fc2ブログ
ソウルマン

「我々は理解しなければいけません。「テレビが報道していることの反対が真実である」ことを。「この世界で生じていることはすべてシナリオである」ことを。」byソウルマン

「エリザベスはフリーメーソンのトップでした」


今日は誰かさんの国葬の日でしたっけ?
「立派な人だった」とテレビは喧伝するのでしょう。
いつものことです。
ここに以下の事実が証明されています。

「テレビが報道していることの反対が真実である」ことが。

日本のガーター騎士団の一員であるエリザベスの僕も参加するようです。
当然でしょう。
893の組員が組長の葬儀に参加するのが当たり前であるのと同じことです。

子供の時に警察に誘拐されて、エリザベスのバッキング宮殿に連れていかれ、生贄にされかかった経験を持つ女性が、命懸けで自分の体験を語っている動画です。
耳をそむけたくなるような悍ましい話ですが、見ておくべきでしょう。
そして我々は理解しなければいけません。

「テレビが報道していることの反対が真実である」ことを。



https://rumble.com/v1jm0jp-93406021.html
エリザベス女王を暴露!前半 レプティリアンの悪魔的儀式

英国王室による悪魔崇拝儀式の被害者の命がけの告発です。Part1
英国王室は悪魔崇拝者で多くの子供たちを誘拐、拷問、虐待、生贄にしています。
ウィンザー城には3種類の地下牢があります。
ハンティングパーティー、水による拷問、壁吊りなど。
3歳から8歳くらいの子供たちが大勢連れてこられています。警察官が連れてくるのです。
ハロウィーンは今月末ではないので、これは昨年に上げた動画なのかもしれないです。
女王の死亡についても言及していないので・・
こんなおぞましい真実を多くの方に拡散ください。
Best News に9月9日2022年に投稿されていました。
記事のタイトルは
Exposing the Reptilian Queen's Satanic Rituals Abuse Crimes at Windsor Castle.
https://ameblo.jp/sano-miyoko/



https://rumble.com/v1jx30p-september-13-2022.html
レプティリアンの女王を暴露!(後半)

Exposing the Reptilian Queen
by Jeanette Archer  Japanese translation
レプティリアン帝国
悪魔崇拝の儀式を暴露する勇敢な被害者
世界中の行方不明の子供たちはどこに消えたのか?
ウィンザー城、バッキンガム宮殿、王族のお城やお屋敷に連れてこられ、虐待、性的暴行、生贄にされている
彼らはアドレナクロームが永遠に必要!!!
世界中の子供が狙われる!!!!!!
命がけの告発です。
シェア、拡散ください。
子供たちを救いましょう!!
ありがとうございます。
https://ameblo.jp/sano-miyoko/





エリザベスの死は予告されていたようです。
そして我々は理解しなければいけません。

「この世界で生じていることはすべてシナリオである」ことを。

コロナも、暗殺ごっこも、テロも、地震も、革命も、戦争も、すべてシナリオなんですよ。



https://ameblo.jp/imasters2011/entry-12764201484.html
エリザベスの死の日付が
シンプソンズで既に
予告されてたっぽいw






これも当然シナリオですよ。
「存在していないパンデミックが終わった」と大衆に思わせるシナリオですよ。
元からコロナなんて存在していませんから。
所謂「飴と鞭」というやつですよ。
一端安心させておいて、近いうちにサル痘の脅威を煽るシナリオですよ。



https://news.yahoo.co.jp/articles/8ad9e3fa2ca03d9f400558fd12df7ebd8028f8d7
新型コロナのパンデミック「終わった」、バイデン氏が見解
9/19(月)
バイデン米大統領は18日放送の米CBSテレビのインタビューで、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が「終わった」との見解を示した。14日に中西部ミシガン州デトロイトで開幕した北米国際自動車ショーの会場を歩きながら、「まだコロナの問題は残っており、やるべきこともあるが、パンデミックは終わった。(会場では)誰もマスクをしていないし、健康そうだ。状況は変わっている」と述べた。




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 0

There are no comments yet.
更新順