三輪山の神は、神武東征はおろか、出雲の国譲り以前にヤマトにいた - 関裕二

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

三輪山の神は、神武東征はおろか、出雲の国譲り以前にヤマトにいた

「消された王権・物部氏の謎」オニの系譜から解く古代史 第一部 関裕二



1998年の書である。「古事記」「日本書紀」で「鬼」と烙印を押された古代最大の豪族・物部氏と、「神」格化された天皇家との不思議な関係を手がかりに、その謎解きに挑んだ内容である。以下、一部引用する。複数回に分けて記す。


*天皇家の祭祀形態の不可解さは、祀る対象“出雲”がまつろわぬ鬼とみなされていたことにある。
出雲神が鬼であったことは、いくつかの例から割り出すことができる。
たとえば、出雲を代表する神の一人、大物主神は葦原醜男(あしはらしこお)ともよばれ、この二つの名のなかに、“鬼”を示す言葉が隠されている。
鬼が“オニ”と読まれるようになったのは平安朝以降で、それまでは鬼は“モノ”“シコ”といい習わされていた。したがって、大物主神の“モノ”、葦原醜男の“シコ”は、鬼そのものであった可能性が高いのである。
大和最大の聖地・三輪山の神は、蛇とも雷ともいわれ、大物主神と同体とされるが、雷といえば虎のパンツをはいて太鼓を打ち鳴らす典型的な鬼の姿を思い浮かべるように、古代、雷は祟りをもたらす鬼として恐れられていた。
したがって、三輪の雷神・大物主神は、鬼であったことになる。


*七世紀後半に誕生し、形だけは江戸時代まで残った律令制度は、基本的に土地の私有を認めず、すべての人民と土地は一度天皇家のもとに集められ、再度分配するというシステムであった。
この制度は誕生したとき、すでに破綻が生じ、荘園などの私有地が激増し、制度の理念は失われてゆくが、最大の土地保有者=時の権力者(平安時代は藤原氏)の私財で国家が運営された点や、土地に定着した農耕民から税を吸いとり国家の骨組みをつくるという点では、江戸時代へと通じる社会制度となっていった。
したがって、この枠組みのなかで最も下層に位置するのは、土地に定着せず遍歴漂泊し、私有を知らず、私的隷属を嫌った芸能民、勧進(かんじん・物乞い)、遊女、あるいは鋳物師(いものし)、木地屋(盆や椀を作る人)、薬売りなどの商工民、職人などといった非農耕民なのであった。そして、これらの人々が“無縁”の人々なのである。
すなわち、農耕民でもなく定着民でもない彼らは、農耕民を中心として回る社会から絶縁していたのであり、さらには律令という枠にとらわれることのない人々なのであった。

権力者にとって、このような漂白の民はじつに厄介な人々であった。主をもたず、流浪する彼らに税を強要することが困難だったからである。しかも彼らのしたたかさは、俗世間を嘲笑うかのように、天皇家との強い関係を維持していたことにある。
彼らは通行の自由、税や諸役(えき)の免除、私的隷属からの解放という特権を天皇から引き出させ、さらに神社や天皇に供御(くご・飲食物等)を献ずる“特権”までもっていたのである。
被支配者であり、支配システムの最下層に位置する“無縁”の人々が、なぜ頂点にある“天皇”と直接つながっていったのであろうか。
その理由は、天皇が律令のなかで、律令の枠からはずされて特別の存在であったことと無関係ではなさそうなのだ。天皇は税をとられず、世のあらゆる罪と罰を免れた。すなわち、“律令”という法体系のもとで、天皇と無縁の人々はまったく同様の処遇を受けていたことになる。

つまり、彼らは法律上人間扱いを受けず、そういう意味でどちらも表の社会から忌避された人々なのであった。したがって彼らは裏側の社会で結びつき、独自の闇の世界を構築していった気配が強いのである。

“鬼”と“無縁”、どちらも天皇をめぐる同一の法則によって日本の歴史の裏側を支配し、うごめいていた可能性が出てくるばかりか、なぜ天皇家がつぶされることなくいままでつづいたのか、という問いに対する一つの答えであるように思えるからである。
権力者がいかに天皇家をけむたく思っても、この神の一族の背後には、“無縁”の人々というとらえどころのない鬼、闇の勢力が控えていたのである。
したがって、天皇をつぶすにはまず裏社会を壊滅させる必要があり、となれば、目に見えぬ敵を相手にするような事態に陥り、収拾のつかない羽目に陥るのは必定(ひつじょう)であった(ちなみに、この闇の社会を本気でつぶしにかかった人物は、歴史上、織田信長ひとりと考えられる。ただ多大の犠牲を払いながら、野望は完璧になし遂げられたわけではない)。
逆に被支配者“無縁”の人々から見れば、みずからの自由な活動が“天皇”という権威を根拠にしているのだから、彼らにとって“天皇”はかけがえのない存在なのであった。
したがって、彼らがすすんで天皇をつぶそうなどと考えるはずがなく、日本に市民革命という一神教的で独善的な“正義”がなかったのは、あるいはこのような経緯が背景にあったからかもしれない。

*ここで子どもじみた問いかけが許されるならば、そもそも出雲地方の神々が、なぜヤマトの地で大きな顔をしていられるのかという疑問が浮かぶのである。しかも彼らは、天皇家よりも先にヤマトに来ていたという。
・・・・・(中略)・・・・・
ところが、ヤマトの出雲神の本拠地ともいうべき三輪山周辺には、このような証言をくつがえすような伝承が残っている。それは、
三輪山の神が天皇家よりも先
だというのである。だからこそ、地元の人々はいまだに三輪山の神を最も重視している
・・・・・(中略)・・・・・
「日本書紀」神代上第八段一書第六には、出雲建国中の大己貴神(おおむちのかみ・大国主神)に起きた珍事として、次のような伝承を残している。

大己貴神が出雲をめぐっているとき、海に怪しげな光が照ったかと思うと、忽然と浮かび上がる者がいて、大己貴神に向かって、
「もし私がいなければ、おまえは国を平らぐことはできまい。私がいるからこそ、大きな国をつくることができるのだ」
というので、
「それではおまえはだれだ」
と問うと、
「吾(あ)は汝の幸魂奇魂(さきたまくしだま)である。」
と答える。すると大己貴神は、
「そのとおりです。あなたは私の幸魂奇魂です。いまどこに住みたいと思いますか」
と尋ねた。
「吾はヤマトの三輪山に住みたい」
というので、ヤマトに宮を建てて住まわしたが、この神こそ、いまいう大三輪の神であったという。


これが三輪山の神の祀られる経緯を描いた神話なのである。この証言を素直に信じるならば、三輪山の神は、神武東征はおろか、出雲の国譲り以前にヤマトにいたことになる。
それだけではない。崇神天皇8年12月の条には、やはり天皇家よりも三輪が先であったことが暴露されている。大物主神を祀る三輪の地から神酒が天皇に献上されたときの歌として、次の一首がある。

此の神酒は 我が神酒ならず 倭成す 大物主の 醸(か)みし神酒 幾久 幾久

<現代訳>此の神酒は私の神酒ではない。倭の国を造成された大物主神がお作りになった神酒である。幾世までも久しく栄えよ栄えよ。(日本古典文学大系「日本書紀、・上」岩波書店)

ここで注目していただきたいのは、“ヤマト成す”である。「日本書紀」の神話に従えば、出雲神がつくった国を、けっしてヤマトとはよんでいなかった。それはたんに“国”であったり“出雲国”あるいは“葦原中国(あしはらのなかつくに)”なのである。ところが、この歌のなかで大物主神は“ヤマトを建国”したと称えられ、先の神話のなかで、大物主神の幸魂奇魂は、出雲国からヤマトへ移住したと記されていたことと符合するのである。
ここで思い出されるのが、神武天皇の正妃のことなのである。
「日本書紀」は、ヤマトを征服した神武天皇が、なぜか出雲の神の娘を娶ったと証言している。その記述があまりに唐突で荒唐無稽だったために、これまでほとんど顧みられなかったが、もし“出雲”が天皇家よりも先にヤマトにいたのならば、“神話”は一転、史実であった可能性を帯びてくるのではあるまいか。土着の首長から女人をもらうことで王権を安定させることは、よくあることだからである。

*そこで「日本書紀」を読み返すと、興味深い証言が残されていたことに気づく。神武東征以前、ヤマトの地にはすでに天皇家とは別の王権が確立されていたというのである。
「日本書紀」の記述によれば、神武天皇が九州の地から東征するに際し、すでにヤマトにはニギハヤヒなる人物が降り立っていて、王として君臨していたと明記されている。
それでは、ニギハヤヒは出雲と何かしらの関係をもっていたのだろうか。しばらく、ニギハヤヒと神武東征の経緯に注目してみたい。
さて、ニギハヤヒはヤマト土着の首長。長髄彦(ながすねひこ)の妹を娶ることでヤマトに融合し、武力を使わずに王権を手に入れたらしい。ところが、せっかくヤマトを建国したニギハヤヒは、神武天皇が東征して来ると、これを迎え入れる姿勢を見せるのである。ただ、ヤマト土着の長髄彦が神武のヤマト入りを拒絶し、徹底抗戦に出たため、神武天皇はあっけなく敗れ、紀伊半島を大きく迂回し、熊野方面からのヤマト入りへと作戦を変更せざるをえない状況に追い込まれたのだった。
そこでニギハヤヒ(子のウマシマチともいわれる)はやむなく長髄彦を殺し、神武受け入れのかたちを整えたというのである。
このように、神武天皇のヤマト入り=ヤマト朝廷の成立は、ニギハヤヒの活躍なしには考えられなかったわけだが、「日本書紀」は、このニギハヤヒが物部氏の祖であることを伝えている。七世紀、蘇我氏との間に宗教戦争をひき起こしたあの物部氏である。
「日本書紀」はこの一族が天津神であって、天皇家と遠い縁で結ばれていたとほのめかすが、不思議なのは、彼らが“神”の一族ではなく、逆に“鬼”の一族だったことにある。

*ここであらためて述べておかなくてはならないのは、“モノノベ”の“モノ”が、古代、“神と鬼”双方を表していたことである。
これは多神教・アニミズムからの流れであり、神は宇宙そのものという発想から導き出された宗教観でもあった。神は人に恵みをもたらす一方で、時に怒り、災害をもたらす。
このような神の両面性を、神道では和魂、荒魂とも表現するが、つまるところ、これは神と鬼なのである。そして、物部氏は“神(モノ)”“鬼(モノ)”双方をあわせもった一族であり、神道の中心に位置していたと考えられる。

このあたりの事情は、物部氏の伝承「先代旧事本紀」にも如実に表れている。
それによると、神武天皇即位に際し、ニギハヤヒの子ウマシマチは、ニギハヤヒから伝わる神宝を献上し、神楯(かむたて)を立てて祝い、さらに、新木(あらき)なども立て、“大神”を宮中に崇め祀ったとある。そして、即位、賀正、建都、踐祚(せんそ)などといった宮中の重要な儀式は、このときに定まった、というのである。
ここで注目されるのは、神道と切っても切れない関係にあった天皇家の多くの儀式が、ウマシマチを中心に定められたということである。そして、これよりも重要なのは、ウマシマチが神武天皇の即位に際し、宮中に祀ったという“大神”の正体にある。
常識で考えれば、この神は皇祖神・天照大神ということになろう。ところが、ヤマトの地で“大神”といえば、三輪山に祀られる大物主神をおいてほかには考えられないのである。“大神”のおわします大神神社は、オオミワと読み大物主神を祀る。

それでは、なぜ、物部系の史書「先代旧事本紀」は、宮中で祀られる大物主神の本名を記さず、あえて“大神”と称したのかといえば、それは歴史の敗者としてのぎりぎりの選択であったろう。
ヤマト朝廷成立直後、宮中に皇祖神ではなく出雲神を祀っていたことを、「日本書紀」は必死に秘匿し、この真相を漏らそうとする者は許されなかったにちがいない。天皇家の正統性が失われかねない重大事だからである。




COMMENT

出雲新羅神崇拝教による大和朝廷への仕返し

日本人は飛騨に発生した。大淡上方様が初代スメラミコトで15代淡上方様、35代天照大神までには、本家と分家の関係を中心とした国造りがされ、一族を日本海と太平洋岸に派遣し土地を開拓し、海岸端を護り連絡網が整備され、国を固めて行った。
 天照大神の時代、国内に三十数か所の国があり、中でも飛騨と出雲が2大政権でした。
飛騨は出雲が及ばぬダントツに大きな国でした。
そしてこの時代、筑紫には塩土族、海幸族、山幸族の3外国部族が三つ巴の勢力争いをし、日本人はとても困り果てていました。
天照は飛騨の安川原に民を集め会議をして①一つに国をまとめる②早く筑紫を平定する③都を飛騨から奈良大和に遷す事が決められました。
今から二千四百年程前のことでした。
さて、飛騨と出雲は政略結婚で和睦し、いさかいなく日本をまとめることで一致していたのですが、省略しますが、出雲を統治していた素戔嗚命の子大国主がとんでもない不祥事を起こし、両国の仲が険悪となり、元々飛騨の子孫が開拓した出雲意宇国を飛騨へ返還させ、大国主を飛騨の匠が建てた幽閉所に幽閉しました。側室の子事代主は美保神社に幽閉されました。これが出雲の国譲りの真相です。
大国主のとんでもない行為とは、好色による飛騨との国と国の約束を破ったことです。そして、新羅に11年間も行き新羅女に180人ともいわれる子達を孕ませました。新羅の「ソ氏」に産ませた子が「少彦名=イソタケル、五十猛」です。
少彦名は大きくなって出雲に来てみて、父大国主が幽閉されていることに恨みを持ち、出雲返還後に統治していた飛騨天照大神の長男天穂日命を惨殺します。そしてそれを飛騨には隠し、九州平定後、橿原に戻られ神武天皇が樹立された大和朝廷打倒の牙をむくのです。更に子孫がなんだいにも渡り天皇の側近や身内に近づき天皇の御霊代の「八咫鏡」を執拗に盗もうとします。
奈良橿原大和の開拓者饒速日命のお住まいだった御諸山を三輪山と改名し、一之宮を饒速日命から出雲新羅神にすり替えました。
ですから、本来饒速日や天照が祭祀されるべき一の宮が出雲新羅に乗っ取られたのです。
天照の御霊代の「八咫鏡」も伊勢の地まで付け狙われ、橿原には祭祀できなかったのです。
三輪山が出雲新羅神に乗っ取られ、天皇の力さえも陵になり、後の「ソ氏」の子孫蘇我氏は政治の実権を飛騨大和朝廷からそして天皇からも奪う横暴さを如何なく発揮していくのです。天皇にさえ用明天皇などは蘇我氏新羅の血が入りました。

Re: 出雲新羅神崇拝教による大和朝廷への仕返し

再びの古代史解説有り難う御座います。

この件は、おいおいゆっくりと考えて行きたいと思っています。

私が飛騨高天原日本建国説に少し関心を持っている理由は、

私の敬愛する故太田龍氏がこのことに書物で少し触れておられたからです。

真偽の程は別にして、何の根拠もなければ、こういった説もはなから出て来ることもないでしょうからね。

NoTitle

太田龍氏が「高天原飛騨」を断定されたのは、故山本健造博士の「日本起源の謎を解く」を読まれてのこと。この著書で「飛騨の口碑」に伝えられている事はだいたい把握できます。他に「明らかにされた神武以前」や奥様の山本貴美子氏の「暴かれた古代史・・・二千年の涙」等があります。
これらを読まずにいくら研究しても永久に結論は出ません。

Re: NoTitle

貴重な情報有り難う御座います。

山本健造氏の書、読んでみようと思います。

有り難う御座いました。


EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。