fc2ブログ
ソウルマン

「これって新コロワクチンの問題に触れたことに対する嫌がらせとしてクラプトンの順位を下げたロ-リング・ストーン誌を批判する素振りをしながら、「イベルメクチンがコロナに効果がある」という“何の根拠もない偽情報”を喧伝しているだけじゃないの?」byソウルマン

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!223」


これまで「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!」というタイトルで、誰よりも早くからこの世界同時詐欺を告発してきた私だが、けっこう前から嫌になってきている。
あることに気づいたからである。

“普通の人”の「信仰」の強さに・・・

何度同じことを言っても分からない人は分からないのであり、はっきり言って、何を言ってもムダなのだ。
いくら新コロワクチンが毒だとか、治験中だとか、遺伝子組み換えだとか、接種後に死んだり後遺症がでている人が激増しているとか言っても、何も分からない人は分からないのである。

政府や新聞テレビの報道を「信仰」しているのだから・・・

これは、宗教を「信仰」している人にいくら脱会を勧めても、いくらあなたの信じる宗教の教えが間違っていると具体例をあげて説明しようとしても、その宗教の教えから解放させることは至難の業であり、ムダであるのと同じことである。

その宗教の教えを「信仰」しているのだから・・・

でも、このような新コロワクチンの問題に気づいてる人は腐るほどいる。
新コロワクチンの問題について触れているブロガーも腐るほどいる。
だけどそのような新コロワクチンの問題について触れているブロガーやユーチューバーや陰謀論者のほとんどが、何故かイベルメクチンについては悪く言わない。
何故だろう?
私が思いつくのは、以下の二つの理由である。

1, 単にアホであるため。

2, 工作員であるため。


イベルメクチンが詐欺であることは、私はこれまで具体的根拠を示して書いてきた。
私の根拠を覆した人間は、今のところ、皆無である。
「俺は毎日飲んでるけど、大丈夫だぞ。効果があるぞ」とか、
「政府やWHOが推進していないのだから、いい薬に決まってるやろ」とか、
「実際に効果があったと言っている人間がいるんだから、いいに決まってるわ」とか、
“全く根拠にならない戯言”を喚いている輩ばかりである。

私はこれまでイベルメクチンが詐欺であることを複数の根拠をあげて告発してきたが、そのうちの一つだけで十分だろう。

「イベルメクチンが731部隊と繋がっている」という「事実」だけで。

そのような“全く根拠にならない戯言”を喚いている“イベルメクチン信者”は、「731部隊は何も悪いことをしていない。それは陰謀だ。当時の日本はアジアの人を解放するために米英と戦ったに過ぎないのだ」とか嘯くのだろうか(呆)


「阿修羅」という真実告発系のサイトがあるが、その中でも投稿者によって記事が全く異なっているようだ。
私が以前取り上げた記事の中でも紹介したが、「お天道様はお見通し」さんは、イベルメクチンが詐欺であることを理解されているようだ。


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-4065.html
「いつになったら「存在していないウイルス」に「対策」は要らないことに気づくんですか?」byソウルマン
「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!129」

そしてこの手の騙りと同一であるのが、言わずと知れた”イベルメクチン”です。 残念ながら私の周りでもSARS-CoV-2ウイルスの存在を疑っているにもかかわらず、率先してこれを入手しようと動いていた方がいらっしゃいます。 ですので今回はこの手の浅はかな詐欺に関し、全く的を得たご意見を述べておられる人の言を以下にご紹介したいと思います。


しかし「阿修羅」の中でも「魑魅魍魎男」さんは、イベルメクチン賛成論者であるようなのだ。



http://www.asyura2.com/23/iryo11/msg/856.html
ギターの神様・エリック・クラプトンが、ローリング・ストーン誌ギタリスト・ランキングで
第35位にランキングされたことで、ロック業界に波紋が広がっている。

ロックに詳しいミノ氏も、のけぞって驚いている。

「ローリング・ストーン誌が改訂したギタリストランキングがヤバすぎる件」
(Mino Music 2023/10/19)
https://www.youtube.com/watch?v=UfaieZwoKxE#t=11m10s

前回のランキングでは第2位であった。

これはもちろん、復讐であり見せしめである。

エリック・クラプトンは、コロナワクチン接種でひどい被害を受け、手が動かなくなり、
演奏を断念せざるを得ないところまで追い詰められた。

そして、当然のことながら、危険なコロナワクチンに反対するようになった。

一方、ローリング・ストーン誌は、悪名高いワクチン推進御用雑誌である。

イベルメクチンを家畜用駆虫剤と呼び、過剰摂取で病院大混雑というトンでもない虚偽報道をした。

コロナワクチンに反対するクラプトンは目障りであり、貶めようとするのは当然だろう。

ワクチン推進の提灯持ちであるブライアン・メイが、ギタリストとしては明らかに
格下であるにもかかわらず、第33位とクラプトンの上位に置いたところに、
極めて陰湿な底意地の悪さを感じる。

ローリング・ストーン誌にとっては、コロナワクチン接種の有無がギタリストとしての評価の
重要なポイントらしい。

バカバカしい。

こんな糞雑誌は一切読まない、無視することだ。





これって新コロワクチンの問題に触れたことに対する嫌がらせとしてクラプトンの順位を下げたロ-リング・ストーン誌を批判する素振りをしながら、「イベルメクチンがコロナに効果がある」という“何の根拠もない偽情報”を喧伝しているだけじゃないの?
それも「コロナの存在証明がないこと」には一切触れずに。
「存在さえ証明されていないウイルスとやらにイベルメクチンを飲む必要性があるのか」といった「根本問題」には一切触れずに。
「新コロワクチンを推進している会社とイベルメクチンを推進している会社が同じであること」には一切触れずに。

「この人、いったい何者?」と思わざるを得ません。
ロ-リング・ストーン誌を批判する前に、自身のおかしな言動を批判した方がいいんじゃないのですか?
先日書いたあの人を含めて、“似非新コロワクチン反対論者”が多すぎます。
でも、このようなちょっと考えたら「おかしい」と気づくことに、新コロワクチンの問題について書いているブロガーやユーチューバーや陰謀論者のほとんどが言及しないのは、何故でしょう?
この人たちは誰に雇用されているのでしょう?
やっぱ「表も裏もあっち側」なんでしょうか?


http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-5014.html
「アンタが何の薬を飲もうが死のうがアンタの勝手だが、アンタの妄言を信じた人間がこの薬を飲むことで死んだり健康被害を被ったら責任を取れるのか?「お前のアホが他人を殺す」という言葉の意味を本当に理解しているのか?アホのくせに無責任な発言をするんじゃない!アンタが工作員であるかどうかは別として、アンタのアホ発言が他人に健康被害を与えることになるんだ!アホはアホらしく一人で静かにイベルメクチンでも何でも腐るほど飲んで黙っとれ!」byソウルマン
「子宮頸がんワクチン推進企業とイベルメクチン推進企業は同じです」






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズランキング
千葉ロッテマリーンズランキング
ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 0

There are no comments yet.