トップミュージシャンに愛された本物のミュージシャン、 Arthur Alexander - ソウル・ファンク・ゴスペル・ドゥーワップ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

トップミュージシャンに愛された本物のミュージシャン、 Arthur Alexander

「ADIOS AMIGO:A TRIBUTE TO」ARTHUR ALEXANDER

1993年に他界したアーサー・アレキサンダーを偲んで英国のトップ・ミュージシャンを中心に翌年の1994年に発表したトリビュートアルバムである。
その参加ミュ-ジシャンの名を挙げたたけでまさに驚かされる。バーズのロジャー・マッギン、エルビス・コステロ、ロバート・プラント、グラハム・パーカー、マーク・ノップラー、ニック・ロウ、ゲイリー・U.S.ボンズ、ダン・ペン&ドニー・フリッツといった面々だ。いかにアーサーがトップ・ミュージシャンに愛されていたということが一目瞭然である。内容はどの曲も素晴らしい。タイトル曲である「アディオス・アミーゴ」をアーサーと共作したドニー・フリッツは「彼は兄弟のような存在であり、とても愛していた。彼を失って本当にさみしい」と、恋人を失った人間のように嘆いている。
ちなみに先に亡くなったため参加することができなかったが、もし存命であったなら必ず参加していたであろうミュージシャンは、他ならぬジョン・レノンであっただろうと推察する。













評点:90点

(参考記事)
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-469.html
楽器を弾かないにも関わらず作詞・作曲ができるミュージシャン、Arthur Alexander

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-480.html
After the Rain 雨の後で・・・、IRMA THOMAS





Adios Amigo: Tribute to Arthur AlexanderAdios Amigo: Tribute to Arthur Alexander
(1994/07/26)
Various Artists

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。