fc2ブログ
ソウルマン

「今までお前らを騙そうとしていた奴らが、いきなり本当のことを言うわけねーだろ。バカ野郎!」by窪塚洋介

「エリスは多くの災いの母らしいです」


この社会は、「死んでいない人」を「死んでいる」と、「存在していないウイルス」を「存在している」と、「必要のない毒ワクチン」を「必要だ」と、報じる社会であるようです。
だから私は「噓八百のこの世界」と呼んでいるわけです。

https://www.mag2.com/p/news/583963
「まだプリゴジンは生きている」死亡説を覆す証言と“これだけの証拠”
2023.09.10
by 浜田和幸『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』

搭乗していた飛行機が謎の墜落を遂げ、当局のDNA鑑定で死亡が確認された民間軍事会社ワグネル代表のプリゴジン氏。しかしこの情報を巡っては、「大いなる疑問」を差し挟む余地もあるようです。今回のメルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』では国際政治経済学者の浜田和幸さんが、プリゴジン死亡説を覆すに値する「証拠」を列挙。さらにプリゴジン氏が描いているという今後のシナリオを紹介しています。
「プリゴジンは生きている」。ロシアのスパイ養成専門家が明かす真実
ぶっちゃけ、ロシアで起きていることは額面通りに受け取るのは危険なことと思えてなりません。
世界を騒がせたプリゴジン氏の飛行機墜落による事故死も、その最たるものでしょう。
8月23日、モスクワからサンクトペテルブルクに向かっていた自家用ジェット機が墜落し、乗っていた乗客、乗務員計10人全員が死亡したと報じられたものです。
とはいえ、謎だらけの墜落でした。
遺体は損傷が激しく、DNA鑑定によって、からくもプリゴジン氏であることが確認されたとのことでしたが、誰も遺体と対面していません。
出身地のサンクトペテルブルクに建立されたお墓には「エフゲニー・ビクトロビッチ・プリゴジン 1961年-2023年」と木製の十字架に刻まれています。
しかし、遺体がそのお墓に埋葬されたかどうかは誰も確認できていないのです。
この墓地には厳しいチェックを受けて身元が確認された親族が10人ほど、姿を見せましたが、故人の妻らしく振舞っていた女性についても、本当にプリゴジン氏の未亡人なのか、確認する術がありませんでした。
実は、プリゴジン氏には複数の影武者が存在しており、各々に妻の影武者も配置されていたことが知られています。
今回のお墓参りに姿を見せた未亡人らしき女性についても、プリゴジン氏の影武者に付き添っていた偽の夫人ではないかとの指摘が相次いでいる有様です。
以前にもプリゴジン氏の妻の役を演じていたのはボディガードの妻だったことが名前と共に判明しています。
モスクワ国際関係研究所のソロベイ教授は、ロシアにおけるスパイ養成の専門家ですが、彼によれば、「本物のプリゴジンは生きている。彼の腹心の部下たちは殺されたが、プリゴジン本人は難を逃れており、復讐の機会をうかがっているはずだ」とのこと。
なぜなら、今回の墜落事件が起きる数日前、プリゴジン氏はアフリカにいたことが確認されています。
しかも、その時、プリゴジン氏は自ら「俺が生きているのか、死んだのか、疑心暗鬼に囚われているかも知れないが、俺は簡単に死ぬことはない」と語っていました。
先のソロベイ教授曰く「彼はアフリカでの鉱山採掘権を元手に多額のビットコインを自分のものにし、ワグネル潰しに動いた国防部の幹部らを葬り去る仕掛けを準備しているに違いない」。
「恐らく、年内は姿をくらませ、来年の大統領選挙の前には突然、復活し、プーチン大統領を追い落とす秘策を巡らしている」というのです。
ぶっちゃけ、にわかには信じがたいストーリーですが、我々の常識を超えたことがしばしば起きてきたのがロシアであれば、無下に否定することもできません。




https://www.bitchute.com/video/Nll0xKfvvCdC/
アベ劇場




https://www.nicovideo.jp/watch/sm39864478
海外&国内の重要な情報1
窪塚洋介コロナは茶番です。コロナは嘘です。コロナは風邪です、風邪以下です。



https://www.nicovideo.jp/watch/sm40213123
ウクライナやコロナ「全部茶番でしょ!」窪塚洋介
「今までお前らを騙そうとしていた奴らが、いきなり本当のことを言うわけねーだろ。バカ野郎!」



https://news.yahoo.co.jp/articles/8ed604dd1c787968eb97ba941de4c79d5b415a94
新型コロナ患者急増“第9波”か 新変異株「エリス」が拡大
9/11(月)
新型コロナウイルスの患者数が増えています。都内にある病院では感染力が強いとされる新たな変異株、通称「エリス」の割合が増えて一般の医療にも影響が出ています。  新型コロナの感染者数が、いわゆる“第9波”を迎えています。先月28日から今月3日までの1週間に報告された感染者数は全国で10万1289人。医療機関1カ所あたりの平均は20.50人で、5月8日に「5類」に引き下げられて以降、最も多くなっています。  昭和大学病院 相良博典院長:「感染拡大していく強さというのは今、流行しているEG.5は強いんじゃないかなと思っています」  現在、感染が広まっているのは世界保健機関が先月、注目すべき変異株に指定したオミクロン株の新たな系統「EG.5」、通称「エリス」とみられています。  東京・品川区にある昭和大学病院です。コロナ患者が増えるなか、解析の結果、約6割がEG.5だということです。現在、コロナ病床12床に対して5類移行後、最多となる44人が入院しています。  昭和大学病院 相良博典院長:「(入院患者の)7割ぐらいが高齢者かなと思います。通常の医療業務に関してもかなり影響が出てきている。恐らく、かなり市中感染は増えているだろうと思います。まだまだ、もうちょっと増えていくだろうと思います」
感染力がやや強いとされるEG.5。その特徴については…。  昭和大学病院 相良博典院長:「ほとんどが中等症から軽症。重症はそれほど多くない。今、流行しているEG.5に関しては、従来、我々が接種してきたワクチンは効きにくいと思いますので今度、認められた新たなワクチン、それを早めに接種する必要性があろうかと思います」  相良院長は高齢者など重症化リスクの高い人に感染を広げないよう、場面に応じた感染対策を取るよう呼び掛けています。



「EG.5」=「5G」?

https://www.bitchute.com/video/5UBlbRYpU1Ou/
DEW火災 // 5Gファーマキア



エリスとは?ウィキより。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B9_(%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%A5%9E%E8%A9%B1)
エリス(古希: Ἔρις, Eris)は、ギリシア神話の不和と争いの女神である。殺戮の女神エニューオーと同一視される。ローマ神話のディスコルディア(Discordia)に相当する。
ホメーロスの叙事詩『イーリアス』では軍神アレースの妹とされ、ヘーシオドスの『神統記』では夜の女神ニュクスが一人で生んだ娘とされている。ヒュギーヌス『神話集』では夜ニュクスと闇エレボスの娘に不和(ディスコルディア)が生まれたとしている。戦場では血と埃にまみれた鎧を着て槍を持ち、火炎の息を吐く。通常、有翼の女性として描かれる。
エリスは多くの災いの母となり、ポノス(労苦)、レーテー(忘却)、リーモス(飢餓)、アルゴスたち(悲歎)、ヒュスミーネーたち(戦闘)、マケーたち(戦争)、ポノスたち(殺害)、アンドロクタシアーたち(殺人)、ネイコスたち(紛争)、プセウドスたち(虚言)、ロゴスたち(空言)、アムピロギアー(口争)、デュスノミアー(不法)、アーテー(破滅)、ホルコス(誓い)を生んだ。
ウェルギリウスによると、冥界の門の近くには有象無象のオネイロスたち(夢)が絡まるニレの巨樹があり、周りには冥界の神々や怪物たちが住み、血染めの紐で蛇の髪を結んだエリス(ディスコルディア)もそこに住んでいる。





「彼ら」は自分たちのことをオリンピアンズと呼んで悦に入っているようなので、自分たちが捏造した「存在しないウイルス」にこんな名前を付けたのでしょう。エリスは多くの災いの母らしいです。
災いを避けるためには、「存在していないもの」を「存在している」という「彼ら」の魔術(メディア)に騙されないことですね。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズランキング
千葉ロッテマリーンズランキング
ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 0

There are no comments yet.