人間は虫のようなものだ。あまりに増えすぎる。 - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

人間は虫のようなものだ。あまりに増えすぎる。

「イルミナティの人口削減計画促進シンクタンク、ローマクラブの正体」


昨日、NHKスペシャル「緒方貞子~戦争が終わらないこの世界で~」が放送された。
緒方貞子とは。(ウィキより)


緒方 貞子(おがた さだこ、1927年9月16日 - )は、日本の国際政治学者。学位は、博士(政治学、カリフォルニア大学バークレー校)。上智大学名誉教授。独立行政法人国際協力機構理事長、国連人権委員会日本政府代表、国連難民高等弁務官、アフガニスタン支援政府特別代表を歴任。
経歴[編集]
生い立ち[編集]
1927年9月16日、東京府東京市麻布区(現東京都港区)に外交官・元フィンランド特命全権公使の中村豊一・恒子夫妻の長女として生まれる。父の転勤で幼少期をアメリカ・サンフランシスコ、中国・広東省、香港などで過ごす。
小学校5年生の時に日本に戻り、聖心女子学院に転入、聖心女子大学文学部英文科を卒業。その後、父の勧めでジョージタウン大学およびカリフォルニア大学バークレー校の大学院で学び、政治学の博士号を取得した。
研究活動[編集]
国際基督教大学準教授、上智大学教授を歴任する。在籍中は上智大学国際関係研究所長や外国語学部長などを務めた。
公的活動[編集]
1968年、国際基督教大学講師を務めていた時に、参議院議員を務めていた市川房枝の訪問を受けて、市川から「今年(1968年)の国際連合総会日本代表団に加わって戴きたい」と要請される[1]。これが契機となって緒方自身は国際連合の仕事に関わるようになる[2]。
国連公使、国際連合児童基金執行理事会議長、国連人権委員会日本政府代表、第8代国連難民高等弁務官(1990-2000年)他を務める。2001年からアフガニスタン支援政府特別代表、2003年から国際協力機構(JICA)理事長。天皇家からの信頼も厚い[要出典]。
2002年、外務大臣田中真紀子の更迭時にはその後任に推す声もあった。2007年11月のデイヴィッド・ロックフェラー来日時には、回顧録出版記念パーティーの発起人を務めた。
人物[編集]
カトリック信者。
家庭・親族[編集]
曽祖父は元内閣総理大臣の犬養毅で、祖父は外交官で犬養内閣外相の芳沢謙吉。母・恒子は元共同通信社長の犬養康彦や評論家の犬養道子、エッセイストの安藤和津の従姉にあたる
夫・緒方四十郎(元日本銀行理事)は、朝日新聞社副社長や自由党総裁、副総理をつとめた緒方竹虎の三男である。緒方姓は竹虎の祖父・郁蔵(本姓大戸氏、備中(岡山県)出身)が緒方洪庵と義兄弟の盟を結びその姓を名乗らせたことに始まる。息子の緒方篤は映画監督。


いやはや、輝かしい経歴をお持ちのかたのようだ。
気になった点を纏めてみる。


1、<上智大学名誉教授>
  聖心女子学院、ジョージタウン大学もそうだがイエズス会系である。

2、<市川房枝の訪問を受けて、国際連合の仕事に関わるようになる。>

3、<デヴィッド・ロックフェラーと親交有り。>

4、<夫・緒方四十郎(元日本銀行理事)は、朝日新聞社副社長や自民党総裁、副総理をつとめた緒方竹虎の三男である。>

緒方竹虎とは。(ウィキより)

緒方 竹虎(おがた たけとら、1888年1月30日 - 1956年1月28日)は、日本のジャーナリスト、政治家。朝日新聞社副社長・主筆、自由党総裁、自由民主党総裁代行委員、国務大臣、情報局総裁、内閣書記官長、内閣官房長官、副総理などを歴任。栄典は正三位勲一等旭日大綬章。三男の緒方四十郎は元日本銀行理事。
緒方は1922年7月に帰国すると朝日新聞社幹部に温かく迎えられ、同月大阪朝日新聞社東京通信部長、翌1923年4月東京朝日新聞社整理部長、同年10月政治部長、1924年12月支那部長兼務、1925年2月、37歳で東京朝日新聞社編集局長兼政治部長兼支那部長と出世街道を走り、1928年5月取締役、村山龍平社長没後の主筆制採用で1934年4月東京朝日新聞社主筆、同年5月常務取締役。そして1936年の二・二六事件までは下村宏副社長が東京朝日新聞社の責任者だったが、下村副社長が広田内閣組閣に際して退社したため(拓務大臣として入閣しようとしたが、陸軍が拒否)、同年4月、緒方が後任の代表者となった[4]。
さらに二・二六事件後に緒方の構想による筆政一元化で同年5月朝日新聞社主筆、代表取締役専務取締役となった(専務取締役は1940年8月に辞任)。1940年8月には編集総長を置いて美土路昌一をこれに当てて東京本社、大阪本社、中部本社(現名古屋本社)、西部本社の4社編集局を統括させ、編集会議を設置して緒方主筆が議長となり、討議の上、社論を決め、全責任を主筆が負うことにした。緒方は外部に対して朝日を代表する者と見られ、一切の責任を追う立場になった。
近衛文麿のブレーン組織である昭和研究会には、緒方の承認の下、前田多門、佐々弘雄、笠信太郎、尾崎秀実ら中堅・若手論説委員や記者が参加しており、緒方自身も第2次近衛内閣期の新体制準備委員として新体制運動に積極的に関与した。しかしその中から、緒方が可愛がっていた尾崎秀実が1941年10月にゾルゲ事件で逮捕されたことは、緒方派に大きな打撃を与えた。

朝日新聞社退社後、小磯内閣に国務大臣兼情報局総裁として入閣した緒方は、一方で「言論暢達」政策を採り、他方で編集責任者に対して新聞社に許される自主性の大枠に関する内面指導を行った。このような緒方の新聞指導は、情報局総裁たる緒方が戦局に関する十分な情報を入手していることを必要としたが、実際には陸軍の非協力などにより叶わなかった。情報政策の担い手たる情報局が、何ら自前の情報収集源を持てなかったことは致命的だった。

なお、緒方は政界復帰前の1952年4月、吉田茂、村井順とともに、アメリカのCIA、イギリスのMI5、MI6などを参考にして、内閣総理大臣官房に「調査室」という小さな情報機関を設立した[10]。これが現在の内閣情報調査室の源流である。緒方は、これとは別に強力な情報機関、いわゆる日本版CIAを新設する構想を持っており、吉田内閣入閣でこの構想は一挙に表舞台に登場したが、国会や外務省、世論の激しい批判を浴び、第5次吉田内閣の下で内調の拡充・強化を図るにとどまった。しかし、このときの緒方の動きを、アメリカCIAは高く評価した
アメリカ国立公文書館におけるCIA文書の公開により、CIAが緒方政権擁立のために積極的な工作を行っていたことが明らかになっている[11]。
一橋大学名誉教授加藤哲郎、同山本武利、立教大学兼任講師吉田則昭らによると、日本版CIA構想で緒方を高く評価したアメリカCIAは1955年、鳩山総理大臣がソ連との国交回復に意欲的なうえ、ソ連が左右両派社会党の統一を後押ししていると見て、日本の保守勢力の統合を急務と考え、鳩山の後継総理大臣候補に緒方を期待。緒方に「POCAPON(ポカポン)」の暗号名を付け、緒方の地方遊説にCIA工作員が同行するなど、政治工作を本格化させた。同年10~12月にはほぼ毎週接触する「オペレーション・ポカポン」(緒方作戦)を実行し、「反ソ・反鳩山」の旗頭として総理大臣の座に押し上げようとした。
緒方は情報源としても信頼され、提供された日本政府・政界の情報は、アレン・ダレスCIA長官に直接報告された。緒方も1955年2月の衆院選直前、ダレスに選挙情勢について「心配しないでほしい」と伝えるよう要請。翌日、CIA担当者に「総理大臣になったら、1年後に保守絶対多数の土台を作る。必要なら選挙法改正も行う」と語っていた。だが、自由民主党は4人の総裁代行委員制で発足し、緒方は総裁公選を前に急死。CIAは「日本及び米国政府の双方にとって実に不運だ」と報告した。ダレスが遺族に弔電を打った記録もある。結局、鳩山が初代自由民主党総裁に就任。CIAは緒方の後の政治工作対象を、賀屋興宣や岸信介に切り替えていく。


また、個人名のウィキペディアには記載されていないが、私が一番不審に感じているのはローマクラブと彼女の関わりである。池田大作や松浦晃一郎(ユネスコ第8代事務局長)と並んで、緒方貞子はローマクラブの日本人の名誉会員となっている。
ローマクラブとは。(ウィキより)

ローマクラブ(Club of Rome)は、スイスのヴィンタートゥールに本部を置く民間のシンクタンク
イタリア・オリベッティ社の会長であったアウレリオ・ペッチェイ(Aurelio Peccei)[† 1]とイギリスの科学者で政策アドバイザーでもあったアレクサンダー・キングが、資源・人口・軍備拡張・経済・環境破壊などの全地球的な問題に対処するために設立した。世界各国の科学者・経済人・教育者・各種分野の学識経験者など100人からなり、1968年4月に立ち上げのための会合をローマで開いたことからこの名称になった。1970年3月に正式発足。1979年にFEMAを設立。FEMAはローマクラブが設立した機関。「環境保護主義者」を動かしているのはローマクラブの代表機関であるアスペン研究所であり、彼らがアトランティック・リッチフィールドやその他の大手石油会社から莫大な資金援助を受けている。
本部は2008年にドイツのハンブルクからスイスのヴィンタートゥールへ移転した[1]。
定期的に研究報告を出しており、デニス・メドウズらによる第一報告書『成長の限界』[2](1972年)では現在のままで人口増加や環境破壊が続けば、資源の枯渇(あと20年で石油が枯渇する[† 2])や環境の悪化によって100年以内に人類の成長は限界に達すると警鐘を鳴らしており、破局を回避するためには地球が無限であるということを前提とした従来の経済のあり方を見直し、世界的な均衡を目指す必要があると論じている。その続編『限界を超えて-生きるための選択』(1992年)では、資源採取や環境汚染の行き過ぎによって21世紀前半に破局が訪れるという、更に悪化したシナリオが提示されている。その後も環境・情報・経済・教育などをテーマとした報告書が引き続き刊行されており、日本語版はダイヤモンド社から刊行されている。
近年の動向としては、「世界発展のための新しい道」として環境問題など五つの分野で提言を行なっている[3]。2007年には、OECD、欧州議会、WWFと共同で「Beyond GDP」という会議が開催され、進歩と富と幸福を計る尺度について議論が交わされた[4]。2008年11月にはローマクラブ創設40周年の会議がスイスで開催され、スイスの氷河の後退など地球温暖化の脅威に関する報告などがあった[5]。

ジョン・コールマン氏の「300人委員会 凶事の予兆」にからの抜粋。

ローマクラブは新世界秩序のプロジェクトのひとつであって、新暗黒時代といわれる「世界人間牧場」計画への速やかな移行を促進するために計画された。
ローマクラブの最古参メンバーは、ヨーロッパのいわゆる「黒い貴族」だ。

最初のワシントンでの会議を受け、1980年12月5日に補足会議が開かれた。この会議では、ローマクラブの「グローバル2000レポート」、すなわち世界的な大量殺戮計画が承認され、受け入れられた。このレポートは西暦2010年までに25億人以上を殺せというもので、そこから「グローバル2000」というタイトルがついている。第二回会議では、安楽死肯定政策が、老齢人口の増加を抑える手段として採用された。また、ラッセルの使った「ムダ飯食い」ということばが熱狂的に支持され、ローマクラブから「必要以上の余剰」と見られている数十億人を表すキーワードとなった。
1982年3月にパリで開かれたローマクラブの補足会議で、創設者アウレリオ・ペッチェイは次のような発言をした。
人間は虫のようなものだ。あまりに増えすぎる。・・・民族国家という概念を考え直すときだろう。民族国家は世界文化の障害になっている。キリスト教は高慢な人間と商業主義社会を生み出すが、そこから生まれるのは、死んだような文化とクラシック音楽だけだ。これは抑圧の印だ」
ペッチェイは、人類は天地創造の際のある種のアクシデントであり、世界人口の大半は不要である、そういった人間の考えを考慮に入れる必要はない、と言う。これは、エジプト、ユダヤ、シリアなど古代世界の各地でさかんにおこなわれた、オカルト神権政治の考え方だ。そのなかでは、ディオニソス・カルトが非常に重要な役目を果たしていた。
ローマクラブの数次にわたる会合から、彼らの狙いと目的がはっきりと見えてくるだろう。それは、世界から産業の発達をなくしてしまうこと、科学研究を止めさせること、都会の、特に北米の旧工業都市の人口削減すること、人口を農村地帯へ移動させること、世界人口を二十億以上間引くこと、ローマクラブの計画に反対する政治勢力を再結成させないこと、大量解雇・失業と階級・人種間戦争で米国を不安定化すること、そして高金利とキャピタルゲインへの重課税で資本投資の意欲をつぶしてしまうことだ。

ローマクラブの狙いと目的は何か。本質的には1848年の共産党宣言にしたがったものであり、性格と起源は社会主義であり、動機にはグノーシス派、カルデアの黒魔術、薔薇十字思想、イシス=オシリス、ディオニソス、悪魔崇拝、オカルト神権政治、ルシファー信仰、フリーメーソンなどの暗黒の霊的な力が働いている。西洋キリスト教文明の転覆が、ローマクラブの活動の中でも優先事項だ。あらゆる国の国家主権の破壊がこれに続き、さらに数十億人の抹殺も、ローマクラブが目指す上位にある。ペッチェイの考え方では、民族国家、個人の自由、宗教、表現の自由は、新世界秩序の長靴の下で粉々に踏み砕かれなければばらない。ローマクラブが設立されたのは、それを可能な限り短い時間で達成するためだ。ローマクラブの課題は、すでに西洋キリスト教文明を終わらせるために活動していた数多くの社会主義組織を、ひとつの組織の傘下にまとめあげることだった。
ローマクラブが直面している問題は、日本の失業が米国のレベルにまで達したときに確実にくるであろう反動にどう対処するかだ(残念ながらわたしの推測は適中してしまった)。日本人が、米国の労働者がすでにしているように、黙って、おとなしく失業を受け入れ続けることはないだろう。日本という国を破壊するのは難しい。だが、毒を少しずつ、きっちり分量を計って広めていくことで、日本での革命を達成できるとローマクラブは考えている。それは大衆を立ち上がらせないような、ことばを換えれば、米国型のモデルを使って、日本への攻撃を継続しようということだ。


緒方貞子氏について整理してみる。
まず、イエズス会については前にも触れたが、キリスト教を装った実際はユダヤ・カバラ教であることはほぼ間違いない。イルミナティの別名と言ってもいいだろう。ザビエルの頃から日本に深く浸透し、皇室にも強い影響を与えている。緒方氏はこのイエズス会にどっぷりとはまっているらしい。
市川房枝については、婦人参政権を求める運動をしておきながら戦争遂行に協力する行動をとっている。以前、ロッフェラーが「ウーマンリブは我々が作ったのだ」と語る動画を紹介したが、その日本におけるフェミニズム運動の先駆者であったようであり、かなり怪しさを感じる。その市川房枝から国連の仕事を紹介された、というのはこれまた怪しさを感じざるをえない。
そして、デヴッド・ロックフェラーがイルミナティの中核人物であることは疑いようのないことである。
さらに強烈なのは、暗号名ポカポンというコードネームのCIA工作員であった緒方竹虎を祖父に持つということだ。自分のことではない、と主張されるとは思うが、彼女の育った環境は一般人のそれとはあまりにかけ離れている。彼女がこれだけの“素晴らしい”肩書きを持っておられるのは、彼女の努力も当然あるだろうが、この特殊な家系による理由がかなりあるだろうと推測する。
それから極めつけなのは、彼女があのローマクラブに関わった限られた日本人であるという事実だ。どうやらローマクラブという組織は、イルミナティの別働隊というか、その中でも「超ラジカルな人口削減促進部隊」のようなものであるらしい。
ジョン・コールマンの本は2000年の書だが、彼らの邪悪な計画が着々と実行されていることは火を見るより明らかである。特に腹の立つ話だが、最後の「日本破壊計画」については、「派遣労働の拡大による実質失業者の増加」、「TPP」、「遺伝子組み換え食品」、「3.11人工地震」と、彼らの計画通りに“こと”が進んでいると思われる。
NHKスペシャルのテレビでは、「ユーゴスラビアにおいて、クルド人を難民扱いとしみなして救った」とか、「内戦で苦しむルワンダの子供を救った」とか、美化された放送内容だったが、緒方さん、「あなたの真実は何なんでしょうか?」と、問いかけたい。番組の報道通りの「平和的・奉仕的な活動」を終生されておられたのなら、何故にコールマン氏曰く“人口削減を推進するオカルト組織であるローマクラブ”の名誉会員でおられるのか、納得のできる回答をもらいたいものだ。
最後に、ローマクラブに関する動画を紹介する。


https://www.youtube.com/watch?v=-O9tcJpZDa4

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。