詩人としての才覚を十二分に発揮した熱くてクールなミュージシャン、LOU REED - ルー・リード、ヴェルベッド・アンダーグラウンド

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

詩人としての才覚を十二分に発揮した熱くてクールなミュージシャン、LOU REED

「Live In Italy」LOU REED

1984年の当時2枚組みのレコードだったライヴ・アルバムである。録音はイタリアのヴェローナ(1983年9月7日)とローマ(9月10日)のステージで行なわれた。
ギター・ヴォーカルのルー以外に、ギターがロバート・クイン、ベースがフェルナンド・ソーンダス、ドラムスがフレッド・メイハーというシンプルな構成だ。
まさに全盛期のルー・リードといった感じで、ルーの代表曲を中心にエネルギッシュなステージが展開されている。9.11じゃないが全曲ルーの自作自演である(笑)。
前回アップしたドクター・フィールグッドのウィルコ・ジョンソンは“理屈抜きにロックンロールの素晴らしさを感じさせるミュージシャン"だが、ルーは独特の屈折した世界観を持つ詩人であり、“詩人としての才覚を十二分に発揮した熱くてクールなミュージシャン"である。
まさに対照的な存在といっていいだろう。ただ両ミュージシャンとも「ロックの歴史に永遠に輝き続ける存在」であるということは疑いようのない事実である。
歌詞対訳(Kumi Takeuchiさん)を一部紹介する。


「キル・ユア・サンズ」

お粗末な精神科医たちが
電気ショックを与える
両親と生活した方が
精神病院に送り込むよりは
マシだとさ

だが本を読もうとしても
17ページまでたどり着けやしない
自分が何者だかわからなくなってるのに
本など読めるワケがない

お袋から電話で泣きつかれた
親父の手のつけようがないんだと
斧でテーブルを叩き割ったらしい
今まで何のために一緒に暮らしてきたのかしらと嘆く
妹はロングアイランドで式を挙げたが
花婿は列車で逃げた
奴など脳ミソなしのただのデブさ

クリードモアでは俺をちゃんと扱ってくれたが
ペイン・ウィットニーはもっと良かった
薬剤師に惚れてた頃の俺は
悲しかった、手紙さえくれなかった

俺達は
あらゆるクスリを試して楽しかったが
白い粉の解毒剤を打たれた時は
死ぬ思いだったぜ

アンタの息子が
殺されそうなのがわからないのかい?

https://www.youtube.com/watch?v=-e-CNQTHN8Y



「ウェイブズ・オブ・フィア」

恐怖の波が夜を襲う
嫌悪の波 吐き気をもよおす眺め
心臓は爆発寸前
胸は激しく咳こむ
恐怖の波、恐怖の波

恐怖の波
床にうずくまる
薬を探せ、酒は切れた
鼻血が溢れ出し、息ができない
恐怖の波、怖すぎて動けない

電話するのも怖い
明かりをつけるのも怖い
もう収拾つかない
口もきけずに窒息寸前
冷や汗が出る、口にツバが溜まる
あの変な音は何だ
床の上にあるのは何だ
恐怖の波が
死の脈を打つ
震えにいらだち
自分の足音に驚く
自分の恐怖に身をすくめ
自分の体臭を嫌う
どこにいるかは知ってるさ
きっとここは地獄なんだ

恐怖の波
恐怖の波


https://www.youtube.com/watch?v=_Vi9iLZ4vYs



評点:90点

参照記事
ここには大洋が押し寄せ 波は海に砕ける、LOU REED
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-286.html

ヘロイン、おまえこそ俺の死そのものさ ヘロイン、俺の女房、俺の人生 THE VELVET UNDERGROUND AND NICO
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-346.html



ライブ・イン・イタリーライブ・イン・イタリー
(1992/09/23)
ルー・リード

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。