fc2ブログ
ソウルマン

<ケヴィン・“ジョーディー”・ウォーカー追悼>「Tension」Killing Joke

キリング・ジョークのギタリストだった、ケヴィン・“ジョーディー”・ウォーカーが亡くなりました。

https://amass.jp/171428/
キリング・ジョーク(Killing Joke)の創設メンバーであるギタリストのケヴィン・“ジョーディー”・ウォーカー(Kevin “Geordie” Walker)が死去。バンドがSNSで発表。64歳でした。

以下、キリング・ジョークの声明より

「2023年11月26日午前6時30分、(チェコの)プラハにて、キリング・ジョークの伝説的ギタリスト、ケヴィン・“ジョーディー”・ウォーカーが脳卒中のため、家族に見守られながらこの世を去りました。安らかに眠ってください、兄弟」

キリング・ジョークは1978年、ウォーカー、ジャズ・コールマン(ヴォーカル、キーボード)、ポール・ファーガソン(ドラムス)、マーティン・“ユース”・グローヴァー(ベース)によって結成された。ウォーカーはバンドの45年の歴史の中で、コールマンと共に不変のメンバーであった。1980年の画期的なセルフタイトル・デビュー・アルバムを含む、バンドのすべての作品に参加した。

ウォーカーのギター・プレイは、低音に重点を置いたリズム重視のものであった。彼の演奏は、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジやマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズなど、他の伝説的なギタリストからも称賛された。

ウォーカーはキリング・ジョークに加え、インダストリアル・ミュージックのスーパーグループ、Murder, Inc.や The Damage Manualのメンバーでもあった。



キリング・ジョークの「Tension」で、ケヴィン・“ジョーディー”・ウォーカーを追悼します。


肘掛け椅子に坐って何度も考えている
いくら考えても進めない ここから抜け出せない
それから昼も夜も考えて周りを見る
それでも周りを見回し続けてごらん
何らかの説明が見えて来るだろう
そして緊張が高まるのさ








Killing Joke


ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズランキング
千葉ロッテマリーンズランキング
ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 0

There are no comments yet.