fc2ブログ
ソウルマン

「吉井さん、何故にあなたは沢村と益田にだけは超甘なんですか?」byソウルマン

「マリーンズ、CSファーストステージ突破おめでとう!」




今日は、マリーンズについて書いておきます。
昨日は凄い試合でしたね。球史に残る試合であったことは間違いありません。
昨日の試合の詳細を書く前に、ファーストステージを初めから振り返っておきます。
そして、吉井監督に物申しておきます。

10月14日の第1戦です。
久々の先発である佐々木朗希が3回をパーフェクトに抑え、リリーフ陣も頑張り、8対2でマリーンズが勝ちました。
何故かソフトバンクはシーズンでも活躍していないスチュワート・ジュニアを先発に起用してくれたので、マリーンズの選手は楽に打つことができて大助かりでした。
7番藤原、8番松川、9番中村という“弱い下位打線”を組んだのは不満ですが、他の野手が打ったのと、ソフトバンクの三森のエラー(併殺にされるところを1塁へ悪送球してくれたおかげで2点が入った)のおかげで下位が打てなくても得点できました。
松川は、全然打てなかったが、リードで頑張ったことは評価しています。
何故に初めから外野に岡か和田を起用しないの?
相手の不可解な先発投手起用とエラーのおかげで勝利できたものの、そうでなかったらどうするつもりだったの?
前にも書いたが、“活躍している選手”を使えよ!

10月15日の試合です。
有原を打てず、3対1でマリーンズは負けました。
打てないことには理由があるのです。
それは、7番藤原、8番田村、9番中村という昨日よりも“弱い下位打線”を組んだことです。
下位のうち一人ぐらい打てない打者がいるぐらいならなんとかなりますが、3人ともが打てないようじゃ相手投手はとても楽なのです。
“弱い下位打線”を見て、有原は安心して投げれたことでしょう。
何故に初めから外野に岡か和田を起用しないの?
捕手に佐藤を起用しないの?
これじゃ1点しか取れないはずです。

そして、昨日の10月16日の試合です。
結果としては4対3でマリーンズのサヨナラ勝利となりました。あくまでも結果として・・・
サードにブロッソー、ファースト茶谷、セカンド中村という、不可解な起用でした。
サードは安田でいいんですよ。
守備でも、打撃でも、ブロッソーよりも安田の方が明らかに上ですよ。
茶谷を使うなら、中村を外してセカンド起用するべきですよ。
ファーストは山口でいいんですよ。
山口が打撃不振だから外すのなら、2軍から井上を呼び寄せて起用しろよ。

後半のチャンスでも角中を起用しないで中村をそのまま打たせ、チャンスをつぶしました。
延長10回になって、やっと中村に替えて角中を代打に起用しましたね。
解説者の井口前監督が言ってましたよ。
「あのチャンスのときに角中を使っていたら・・・」と。
本当にその通りですよ。

吉井さん、あなたは、この試合、守りに入ってましたね。
引き分けでも次のステージに勝ち上がれることをいいことに、チャンスでも打つ選手を起用せず、代走にも和田を起用せず、逃げ切ることだけを考えていましたね。
はっきり言って、引き分けを狙っていましたね。
勝利への拘りが全然感じられませんでした。

守りに入っていたわりには、相変わらず“信用のない”“リリーフ失敗を繰り返している”投手をリリーフに起用しましたね。
はい、益田と沢村のことですよ。
益田を9回に投げさせました。今回はめずらしく0点に抑えましたが。
何回も言うが、結果オーライではダメなんですよ。
過去の益田の投球内容を見ている限り、はっきり言って安心できないんですよ。

そして10回、またもや沢村を投げさせましたね。
大先輩の有藤さんの苦言を全く耳に入れようともせず・・・
1アウト後柳町に2塁打を打たれ、生海を打ち取った後、沢村はガッツポーズをしました。
まだ2アウトであるにもかかわらず。
解説者の武田氏が、まだ2アウトであるにもかかわらずガッツポーズをしたことを問題視してましたよ。その通りです。まだ早いのです。
その後、周東に打たれ、ついに0対0の均衡が破れ、1点を取られてしまいました。
続く川瀬には3塁打を打たれ、2点目を取られてしまい、沢村は降板しましたね。
替わった坂本が柳田に打たれ、3点目を取られました。
10回に坂本や中村や東ではなく沢村を登板させたのは、吉井さん、あなたの責任です。
順番を間違えたのではなく、あなたのリリーフ投手の起用自体がどうかしているのです。
何年も投手をしていたにもかかわらず、誰を起用すべきかが全然分かっていません。
選手の「現在の調子や状態」を全く考慮しないでリリーフ投手を起用しています。

黒木投手コーチも同罪です。
監督の起用方法に意見を言うべき立場なのに、言われたとおりに頷くだけのイエスマンに成り下がり、右から左へリリーフ投手を送り出すだけです。
選手の「現在の調子や状態」を全く考慮しないで、“過去の登板回数”のみを基準にリリーフ起用を決めてどうするんですか。

吉井さん、どうやらあなたは、これからも沢村を起用し続けるつもりのようですね。
あなたの頭の中には反省という文字が存在しないようですね。
好投している小島にはリクエスト要求も聞き入れないほど冷たくあたるくせに
ほとんどの投手は打たれたらすぐに2軍に落とすくせに。
何故にあなたは沢村と益田にだけは超甘なんですか?
弱みでも握られているんですか?
益田は同じ和歌山出身だからですか?
沢村は球団に無理言って高い年棒で契約してもらったからですか?
中村を特別扱いしてセカンドで起用し続けるのも、FAを引き留めるために「打てなくてもずっとセカンドで使う」という裏契約を球団に言ってさせたからですか?

私はこれまで何度も言ってますが、すべての選手を平等に起用してもらえませんか?
「ある選手には超甘で、ある選手には超冷淡」といった選手差別はやめてもらえませんか?
こんなんじゃ選手は阿保らしくてやってられませんよ。

はっきり言って10回に沢村が3点を取られた時、「今シーズンのマリーンズは終わった」と思いましたよ。
マトモな選手起用の結果として負けたのなら仕方ないと思いますが、“不可解な投手起用・野手起用”の結果として負けたのならとても納得できませんよ。
“おかしな采配”“不可解な投手起用・野手起用”をくり返し、“勝ちにこだわらない野球”に徹した吉井さん、あなたの“おかしな采配” “不可解な投手起用・野手起用”のおかげでファイナルステージに行けなくなるところだったんですよ。

でも、あなたの“おかしな采配” “不可解な投手起用・野手起用”によって断崖絶壁に追いやられたマリーンズを救ったのは、選手でした。
10回裏、やっと中村に替えて代打に起用された角中は、粘った挙句センター前にヒットを打ち、続く荻野の内野安打でノーアウト1,2累のチャンスをつくり、そのチャンスに藤岡がものの見事に応えてくれました。なんと起死回生の同点3ランを打ってくれたのです。
そしてさらに2アウト後、岡がヒットで出て、途中出場の安田がサヨナラ打を放ったんです。九死に一生を得たマリーンズは、まさかまさかの奇跡の逆転勝利をつかんだのです。

吉井さん、あなたは試合後のインタビューで選手に謝りませんでしたね。
何が投手起用の順番を間違えただ!
選手が頑張ってこの位置までこれたのに、あなたの“おかしな采配” “不可解な投手起用・野手起用”のせいでシーズン終了となる寸前だったんですよ。
本来なら選手に土下座して謝るべきですよ。

何度言ってもあなたは“おかしな采配” “不可解な投手起用・野手起用”を変えないだろうと私はほぼ諦めていますが、頑張ってきた選手が可哀想で仕方ないのです。
ここまで頑張った選手に日本一の美酒を飲ませてあげたいのです。

ダメもとで吉井監督に言っておきます。
「今自分は何をすべきなのか」を今一度振り返り、「どうすればチームを勝利に導くことができるのか」を冷静に考えて見てください。
「自分の選手起用や采配は間違っていないか」を胸に手を当てて考えて見てください。

コーチの皆さんにも言っておきます。
「監督の采配や選手起用にノーが言える勇気を持ってください」と。

そして選手の皆さん、最後の最後まであきらめずに戦ってください。
オリックスを打ち破って、日本シリーズ出場を勝ち取ってください。
再びミラクルを起してくれることを期待しています。

最後に、ミラクルを起してくれた藤岡選手、本当にありがとう。
あなたのあの打撃がなかったら、今シーズンのマリーンズは終わっていました。
マリーンズファンの夢をつなげてくれて感謝します。
マリーンズファンをファイナルステージに連れて行ってくれて本当にありがとう。
これからは「神様、仏様、藤岡様」と呼ばせていただきます。










ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズランキング
千葉ロッテマリーンズランキング
ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 0

There are no comments yet.