fc2ブログ
ソウルマン

「I Wanna Be Your Man」The Rolling Stones、The Beatles

今日の1曲は、「I Wanna Be Your Man」です。
作詞・作曲はジョン・レノンおよびポール・マッカートニーで、1963年にローリング・ストーンズの2作目のシングルとして発売され、全英シングルチャートで最高位12位を記録しました。
以下、ウィキより。

1963年9月にローリング・ストーンズのマネージャーであるアンドリュー・オールダムは、偶然レノンとマッカートニーと遭遇し、2人をローリング・ストーンズのリハーサルに招いた。当時オールダムは、『カム・オン』に続くシングルを発売するために必死になっていた時期で、オールダムはレノンとマッカートニーに「ストーンズにふさわしい曲はないか?」と尋ねた。そこでレノンとマッカートニーは「まだ完成してないけど、ピッタリの曲がある」と返し、ローリング・ストーンズのメンバーの前で本作を演奏した。ストーンズのメンバーは「これは俺たちのスタイルだ」と気に入り、2人はその場で本作の仕上げにかかった。
それから3週間後の10月7日に「彼氏になりたい」のレコーディングが行われた。ジョーンズはグレッチ・アニバーサリーでソロを弾いたほか、スライド・リフを弾いている。なお、ジョーンズはバッキング・ボーカルも担当しており、ローリング・ストーンズの楽曲でジョーンズだけがバッキング・ボーカルを担当した数少ない楽曲の1つとなっている。


ジョンとポール作の曲を先にストーンズが歌っていたんですね。
長年ストーンズのファンをしていたつもりでしたが、全然知りませんでした。
そのローリング・ストーンズのヴァージョンです。



ビートルズがセルフカバーしたヴァージョンです。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 0

There are no comments yet.