fc2ブログ
ソウルマン

「それにしても、プラトン及びソクラテスの時代から「家族制度の廃止」「優生学」「個人所有の廃止(共産主義)」といった「彼ら」の行動計画の“原案”がうたわれていたというのは驚きである。プラトン及びソクラテスの時代とは、紀元前400年前後の時代なんですよ!」byソウルマン

「国家」(上)プラトン (訳)藤沢令夫


日本語翻訳版の本書は1979年発売だが、本書解説には「原本は紀元前375年ごろ(プラトンが50歳から60歳ころ)に書かれた」と記されている。
ウィキによると、「紀元前430年-紀元前421年頃のアテナイ(ギリシャ共和国の首都アテネの古名)の外港ペイライエウスが舞台設定とされている」とのことである。
ウィキによると、「プラトンは、紀元前427年に生まれ、紀元前347年に他界した」と記されている。
本書の主人公はソクラテスだが、ウィキによると、「ソクラテスは、紀元前470年頃に生まれ、 紀元前399年に他界した」と記されている。
プラトンは、ソクラテスの弟子であったのだが、ソクラテスよりも40歳ほど年下であったとのことである。
つまり本書は、プラトンの幼年時代が舞台として設定されており、40歳から49歳ころのソクラテスの発言を中心とした対話形式で書かれているのである。
このことから分かるのは、「まだ幼児であったプラトンが、当時のソクラテスの発言をきちんと覚えているはずがない」ということである。
プラトンは、周囲の関係者からの聞き取りと、弟子としてソクラテスから教わった教えを基に、自分自身の思想・考えを織り交ぜることで本書を執筆したのだろう。
本書の中からソクラテスの気になる発言を引用する。その後で思うところを記す。

*ソクラテス「言葉(話)には二種類あって、ひとつは真実のもの、もうひとつは作りごとの言葉(話)なのではないかね」
「ええ」
ソクラテス「教育はその両方の種類の言葉(話)で行わなければならないが、作りごとの言葉(話)による教育のほうを、先にすべきではないか」
・・・・・(中略)・・・・・
ソクラテス「そのことをぼくは言っていたのだ。体育よりも先に音楽・文芸を手がけるべきだ、というふうにね」
・・・・・(中略)・・・・・
ソクラテス「そうすると、どうやらわれわれは、まず第一に、物語の作り手たちを監督しなければならないようだ。そして、彼らがよい物語を作ったならそれを受け入れ、そうでない物はしりぞけなければならない。受け入れた物語は、保母や母親たちを説得して、子供たちにそういう物語をこそ話して聞かせるようにさせるだろう。そのようにして、手を使って子供たちの身体を丈夫に形づくることよりも、物語によって彼らの魂を造型することのほうを、はるかに多く心がけることになるだろう。しかし、現在語り聞かせてやっている物語の多くは、これを追放しなければならないのだ」

*ソクラテス「神々が神々と戦争したり、策略をめぐらし合ったり、闘い合ったりするような物語も、けっしてしてはならない
・・・・・(中略)・・・・・
神々と巨人たちとの戦いのことを彼らに物語ったり、色とりどりの刺繍に描いたり、その他神々や英雄たちが彼らの親族・身内に行なう、ありとあらゆるたくさんの敵対行為のことにしてもそうだが、みな、もってのほかのことなのだ。

*ソクラテス「アディマントンよ、ぼくと君とは、目下のところ、作家(詩人)ではなくて国家の建設者なのだ。そして国家の建設者としては、作家たちがそれに従って物語をつくるべき、そしてそれにはずれた創作は許してはならないような、そういう規範を知るのが役目だというべきだろう。けっしてわれわれ自身が実際に物語をつくるべきではないのだ」



分かりますよね。この時代から「大衆に対する情報操作」を推進するようプラトン及びソクラテスは考えていたのである。
このプラトン及びソクラテスの指針に従って「彼ら」は行動しているのである。
「大衆に真実は知らせるな」と。
「神々と神々の戦争」や、「神々と巨人たちとの戦い」も、実際にあったのだろう。
神々とは地球外生命体を指しているのだろう。
巨人とはネフィリム(神々と人間の女性との間の子供)のことを指しているのだろう。


*ソクラテス「さらにまた若者たちのなかで、戦争その他の機会にすぐれた働きを示す者たちには、他のさまざまな恩典や褒賞とともに、とくに婦人たちと共寝する許しを、他の者よりも多く与えなければならない。同時にまたそのことにかこつけて、できるだけたくさんの子種がそのような人々からつくられるようにするためにもね」
「正しいやり方です」
ソクラテス「そしてその都度生まれてくる子供たちは、そのために任命されている役職の者に引き渡されてーこの任に当るのは男たちでも女たちでも、あるいはその両方であってもよい。役職もまた、女と男に共通に分けもたれるはずだからね」
「ええ」
ソクラテス「で、ぼくの思うには、すぐれた人々の子供は、その役職の者たちがこれを受け取って囲い[保育所]へ運び、国の一隅に隔離されて住んでいる保母たちの手に委ねるだろう。他方、劣った者たちの子供や、また他方の者たちの子で欠陥児が生まれた場合には、これをしかるべき仕方で秘密のうちにかくし去ってしまうだろう」
「守護者たちの種族が、純粋のまま維持されるべきでしたらね」と彼は言った。

*ソクラテス「そうすると、人々を助け護る任にある者たちの間での、子供と妻女の共有ということは、国家にとって最大の善をもたらす原因であると、われわれに明らかになったわけだ」
「ええ、間違いなく」と彼。
ソクラテス「さらにまたわれわれは、以前に述べた諸点とも一致整合していることになる。なぜなら、われわれはたしか、いっさい自分だけのものとして私有してはならない、国を守る仕事の報酬として他の人々から暮らしの糧を受け取って、みなで共通に消費しなければならない、もし彼らが真の意味での守護者であろうとするならば、とね」
「私たちの言ったことは正しいことでした」と彼。
ソクラテス「ではどうだろう。お互いに対する裁判ごとや訴訟ごとは、彼らの間からいわば消え去ってしまうのではなかろうかー何しろ自分だけの所有物というのは身体一つだけで、その他のものはみな共有なのだからね。このことからして、彼らは、人間たちが金銭や子供や親族を所有することによって起すいっさいの争いごととは、縁のない者たちとなるのではないかね?」
「必ずや、そうしたことから解放されるはずです」と彼は言った。



「家族制度の廃止」「優生学」「個人所有の廃止(共産主義)」が述べられている。
この時代から「グレートリセット」を推進するようプラトン及びソクラテスは考えていたのだろうか?
このプラトン及びソクラテスの指針に従って「彼ら」は行動しているのである。

ただ、「彼ら」がやっていることは、プラトン及びソクラテスの指針そのままではない。
プラトン及びソクラテスの指針は、自分たちエリートの利益のみを優先させるための指針ではなく、国家の利益を優先させるための指針なのである。
「個人所有の廃止」も、決してすべての食物・財物・資源を自分たちエリートだけのものにしてしまおうという指針ではないのである。
「彼ら」は、「自分たちエリートさえ“幸せ”であればそれで良し」という“超自分勝手な理想社会”を実現させるために、プラトン及びソクラテスの指針を“自分たちの都合のいいように捻じ曲げて”取り入れようとしているのである。

しかし、プラトン及びソクラテスの指針には「個人所有を廃止することでいっさいの争いごとなくなる」と述べられているが、そんな主張はデタラメである。
プラトン及びソクラテスの時代から2300年ほど経過して、共産主義国家としてソ連や中国等が誕生したが、ともに実際は党及び権力者の独裁政権であり、国民は奴隷状態に置かれているのである。
プラトン及びソクラテスは騙すつもりはなかったのだろうが、「すべての国民が等しく平等に争うことなく幸福に生きる」なんて話は詐欺師の詭弁以外の何ものでもないのである。

だいたい共産主義をつくったのはロスチャイルドをはじめとした「彼ら」であり、マルクスも、レーニンも、スターリンも、毛沢東も、すべて「彼ら」超資本家の傀儡だったのだから。

それにしても、プラトン及びソクラテスの時代から「家族制度の廃止」「優生学」「個人所有の廃止(共産主義)」といった「彼ら」の行動計画の“原案”がうたわれていたというのは驚きである。プラトン及びソクラテスの時代とは、紀元前400年前後の時代なんですよ!

もう一度言うが、プラトン及びソクラテスの指針と「彼ら」の行動計画は同一ではない。
「彼ら」は巧みにプラトン及びソクラテスの指針を利用したのである。
「彼ら」がバチカンにプラトンの絵画が飾ったのは、キリスト教の乗っ取りを完成させ、キリスト教にプラトン及びソクラテスの指針を融合させ、さらにはキリスト教に融合させたプラトン及びソクラテスの指針を自分たちの都合のいいようにエリート至上主義の教義に置き換えさせることで、知らず知らずのうちに大衆が“「彼ら」の教義”に従うようにさせるためだろう。
キリストやプラトンを装った“悪魔の教義”を大衆に「信仰」させるためだろう。
ジョージア・ガイドストーンが「大衆に向けた人口削減の意思表示の明示」であるように、「アテナイの学堂」は「大衆に向けた奴隷支配の明示」であるのだろう。



評点:60点



プラトン





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズランキング
千葉ロッテマリーンズランキング
ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 0

There are no comments yet.