「小津安二郎を敬愛するヴィム・ヴェンダース」+「ブラインド・ウィリー・ジョンソンを敬愛するライ・クーダー」=「パリ、テキサス」 - 映画
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「小津安二郎を敬愛するヴィム・ヴェンダース」+「ブラインド・ウィリー・ジョンソンを敬愛するライ・クーダー」=「パリ、テキサス」

「映画「パリ、テキサス」を観て」




映画「パリ、テキサス」をブルーレイで観たので、感想を書いておきます。

けっこう良かった。

1984年製作、ヴィム・ヴェンダース監督の西ドイツ・フランス合作映画である。
音楽を担当したライ・クーダーのサントラはかなり昔に聴いたのだが、本作品を観たのは今回が初めてである。
不思議な映画だった。
内容については直接映画を観ないと伝わりにくいだろうが、ちょっとだけ、さわりのみ触れておく。


メキシコの国境沿いのアメリカのテキサスを男が彷徨うシーンで映画は始まる。
男はぶっ倒れる。
ぶっ倒れた男は怪しい医者のもとに運ばれる。
男は4年間消息不明であり、医者から連絡を受けた男の弟がロサンゼルスから車で迎えに来る。
弟は男の息子(8歳になる手前)を預かって育てていた。
男は息子と共に同じく消息不明になっている母親を探しに行く。


ざっと、こういったストーリーである。
やはり観ないことには分からないだろう(笑)
ちなみにライ・クーダーのサントラも、本作を観ないで聴いても全然分からなかった。
単に地味な音楽だとしか感じなかった(笑)
本作を観終わって、超久々に聴いてみた次第である。

本作を一言で言うと、
「人生というものは実に味わい深いものである」と感じさせる作品である。
それがいいにせよ悪いにせよ。
この3人の家族の物語も、実に味わい深い。
架空の話なのだろうが、このような家族が実際にいてもおかしくないだろう。

ヴィム・ヴェンダースは小津安二郎を敬愛しているそうだ。
分かるような気がする。
小津安二郎が描く家族や人間に魅かれたのだろう。
名作「東京物語」も、実に味わい深い人生ドラマである。
決して幸せな人生とは言えないかもしれないが。

ヴィム・ヴェンダースは、この映画の後の1999年に「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ 」を発表している。
勿論、音楽はライ・クーダーが担当している。
キューバ音楽の素晴らしさを世界に知らしめた名作であることは、誰もが認めることである。
私は、この映画の監督がヴィム・ヴェンダースであることを今の今まで知らなかった。
キューバ音楽が素晴らしいのは言うまでもないことだが、演奏するキューバのミュージシャンの枯れた味わいが何とも言えないのだ。
ヴィム・ヴェンダースのこういった人間観察眼を観て、今更ではあるが、小津安二郎の影響を感じるのである。

話を本作に戻すが、色彩感覚も素晴らしかった。
背景の色、空の色、ネオンに照らされる街の色、並んだ靴の色、女優の服の色、どれをとっても見事に調和していた。

やっぱこの人は芸術家である。
センスのない人にはできない演出である。

映画のタイトルの意味だが、当初男はずっと言葉を発しなかったのだが、初めて語った言葉が「パリ」である。
「パリに行きたい」といった趣旨で発したのだと思う。
勿論、アメリカから簡単にフランスのパリに行けるはずがないことは言うまでもない。
しかし、男が語ったパリは、フランスのパリではなくテキサスのパリスのことらしいのだ。
テキサスにパリスという都市があることなど全然知らなかった。

テキサスの地元民でない限り、誰もそんな都市知らんやろ(笑)

男がパリスに思いを持っている理由はあるのだが、それほどストーリーには影響しないのでスルーしておく。

ライ・クーダーが本作のサントラにした音楽の基調は、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの「ダーク・ワズ・ザ・ナイト」という曲らしい。
実に地味な曲なのだが、この映画のストーリーにマッチしていた。

本作を観ようと観まいと、何も問題はないだろう。
ライ・クーダーの音楽を聴こうと聴くまいと、何も問題はないだろう。
ブラインド・ウィリー・ジョンソンの音楽を聴こうと聴くまいと、何も問題はないだろう。

でもこういった映画を観たり、こういった音楽を聴くことで、なにか得るものがあるような気がする。
心の琴線に触れるものがあるような気がする。
だから、人は映画を観たり、音楽を聴いたりするのだろう。

「どうでもいいこと」が「とても大事」だったりするものなのだ。

そのような気持ちにさせてくれる数少ない良作であると感じた。








ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


COMMENT

ソウルマンさん

最高に観たくなりました!
映画はここ5年以上は観てないと思いますが(笑)、ソウルマンさんに、こんなん書かれたら、観ます。
はい、ホワイトラム、フレッシュオレンジ 5:5で‼︎

わいも!

私も今このブログを読んでブエナビスタの監督がヴィム・ベンダースと知りました!びっくり!そして、昔姉ちゃんがライ・クーダー好きだったので、お誕生日にパリテキサスのサントラあげたんですが、私も聞いてみたところ、つまんないなーと思ってました。そして、パリ・テキサスは未だに観てないので、これを機会に観てみます。ありがとうございましたv-290

Re: タイトルなし

mintさん

>
> 最高に観たくなりました!
> 映画はここ5年以上は観てないと思いますが(笑)、ソウルマンさんに、こんなん書かれたら、観ます。
> はい、ホワイトラム、フレッシュオレンジ 5:5で‼︎


是非観てください。
と言っても、私もやっと今になって観ただけですけどね(笑)

ホワイトラム、おいしいですね。オレンジ割りに合います。
現在私の座椅子の横にはウイスキーとウォッカとホワイトラムが置いてあります。
まだまだ増えそうです。
ちょっとした自宅バーのようです(笑)

Re: わいも!

ゆんきーとさん


> 私も今このブログを読んでブエナビスタの監督がヴィム・ベンダースと知りました!びっくり!そして、昔姉ちゃんがライ・クーダー好きだったので、お誕生日にパリテキサスのサントラあげたんですが、私も聞いてみたところ、つまんないなーと思ってました。そして、パリ・テキサスは未だに観てないので、これを機会に観てみます。ありがとうございましたv-290


ゆんきーとさんは私と似たような体験をされていたようですね。
姉ちゃん想いなのが、よく分かります。
私も兄ちゃんが何人かいたような気がしますが、もう忘れました(笑)
昔は一人の兄ちゃんにRCのレコードをあげたこともあったんですがね・・・

No title

ソウルマンさん

自宅バー最高ですね!

私も『自宅のみ最高!』がコンセプトです(笑)

*大好き夏ソング 参加させて下さい♫
   https://www.youtube.com/watch?v=6xN3KOY2kbg

今日は、ソウルマンさんも大好きなこの方の
ライクーダーさんとのこの曲に酔っちゃいました。。。
  https://www.youtube.com/watch?v=i4swkVJzoMM

世間はお休みですね。
みなさま、心安らかな時間を過ごされます様に。。。

そして、現実、真実に向き合う機会にどうか恵まれます様に・・・

Re: No title

mintさん

>
> 自宅バー最高ですね!
>
> 私も『自宅のみ最高!』がコンセプトです(笑)


はい、私もこのコンセプトに嵌っています(笑)

>
> *大好き夏ソング 参加させて下さい♫
>    https://www.youtube.com/watch?v=6xN3KOY2kbg

クインシー・ジョーンズいいですね。
夏が涼しくなります。

>
> 今日は、ソウルマンさんも大好きなこの方の
> ライクーダーさんとのこの曲に酔っちゃいました。。。
>   https://www.youtube.com/watch?v=i4swkVJzoMM

メイヴィスの声は唯一無二ですね。
そして、ライのスライドがメイヴィスの声に合うんですね~


>
> 世間はお休みですね。
> みなさま、心安らかな時間を過ごされます様に。。。
>
> そして、現実、真実に向き合う機会にどうか恵まれます様に・・・

微力ながら、お役に立てるよう頑張るつもりです。

EDIT COMMENT

非公開コメント