カナダの生んだ詩人・個性派シンガー、k.d.lang - k.d. ラング
FC2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

カナダの生んだ詩人・個性派シンガー、k.d.lang

「All You Can Eat」k.d.lang

k.d.ラングの1995年のアルバムである。
まず、アルバムジャケットだが、カーキ色のツナギらしき服を着て男装したk.d.が写っている。さらに漢字のタイトルまで記されている。明らかにダサイ・・・。
いくら自分がレズビアンであることをカミングアウトしたからとはいえ、もうちょっとマシなジャケットが作れなかったのか、とさえ思ってしまう。
しかし、ジャケットで中身を判断してはいけない。とりたてて際立つ名曲があるわけではないが、知らず知らずのうちに彼女の音世界に引き込まれていってしまう。そういった実に不思議なアルバムである。歌詞も彼女でしか出せない恋愛感が表れていて、軽やかで潔さも感じさせられる。
アルバム解説によると、彼女の10年来(当時)の音楽パートナーであるベン・ミンクのアイディアで「ループにこだわった」そうである。曲と曲の繋がり、そして最終的には原点に帰って来る、といったことが言いたかったのだろうか。解説より彼女の言葉を引用する。
「ループはある意味で自然なことなんだよね。何故なら地球はぐるぐる回っているし、死と生を繰り返す。サイクルもぐるぐる回るし、ループはとても自然なこと。だから人間の才能の中にあるものとうまく調和すると思う。ヴァイオリンのフレーズやドラムを使ったループは、夢の中にいるような雰囲気で私を騙してくれるというか、マインドを浮遊させてくれたわ」
まるでデーヴィッド・アイクの言葉のようだ・・・。
彼女はその才能のわりには日本人には知名度が低いと思う。是非、皆さんもカナダの生んだ詩人であり個性派シンガーであるk.d.ラングの曲に触れてみてください。









評点:80点




All You Can EatAll You Can Eat
(1995/10/02)
K.D. Lang

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント