fc2ブログ
ソウルマン

「それゆえ、これらすべてに次のような同意と、いわばある共鳴があるときには、すなわち、指図すべきものが正しく自らの職務を全うし、二番目の地位のものがこれに従い、最も劣った最後のものがより優れたものたちの言うとおりにするときには、人間の生活のみならず、国と国民の生活も称賛に値する格別に幸福なものとなるであろう」byプラトン

「プラトン『ティマイオス』註解」②(最終回)カルキディウス(訳)土屋睦廣


前回に続く。以下、一部引用する。


*確かに、人間の身体各部は宇宙の身体の秩序に従っている。それゆえ、もし宇宙と宇宙の魂が以下のような秩序をもっているとすれば、すなわち、最も高いところは天体に割り当てられ、天使やダイモーンと呼ばれる神的な能力をもつ者たちの支配下にあるが、大地は地上的なものの支配下にあり、そして天体は命令を下し、天使の能力はそれを実行し、他方、地上のものは支配されることで、第一のものは最も高い場所を占め、第二のものは中間を占めるが、支配下にあるものは最も低い場所を占めるとすれば、それに応じて人間の本性においても、あるものは王に相応しく、あるものは中間に置かれ、第三のものは最も低い場所に置かれる。つまり、命令を下すものは最も高く、行動するものは中間のもので、支配され援助されるものは第三のものである。したがって、魂は命令を下し、胸に置かれた魂の活力は実行し、他の陰部に至る下のものは支配され管理される。
そして、この同じ秩序をわれわれは『国家』の中にも見出す。その書の中で、人間が自分たちに対して用いる正義が探求され、魂の能力が自分の仕事を認識し他のものを欲しないときに正義は力を得ると論じられたときに、彼「プラトン」は一人の人間の気質から国と民衆の明瞭な見本へと議論を避難させて、国民に関する正義を論究する。実際、彼は、その都市の主導的な人たちを最も思慮深く最も賢い者として、都市のより高い場所に住むように命じ、これらの次の場所に、軍隊の武装した若者たちを住まわせ、彼らの下には職人や大衆を置いた。あの者たちは賢い者として指図を与え、軍人は行動し実行し、他方、大衆は適切で有益な援助を提供するようにと。それと同じように魂も秩序づけられていることをわれわれは見る。すなわち、魂の理性的部分は最も賢いものとして、第一の部分、いわば身体全体の城塞の場所を占め、他方、怒りに似た活力は、軍隊の若者たちのように、心臓という陣営にとどまり、欲望あるいは欲念である大衆と職人は、本性上より低い場所に遠ざけられ隠された。
彼「プラトン」は言う。「それゆえ、これらすべてに次のような同意と、いわばある共鳴があるときには、すなわち、指図すべきものが正しく自らの職務を全うし、二番目の地位のものがこれに従い、最も劣った最後のものがより優れたものたちの言うとおりにするときには、人間の生活のみならず、国と国民の生活も称賛に値する格別に幸福なものとなるであろう」。


(管理人)
実に難解な書である。ここに引用したのは、私が関心を示した箇所であり、かつ比較的分かりやすかったごく一部の箇所に過ぎない。
天体に関する箇所など上記の理由から逸れるほとんどの箇所は省略している。
難解な書に挑戦しようという勇気のある方は、是非、本書を手に取って真剣に立ち向かってもらいたい。

一般的に多くの人は、古代の人は、今よりも文化・文明が未発達であり、現代人よりも知的レベルが低いと思っているかもしれないが、それは間違いである。

プラトンにしても、カルキディウスにしても、相当の知識人である。
ただ、知識人であることと、善人であることは、全く別問題である。

本書に書かれている内容が、プラトンによるものなのか、カルキディウスによるものなのか、今一つ判断が難しいが、恐らく、プラトンによるものだろう。
カルキディウスは、プラトンの思考を後押ししているのだろう。
そしてこの思考が現代人の考える善人の思考でないことは間違いないだろう。
この思考を肯定して自分たちの思想信条としているのは誰か?

はい、「彼ら」である。
本書引用箇所から分かる「プラトンから受け継いだ「彼ら」の思考」を記しておく。

その一つは、男女差別を肯定する思考である。
「魂には男女の違いはないが、身体としての存在物としては男性が優れており、女性が劣っている」という思考である。
「肉体的に男性の方が女性よりも力や運動能力が勝っている」というのであれば、例外を除いて頷きはするが、「精神的な点でも男性の方が女性よりも勝っている」という考えは、見当違いも甚だしいだろう。
こういった考えがすべての女性の反発を招くことは、言うまでもない。
具体的証拠を挙げることもなく、このような暴言を語るべきではない。
このような男女差別を肯定する思考は、聖書にも記されている。

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-4896.html
「これらの者(もの)は皆(みな)異邦(いほう)の女(おんな)をめとった者(もの)である。彼(かれ)らはその女(おんな)たちをその子(こ)供(とも)と共(とも)に離縁(りえん)した。」by聖書・エズラ記
「聖書・エズラ記」



「いくら異教徒の女性と結婚することが禁じられているからといって、男性が一方的に女性と離縁することはおかしい。そのような男性優位の思考を示す“神の教え”に従うべきでない。
少なくとも女性は」と私は思います。

もう一つは、私が常々問題視している思考である。
「自分たち1%のエリートのみが「神に選ばれた選民」であり、他の99%の大衆は自分たちが使役する対象である。よって大衆を管理するのは我々の権利であり、我々が必要ないと判断した大衆は除去してもよいのだ。いや除去すべきなのだ。」という思考である。

そしてこの思考が“狂った思考”であることは、言うまでもない。
ここで私が感じるのは、「プラトンの思考とバチカンの思考が非常に似通っている」ことだ。

バチカンにプラトンの絵が飾られている理由は、ここにあるのである。

「彼ら」が信仰する神(悪魔)が、ヤハウェなのか、デミウルゴスなのか、アポロンなのか、オシリスなのか、イシスなのか、バアルなのか、モレクなのか、ミトラなのか、サタンなのか、ルシファーなのか、はたまた別の神(悪魔)なのか、私はよく分からない。
しかし、善良な神でないことは明らかに分かっている。

宗教を信じる皆さん、あなたの信じる神が本当に善良な神なのかどうか、真剣に考えてみてください。
仮にあなたの信じる神が善良な神であったとしても、あなたの信仰を後押しする教会等の組織が本当に善良な神の信仰を勧めているのかどうかも、真剣に調べてください。
もしあなたの信仰を後押しする教会等の組織が、大衆のことよりも1%のエリートの利益を後押ししているようならば、その教会等の組織は邪悪な存在です。
信仰の名のもとに大衆を騙すことを請け負った犯罪組織です。
あなたの信仰を後押しする教会等の組織は、新コロワクチンやコロナ対策を推進していませんか?
間違った教えを推進していませんか?
自分の頭で何も考えることなく、やみくもに信じることで真実が見えなくなるのであれば、その信仰は害悪以外の何ものでもありません。
しかし、自分の頭で何が真実なのかを真剣に考え、その結果、その信仰は真実を伝えてくれていると確信が持てたならば、その信仰は光となるでしょう。


評点:50点



プラトン『ティマイオス』註解



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズランキング
千葉ロッテマリーンズランキング
ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 2

There are no comments yet.

mint

ソウルマンさん

記事の更新、お疲れ様でございます。
とても難解な書なんですね。

>知識人であることと、善人であることは、全く別問題である。
そこは、本当に同感できます。笑

男女の違い、いただいた役割は確かにあると思います。
その本来の姿に近づいた方が幸せだとも思います。

男性は女性の頭であると聖書にはあります。
女性は男性(主人)に従い、主人(男性)は妻(女性)を守るというカタチは
やはり美しいなと思います。
しかし、この終末の世において、ひとりの人はそのままでいられるのなら(姦淫の罪を避けれるのならば)そうしなさいとあります。
そこからも、壮絶な時代に生きているなと思っています。

今日下記の映像を見たのですが、衝撃的でした。

 https://www.bitchute.com/video/5UBlbRYpU1Ou/

いよいよ心を強く持って生きなければと思う、週の始まりでした!

2023/09/11 (Mon) 14:17
ソウルマン

ソウルマン

Re: タイトルなし

mintさん

>
> 記事の更新、お疲れ様でございます。
> とても難解な書なんですね。
>
> >知識人であることと、善人であることは、全く別問題である。
> そこは、本当に同感できます。笑


アホなのも困りますが、悪意に満ちた知識人も許せませんね。


>
> 男女の違い、いただいた役割は確かにあると思います。
> その本来の姿に近づいた方が幸せだとも思います。
>
> 男性は女性の頭であると聖書にはあります。
> 女性は男性(主人)に従い、主人(男性)は妻(女性)を守るというカタチは
> やはり美しいなと思います。
> しかし、この終末の世において、ひとりの人はそのままでいられるのなら(姦淫の罪を避けれるのならば)そうしなさいとあります。
> そこからも、壮絶な時代に生きているなと思っています。



いい意味での男女の違いであれば問題ないんでしょうがね・・・


>
> 今日下記の映像を見たのですが、衝撃的でした。
>
>  https://www.bitchute.com/video/5UBlbRYpU1Ou/
>
> いよいよ心を強く持って生きなければと思う、週の始まりでした!


「彼ら」は暴露するのが好きなようですね。相も変わらず。
5GにDEW・・・。強い心と冷静な頭をもっていないと、なかなか生きづらい世界のようですね。

2023/09/12 (Tue) 09:09