ・マイ・ライフ」はマーク・ナフタリンのオルガンが印象的である。
「アイ・ゴット・ア・マインド・トゥ・ギブ・アップ・リビング」はトラディショナルだとのことだが、実にブルージーでマイク・ブルームフィールドのギターが光っている。
「オール・ディーズ・ブルース」もトラディショナルだとのことだが、ポールのハープが冴え渡っている。
しかし、今作品を“歴史に残る名盤”としているのは、「ワーク・ソング」、「イースト・ウェスト」の2大インストゥメンタルの名曲が含まれているところにある。これは言葉ではとても説明できない。各メンバーの演奏に全く無駄がない。よくぞ、ここまでドラマチックにその演奏技術を惜しげもなく披露してくれたものだ。

ポールは44歳、マイクは37歳で他界している。あまりにも早すぎる死である。
その才能ゆえに生き急いだのか、イルミの謀略にやられたのか、私には知る由もないが・・・。
彼らは、限りなく黒人に近づいた白人ブルースミュージシャンであった。
今となっては無理な注文ではあるのだが、一度でいいから全盛期のバターフィールド・ブルースバンドの生ライヴを体験したかったものである。











評点:100点




イースト・ウエストイースト・ウエスト
(2013/06/12)
バター・フィールド・ブルース・バンド

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント