fc2ブログ
ソウルマン

「国家が後押ししていることをいいことに、平気の平左でカネのためにインフォームドコンセント違反をし続けてきた医療従事者(という名の悪魔従事者)を決して許してはならない」byソウルマン

<「噓八百のこの世界」アーカイブ特集>

「国家ぐるみのインフォームドコンセント違反」が世界中で繰り広げられてきた(いや、現在も行われている)結果、アメリカやオーストラリアでは医療従事者(という名の悪魔従事者)が訴えられようとしているようです。

(日本や世界や宇宙の動向)さん
https://wisdomkeeper.livedoor.blog/archives/52081853.html
2/18-その2Covidワクチンの法的責任免除についてオーストラリアや米国で興味深い動きがあります。

アイダホ州のジュディ・ボイル下院議員とタミー・ニコルズ上院議員(どちらも共和党)は、実験的なmRNACovidワクチンの投与を違法行為とし、これらのワクチンを基本的に法的に禁止する下院法案154を発起しました。

法案には、アイダホ州ではmRNAテクノロジーを使用して開発されたワクチンを人間や哺乳類に提供したり投与することを禁止すると明記されています。
ニコルズ上院議員は、ファイザー社とモデルナ社のmRNAワクチンに対する法的責任、インフォームドコンセントそしてデータもないと述べました。彼女は、これらのワクチンが敏速に承認されたことに問題があると述べました。この法案が可決された場合、この法律を犯した人は軽罪で有罪になります。

KTVBによると、ニコルズ上院議員は2月15日の下院保健福祉委員会にて新しい法案を提出しました。
この法案が議会で可決されたなら、2023年7月1日に法律が発効されます。

KTVBによると:
ニコルズ上院議員は委員会でのプレゼンテーションで、「これが迅速に承認されたことが問題である。」と述べました。

ニコルズ上院議員は、ファイザー社とモデルナ社のmRNAワクチンに対する法的責任、インフォームドコンセントそしてデータもないと述べました。


メディアは報じていませんが、これは、市民にCovidワクチンを注射してきた医師、看護師に関する非常に重要な動きがあります。医療従事者らは、Covidワクチンに関して接種者に健康被害や死者が出ても法的責任は免れると伝えられてきましたが、オーストラリアでは大きな変化が起きています。

2023年1月11日にオーストラリアの医師会は、Covidワクチン接種に関して接種者に何等かのダメージが生じた場合、政府はCovidワクチンを注射した医療従事者を法的に守るようなことはしないと正式に発表しました。

つまり、医療従事者らは今回のワクチン接種で起こり得る副作用や後遺症をインフォームドコンセントで接種前に患者にきちんと伝えるべきだったがそれを怠っていた場合、法的責任が生じるということです。




やっとこさ、この国にも、この問題(「国家ぐるみのインフォームドコンセント違反」)に声を上げる人が出てきました。この方は「いまからでも遅くはない。新型コロナワクチンの接種を回避することを推奨したい。」とおっしゃっているが、はっきり言って遅すぎる。しかし、いまだになんにも言わない人間よりはずっと評価できる。

(植草一秀の『知られざる真実』)さん
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2023/02/post-b02ba5.html
2023年2月16日 (木)
史上空前の薬害被害

いまからでも遅くはない。

新型コロナワクチンの接種を回避することを推奨したい。


実際にワクチン接種に際して被接種者は「同意書」に署名した上で接種を受けている。
同意書の内容はどのようなものか。

自治体は接種に際して次のように説明した上で接種を行っている。

「ワクチンの接種は強制ではありません。接種する前にしっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り、接種を行います。

ワクチンの接種を受ける方には、接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種を受けていただきます。

同意がないまま、接種が行われることはありません。」

この同意書への署名の重みを正確に理解している人は驚くほどに少ない。

ワクチンによって発生する薬害の責任は「接種希望書」に署名した本人のものとして、接種を受けた個人に負わされることになる。

政府は正規の薬事承認を受けたものではない新型コロナワクチン接種を熱烈推進してきたが逃げ道を残している。

「接種希望書」への署名を必須として、いざ薬害が顕在化したときにはその責任を、接種を受けた個人に押し付ける仕組みを周到に備えている。

しかし、医療において重視されるのは「インフォームド・コンセント」。

「インフォームド・コンセント」とは、医療行為を受ける前に、医師および看護師から医療行為について、わかりやすく十分な説明を受け、それに対して患者が疑問を持つ場合には疑問を解消し、内容について十分納得した上で、その医療行為に同意すること。

新型コロナワクチンで「インフォームド・コンセント」の重要性がどれだけ語られただろうか。




私は「国家ぐるみのインフォームドコンセント違反」が行われていることをずっと前から糾弾していました。国家が後押ししていることをいいことに、平気の平左でカネのためにインフォームドコンセント違反をし続けてきた医療従事者(という名の悪魔従事者)を決して許してはならない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!147」


まずは、この記事を↓

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202203160000124.html
ワクチン未接種?ヤンキースのアーロン・ジャッジがホームでプレーできない可能性 地元報道

2022年3月16日

ニューヨーク・デーリーニューズ電子版は15日、ニューヨーク市の民間企業職員への新型コロナウイルスワクチン接種義務がヤンキースとメッツの選手にも適用されると報じた。ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(29)はワクチン未接種だと伝えられており、このままでは本拠地ヤンキースタジアムでプレーできない可能性が懸念されている。
ニューヨーク市の規定は、今後のコロナ禍の状況により緩和される可能性があるが、現在、同市ブルックリンに本拠地を持つNBAネッツのカイリー・アービングが宗教上の理由で接種していないため、ホームの試合に出場できない状態が続いている。
同紙の報道によると、ヤンキース打線の主力の複数がワクチン未接種だという。球団は市に対し、屋内スポーツと屋外スポーツの違いを考慮してもらえるよう働き掛けているという。4月7日(日本時間8日)の開幕までの解決を目指す見通し。
地元メディアによると、ジャッジはこの日の会見でワクチン接種の有無を問われ、回答をさけたという。
MLBは、新労使協定でワクチン未接種により試合に出場出来ない場合は、その分の報酬が払われず、メジャー登録日数も加算されないという規定を盛り込んだ。今季は、ブルージェイズの本拠地があるカナダ・トロントに遠征する場合、未接種では入国できず、試合に出場できない。






これおかしくないですか?
どう考えてもおかしいでしょう。
「おかしくない」と感じるあなたの頭の中、おかしくなってませんか?
こんなおかしな頭の中の人間だらけになってしまっている今の社会、おかしくないですか?
この記事がおかしいことはわざわざ説明する必要はないと私は思うのですが、社会がおかしくなってしまっているようなので、一応説明しておきます。

問題となっているのは、「ヤンキースのアーロン・ジャッジという選手が新コロワクチンをしていない」ということだけでしょ。
何故、野球選手が新コロワクチンを打っていないことを、これだけ問題視するんですか?
コロナ脳の人間から声が聞こえてきそうである。

「そんなん当たり前やろ。今はコロナが蔓延しているんや。ワクチンするのは国民の義務やろ。ワクチン打たへん奴のせいで俺らがコロナに感染してしまうやないか。ほとんどの国民はワクチン打ってるんや。国民全員にワクチンを義務化させるべきやで」


怖っ・・・・

言っておきますが、私は「関西人がアホや」と言っているのでは決してありません。
「俺ら関西人はここまでアホとちゃうぞ!」と感じた関西人の方、怒らんといてね。
私も関西人なんで、こんな語り口調が頭に浮かんでくるだけですから。
でも、「俺ら関西人はここまでアホとちゃうぞ!」と感じた人は「マトモな関西人」ですね(笑)

ところで今の社会、こんな考えの人間がほとんどなんでしょうか?

「そんなことはない」と思いたいのですが、マスクをすることにも何の疑問も感じていないように見える周囲の人間を見ていると、「こんな人間ばかりなのかな」と感じたりもします。
「コロナ騒動が何物なのか」ということは私はこれまで「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!」というタイトルでこの記事を含めて147個も書いているので、順番に“素直な心”で見てもらえたら子供でも理解できると思うんですが。
上記のような考えの人間はそのような“努力”はしそうにないですし(個人的には見てほしくないとも思っています)、何を言っても無駄でしょう。
はっきり言ってこのような人とは関わりたくないんですが、このような“特殊な思考”の人間のせいでこちらに被害が来るのは堪えがたいことなんですよ。

誰かさんの「堪えがたきを堪え」じゃないですけど・・・

この記事に戻りますが、新コロワクチンを打っていない野球選手は「このワクチンと言われているものが何物なのか」ということを理解している「マトモな人」なんでしょう。
その「マトモな人」が、「マトモでない人」に叩かれ、辛い想いをしているのです。

これ他人事じゃないですよね。

この社会は、表向きは、「差別はいけない」とか、「人権を尊重しろ」とか、「子供の権利」とか、「なんたらハラスメント」とか、「インフォームドコンセント」とか、さも“優しい社会”であるかのように思わせていますが、その実は「何が入っているかも分からない、毒物である酸化グラフェンが入っている噂もある、チップが入っているという噂もある、遺伝子組み換えであることが分かっている、効果と言われるものがないことも分かっている、ワクチンでさえないことも判明している、もうすでに死亡者を含めて重大な健康被害が相当数出ている“治験中の正体不明の注射”」を、ここに書いたような「国民が知るべき情報」を国民に一切伝えず、「インフォームドコンセント」も全くせず、首相自ら「1日100万回接種」などといった恐ろしい台詞を吐いて推進しているのである。

“治験中の正体不明の注射”の費用は、我々の税金を問答無用に強奪して勝手に使っている。野党も山本太郎も何一つ文句も言わない。

これ“優しい社会”に見せかけた”ファシズム社会”じゃないのですか?

「このような社会はおかしい」「このワクチンと呼ばれるものはおかしい」「こんなものを私は打ちたくない」「そもそもこのコロナというウイルスは存在証明が無いじゃないか」「仮に存在していたとしても、全くと言っていいほど実害を受けていない子供にまで新コロワクチンを打たせるというのは狂気の沙汰だ」と考えている「マトモな人」を、社会が束になって袋叩きにしているのである。

この社会、おかしくないですか?

「MLBは、新労使協定でワクチン未接種により試合に出場出来ない場合は、その分の報酬が払われず、メジャー登録日数も加算されないという規定を盛り込んだ。」とのことですが、これメチャクチャじゃないですか?
労働組合は何を考えているんですか?
本当に選手のための組合なんですか?
明らかに「マトモな考えを持った選手」に不利な“新労使協定”じゃないのですか?
MLBと労働組合はグルじゃないのですか?
どこかの国の自民党と共産党の関係と同じじゃないのですか?

「なんたらハラスメント」を流行らせたメディアの皆さん、これ明らかな「ワクハラ」じゃないのですか?



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 0

There are no comments yet.