fc2ブログ
ソウルマン

「神が僕らのような奴隷に過ぎなかったら?」「周りから隔離されたいと思っても 予防接種で埋め込まれた追跡者がそうさせてはくれない “お前を決して一人で歩かせはしない”と」byプリンス

「emancipation」PRINCE


プリンスの19 枚目の3枚組のアルバムです。1996年11月19日にNPGレコードとEMIレコードからトリプルアルバムとしてリリースされた。このタイトルは「解放」を意味し、プリンスが18年間にわたり論争のあったワーナー・ブラザース・レコードとの契約から解放されたことを指している。
この「解放」は単にワーナーブラザーズからの「解放」だけでなく、「音楽業界を取り仕切っている「彼ら」」からの「解放」を意味しているのだ。
ワーナーブラザーズから離脱することで、プリンスは「解放」されたいと思ったのだ。
解説本のプリンスの写真には、頬に「SLAVE」の文字が描かれている。
プリンスは何もおふざけでこんなことをしたんじゃないんです。
プリンスはこれまで自分が「音楽業界を取り仕切っている「彼ら」」の奴隷であったことをアピールしているのだ。
プリンスにとって本作は「奴隷解放宣言」を訴える作品でもあるのです。
個別の曲に一部触れておく。

「Get Yo Groove On」
「懸命に働いて 今度は遊ぶ時が来た グルーヴに乗らなくちゃ」と歌う。
ノリノリのファンキーな曲である。



「Betcha By Golly Wow!」
とろけるようなラヴソング。


「We Gets Up」
「NPG 僕らはわかるようにしている 僕らがどうやれるのかを考えることをやめさせることは誰もできない」「「あいつを押しつぶす 僕らが立ち上がると思っていない奴を 僕らにはできる 立ち上がるのさ」と歌う。
NPGはプリンスが所有しているレコード会社です。
この曲でプリンスは「彼ら」との対決姿勢を鮮明にしているのです。


「I Can’t Make U Love Me」
ボニー・レイットのヒット曲のカバーです。
プリンスは「ボニーはアメリカの宝石さ」と語っています。
カーティス・メイフィールドばりの珠玉のラヴソングです。


「The Holy River」
「聖なる川へ行こう もし僕らが溺れ死んだら 僕らは運ばれることだろう」と歌う。
自殺願望?生まれ変わって新たに愛をはぐくもうということ?



「Let’s Have A Baby」
プリンスお得意のラヴソングです。


「Savior」
「他の誰かを愛するなんて 僕にはできないよ 君は僕の救世主なんだ」と歌う。
これまたプリンスお得意の、極みのラヴソングです。


「Slave」
「誰もが僕を傷つける 僕以外の誰もが 演じる機会が欲しいだけ 真に自由な誰かの一部を」「どうやってそんなに長く僕を服従させるつもりなのかい 求めるパンも与えることもなく」と歌う。
プリンスは自分自身を奴隷だと歌っているのだ。


「New World」
「周りから隔離されたいと思っても 予防接種で埋め込まれた追跡者がそうさせてはくれない “お前を決して一人で歩かせはしない”と」と歌う。
プリンスは「ワクチンを通してチップを埋め込まれた人間に見張られている監視社会」のことを歌っているんです。1996年の時点でコロナ詐欺を予告していたんです。
タイトルが何を意味しているかは分かりますよね・・・



「La, La,La Means I Love U」
プリンスの必殺の裏声が堪能できる。


「One Of Us」
ジョン・オズボーンの曲のカバーである。
原曲の「SLOB(怠け者)」を、プリンスは「SLAVE」に変えて歌っている。
「神が我々の一人だったとしたら?」の問いの後の歌詞である。
「神が僕らのような怠け者に過ぎなかったら?」の歌詞を、
「神が僕らのような奴隷に過ぎなかったら?」と変えているのだ。
プリンスは本作で初めてカバー曲を歌ったのだが、カバーの仕方が半端じゃない。
流石プリンスである。



「The Love We Make」
「望みなき祈りは尊きかな 一息一息に感謝をささげ 祈る我らに恵みは来る 新たな世界にいけるのだ あるのは我らがつくりだす愛だけ」と歌う。
さらには「信じる者はすべて浄化させる うぬぼれた彼ら自身も」と歌う。
「信じる者は殺される」と繰り返し訴えている私には、気になる歌詞である。
「うぬぼれた彼ら自身」というのは「彼ら」のことを指しているのだろうか?





プリンスの数あるアルバムの中でも本作はあまり知られていないんじゃないのだろうか?
これだけ優れた楽曲が収められているのにもかかわらず、どの曲もプリンスの代表曲になっていないのはおかしいと思いませんか?
それは本作でプリンスがワーナーブラザーズから離脱したことと関係しているのではないのでしょうか?
ジョージ・ハリソンの遺作である「BRAIN WASHED」のことをメディアがほとんど報じないために、「BRAIN WASHED」の認知度が低くさせられているのと同じである。

「彼ら」が支配する音楽業界は、ファンがミュージシャンの本音に気づかないように、巧妙に罠を張り巡らせているのである。
我々音楽ファンは、知らず知らずのうちに、「彼ら」の情報操作を受けているのである。
「プリンスの代表曲はこの曲だ」と「与えられた曲」を信じ込まされているのである。

本当にミュージシャンの心の内を知ろうとするならば、メディアの雑音を介さず、自分自身の目と耳でミュージシャンの残した曲と歌詞に向き合い、「この歌詞の意味はなんなのか?」を考える努力が必要であるだろう。
プリンスのファンの皆さん、プリンスが何故にアルバム解説の写真に「SLAVE」の文字を自分の頬に記したのかを考えてみてください。
一般的なプリンスのファンは、プリンスの音楽的才能にばかり目が行きがちですが、それだけではプリンスの本当の想いを理解することはできないでしょう。
プリンスのファンの皆さんは、音楽以外の“もう一つの目”を持つことが必要です。
そうすることで、以下のことに気づくようになるでしょう。

プリンスが自らの命を失ってまで訴えたかった「本当の想い」
プリンスが自らの命を失ってまで訴えたかった「この世界の闇」
プリンスが自らの命を失ってまで訴えたかった「この世界を生き抜く力」


評点:90点



<参考記事>
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-35.html
ジョージ・ワシントンの前には8人の大統領がいた!?
「プリンスが語るイルミナティの陰謀。“ケムトレイル”“歴史捏造”“アメリカは植民地であり、国民は使用人である”“オバマを信じない”“国連による宗教洗脳”」



Prince


ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズランキング
千葉ロッテマリーンズランキング
ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 2

There are no comments yet.

mint

ソウルマンさん

わ、持っていなかったアルバム(汗)!
すぐ注文致しました♪

素敵なクリスマスプレゼントをありがとうございます❤︎

2023/12/24 (Sun) 18:23
ソウルマン

ソウルマン

Re: タイトルなし

mintさん

メリークリスマス🎅

2023/12/25 (Mon) 12:29