“ブルース一筋83年”、“ブルース人間国宝”でもあったJOHN LEE HOOKER - ジョン・リー・フッカー、ライトニン・ホプキンス
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

“ブルース一筋83年”、“ブルース人間国宝”でもあったJOHN LEE HOOKER

「Don’t Turn Me From Your Door」JOHN LEE HOOKER

今日はジョン・リー・フッカーの命日です。ゆえに、1953年と1961年の録音集のジョン・リーのアルバムを取り上げます。そもそもブルースっていう奴は渋い音楽なのだが、その中でも“超渋い”ブルースマンがジョン・リーでしょう。

ジョン・リーは1917年にミシシッピー州クラークスデイルに生まれ、2001年の今日亡くなりました。83歳でした。クラークスデイルは私も約6年前に行ったが、数多くの超有名ブルースマンの生誕地なのだが、びっくりするほどの超田舎である。ミシシッピー州の綿花畑のど真ん中に位置してるわけだが、ほとんどのブルースマンはこの綿花栽培の苛酷な労働を子どもの頃から経験し、ブルースに生きがいを見出し、シカゴに移り住み成功したパターンが多いのだ。ジョン・リーについてはデトロイトに移住し、自動車工場で働きながらブルースを演奏していた。48年の「ブギ・チレン」でデビューし、R&Bチャートの1位となった。
ジョン・リーは、とにかくワンパターンといっても過言ではないそのギタープレイに最大の特徴があると思う。ほとんどワンコードでソリッドなギターを弾きまくる。足でタップを刻みながら・・・。一見どの曲も同じ曲のように聞こえるのだが、よく聞くと微妙にフレーズ等が違っている。当たり前だ(笑)。

このアルバムは決してヒット曲はないが、どの曲も淡々としていてジョン・リーの世界に引き込まれてしまういかにもジョン・リーらしい作品である。ジョン・リーのヴォーカルは、歌というよりも“語り”に近い。
ジョン・リーの映像を見たことのない人は、映画「ブルースブラザーズ」の1980年版を観ることをお薦めする。“チョイ悪親父”の元祖ともいえるジョン・リーの雄姿を観ることができるだろう。
是非皆さんも、あのライ・クーダーが大統領にしたかった男であり、“ブルース一筋83年”、“ブルース人間国宝”でもあったジョン・リー・フッカーの命日を“陽気に渋く”偲んでやってくださいナ!










評点:80点




ドント・ターン・ミー・フロム・ユア・ドア +4ドント・ターン・ミー・フロム・ユア・ドア +4
(2012/11/07)
ジョン・リー・フッカー

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント