fc2ブログ
ソウルマン

「世界は地球における人間の発展のためにつくられた。神はお互いが愛し合うように愛をつくられた。神は結婚を祝福する。神はお互いが許し合う機会を我々に与えた。」byヴィユー・ファルカ・トゥーレ

「LES RACINES」VIEUX FARKA TOURE


ヴィユー・ファルカ・トゥーレの2022年発売の最新アルバムである。
ヴィユー・ファルカ・トゥーレは、あのアリ・ファルカ・トゥーレの息子である。
1981年生まれの41歳です。
一部の曲について触れておく。

「Gabou Ni Tie」は、親の言うことを聞かない子供に対してマリの伝統的教育の大切さを伝えている曲である。説教くさい気もするが、ヴィユーも、アリにこう教えられて育ったんだろう。


「Be Togather」は、「世界は地球における人間の発展のためにつくられた。神はお互いが愛し合うように愛をつくられた。神は結婚を祝福する。神はお互いが許し合う機会を我々に与えた。」と歌う。


「Adou」は、自分の息子及び世界中の子供たちに向けて歌っている。「子供を持つことは神から与えられた祝福だ。だからこの歌を通して彼に愛情を示しているのだ。何故なら彼がそこにいてくれることで私に勇気を与え仕事も上手くいくことを知っているからだ」と歌う。


「Lahidou」は、「約束は簡単なものではない。守れないならば、決して約束をしてはいけない」と歌う。約束というのは重要なものなのだ。




全体的な印象として「偉大な父親であるアリ・ファルカ・トゥーレ風の作品とティナリウェン風の作品がまじりあっており、独自の解釈を加えた作品である」と感じた。
全曲ヴィユー・ファルカ・トゥーレの自作曲です。
偉大なミュージシャンであったアリ・ファルカ・トゥーレの血は、しっかりと息子のヴィユー・ファルカ・トゥーレに引き継がれている。
マリの伝統的教育のみならず、偉大なミュージシャンであったアリ・ファルカ・トゥーレのマリの伝統的音楽も、息子のヴィユー・ファルカ・トゥーレに引き継がれている。
アリ・ファルカ・トゥーレも、草葉の陰でヴィユー・ファルカ・トゥーレの活躍を見守っていることだろう。


評点:90点



VIEUX FARKA TOURE



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 0

There are no comments yet.