fc2ブログ
ソウルマン

「国民は国という公共体を装った民間企業に支配されているのである。 そしてこの民間企業は日本の企業ではない。」byソウルマン

「世界の歴史をカネで動かす男たち~国際エスタブリッシュメントの金融支配」①W・クレオン・スクーセン(監訳)太田龍


2005年の書だが、本書自体(原題The Naked Capitalist(裸の資本主義者))は1970年発売の書である。ジョージタウン大学歴史学教授でクリントン前大統領の学生時代の指導教授で「国際秘密ネットワーク」の一員であったキャロル・キグリーが1966年に記した「悲劇と希望(Tragedy and Hope)」(1300ページを超える大著)を基に著者独自の視点で解説された書である。著者は、フーバーの秘書官を含めて16年間のFBI在職、4年間の警察署長、17年間のブリガム・ヤング大学教授という経歴を持つカナダ生まれのアメリカ人文筆家・政治評論家である。複数回に分けて記す。以下、一部引用する。

*「私が思うに、共産主義者の陰謀などというものは、もっと大がかりな謀略の枝葉にすぎない」―
数年前、私にこう語ったのは、アメリカ共産党全国委員会の元メンバーであるベラ・ドッド博士である。
この言葉こそ、キャロル・キグリー博士の著作「悲劇と希望(Tragedy and Hope)」の内容を適切に言い当てている。
ドッド博士がベールに包まれた“超指導力”にはじめて気づいたのは、第二次世界大戦直後にアメリカ共産党が緊急課題への指示をモスクワから、なかなか得られないときのことだった。米国の共産党指導部は、緊急事態が発生するとニューヨークのウォルドルフ・タワーにいる3人のうちの誰かの指令を受けるようにと決められていた。ドッド博士によると、党がこの3人から受けた指令は必ずモスクワから事後承認された。
ドッド博士にとって不可解だったのは、この3人ともがロシア人ではないという事実だった。3人は共産主義者でもなかった。実は3人とも、超富豪の米国人資本主義者だったんだ!
ドッド博士は、「舵取りをしている張本人が誰なのか知りたくてたまらない」と語った。
私にしても、モスクワや北京をはるかに凌ぐ、強力な陰謀支配センターの存在を示す奇妙な出来事を数多く目にしてきた。たとえば、ハリー・デクスター・ホワイト(第二次大戦中の米国財務副長官)がソビエトのエージェントであるとしてFBIに摘発されたとき、ホワイトハウスはすぐさま報告を受けた。しかし、ホワイトは罷免も逮捕もされず、国際通貨基金(IMF)の米国代表部の上級理事に就任した。おまけにかなりの昇給までしたのである。

*米国人所有の銀行が、あちらこちらの社会主義政権に資金援助をしているのはなぜか?
私にはラテンアメリカ政界の内幕に詳しい友人が数多くいるが、彼らは、中南米の左傾化路線を支援しているのが米国の銀行であるという確証を握っていた。まったく理解に苦しむことだ。
ワシントンにおける政治もまた理解に苦しむものだった。高級官僚の地位を「民主的行動のためのアメリカ人(ADA)」と呼ばれる民主社会主義組織の中核メンバーや、排他的な「外交問題評議会(CFR)」のメンバーがほぼ独占しているのはなぜか?大統領はルーズベルト、トルーマン、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソンと替わっても、官僚には変化がない。顔ぶれは入れ替わっても、この二つの組織の成員であることが政府上級職の前提条件なのだ。

*金(ゴールド)の唯一の欠点である重さを解消しようとする努力が何世代間も続けられ、金の価値に対応する紙幣を使うようになった。今日ではそうした紙幣を「金証券」と呼ぶ。
この証券には持参人の要求に応じて金と交換できる価値があるが、紙幣を使うほうが便利なので証券の所有者が交換を要求したためしはなかった。支払いに充てられる証券の一部の量の金だけ手元にあればいいということがすぐに判明した。したがって、残りの金を事業やそれ相応の目的に使うことができた。しかも、証券の量は支払い用に貯えてある金の量よりも多く発行できたー。準備金に対してそれ以上の支払いを請求できる紙幣は現在、「銀行券」と呼ばれている。
供給できる準備高よりも紙幣銀行券に対する需要量が多いということは、銀行家が無から現金をつくりだしていることを意味する。
・・・・・(中略)・・・・・
そのようにして“生み出された”預金あるいは貸付金の実質価値にわずか一部でも口座に預金があればそれなりに生まれることになる。こうして生み出された預金もまた無から資金をつくることができる。銀行家は業務内容を隠したがるが、約束手形の発行あるいは預金貸付はこの範疇に入る。

*連邦準備制度は政府の意向を反映した機関ではないと認識することが重要である。運営上、株式は毎年6パーセントの配当を受け取る12の国立銀行に所有され、利益が上がると財務省に還元されることになっている。大統領が14年任期の連邦準備制度理事会の理事7名を任命する権限をもつが、これは体裁だけで、連邦準備制度理事会は完全に独立した意思決定機関である。任期中に公然と反旗をひるがえされたジョンソン大統領がこの事実を是認した。そして、連邦準備制度の貸出引き締め策について問われたニクソン大統領のデービッド・ケネディ財務長官はこう答えた。「それを認めるかどうか私には権限がない。連邦準備制度の仕事だ」(USニュース&ワールド・レポート、1969年5月5日)
・・・・・(中略)・・・・・
米国の負債は今のところ3720億ドルにのぼる。毎年、米国の納税者はこの負債の利息として200億ドルを負担しなければならない。
・・・・・(中略)・・・・・
キグリー博士はこう言う。「計画の全体的規模をもっとよく知るには、次に述べる銀行家王朝の遠大な目的を理解することだー」

<―各国の政治体制と世界経済全体を支配下におさめることができる民間の力によって、世界的な金融管理制度を創設することに他ならない。この制度は、頻繁な私的協議を重ねて得られる秘かな合意に基づいて世界中の中央銀行が協力し合う、といった封建的な手法を支配原則としていた。この制度の頂点に君臨したのはスイスのバーゼルにある国際決済銀行(BIS)であり、民間企業体である世界中の中央銀行がこの民間銀行を共同で所有し、支配していた。・・・・・(後略)・・・・・




(管理人)
「民主的行動のためのアメリカ人(ADA)」をコトバンクより。

《Americans for Democratic Action》民主的行動のための米国人。1947年に結成された米国のリベラルな政治団体。


英語のウィキはあったが、日本語の記事はウィキを含めて皆無に近い。「外交問題評議会(CFR)」は知る人にはよく知られているが、それに比べてADAの扱いは少なすぎる。これは明らかな情報隠蔽である。ADAは「この二つの組織の成員であることが政府上級職の前提条件」となっているほどの政治権力を持つ組織であるにもかかわらず、検索しても何も出てこないとはどういうことか?一般のアメリカ人にADAのことを知らせたくないのは言うまでもない。さらには日本人には徹底的に隠蔽されている団体である。
さらには、私は以前から指摘していた「事実」が、本書でも証明されている。
「銀行システムが詐欺である」という「事実」が。
この二つの「事実」から、以下の事実証明を記しておく。

1, 官僚システムそのものが詐欺である。

2, 銀行システムそのものが詐欺である。

3, 民主党・共和党のいずれもが、この官僚詐欺・金融詐欺を糾弾しない。

4, 民主党と共和党はグルである。

5, 左右対立は嘘であり、左右協力してアメリカ国民を騙している。


このシステムは、勿論アメリカのみのことではない。
日本も同じである。
日本銀行は日本政府の所有物ではなく、民間の所有物である。

日本銀行どころか、アメリカ政府も、日本政府も、民間企業である。
アメリカ政府も、日本政府も、民間企業であるにもかかわらず、国という公共体であると偽り、利益を目的としていないかのように装い、国民を騙しているのである。
国という公共体を装ったこの民間企業は、その中に対立する政党という名を装った政体を配置し、偽りの左右対立を煽って国民を騙しているのである。

どの政党が選挙で勝利しても、国という公共体を装った民間企業が、企業の利益を目的とした税金という名のカネの収奪を強化することには何も変わらないにもかかわらず。

どの政党が選挙で勝利しても、国という公共体を装った民間企業が、存在していないウイルスの恐怖を煽った詐欺を行ない、ウイルス対策を装って国民のカネを収奪し、治験中の遺伝子組み換え毒ワクチンを国民に打たすことで、国民の生命を奪おうとすることには何も変わらないにもかかわらず。

国という公共体を装った民間企業は、対立する政党という名を装った政体を配置するだけでなく、政権が変わろうと変わるまいと変わらないシステムも配置した。
それが官僚システムである。
本書には「大統領はルーズベルト、トルーマン、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソンと替わっても、官僚には変化がない。」と記されているが、これは日本においても同じである。
政権を自民党が取ろうが、維新が取ろうが、共産党が取ろうが、参政党が取ろうが、総理大臣に誰がなろうが、官僚には変化がない。

国民は国という公共体を装った民間企業に支配されているのである。
そしてこの民間企業は日本の企業ではない。






世界の歴史をカネで動かす男たち~国際エスタブリッシュメントの金融支配



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズランキング
千葉ロッテマリーンズランキング
ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 0

There are no comments yet.