「Little Girl Blue」Nina Simone、Janis Joplin、Carpenters、 Linda Ronstadt、Sam Cooke、Ella Fitzgerald、Louis Armstrong、Oscar Peterson - 映画音楽・スタンダード・トラディショナル
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Little Girl Blue」Nina Simone、Janis Joplin、Carpenters、 Linda Ronstadt、Sam Cooke、Ella Fitzgerald、Louis Armstrong、Oscar Peterson

今日の1曲は、ニーナ・シモンの「Little Girl Blue」です。
作詞ロレンツ・ハート、作曲リチャード・ロジャースで、1935年にブロードウェイミュージカルの「Jumbo」で紹介されました。

超訳です(笑)

リトル・ガール・ブルー
お前にできることは、お前に降ってくる雨粒を数えることぐらいなのさ
もう諦めるしかないのさ、オールド・ガール
誰かリトル・ガール・ブルーを元気にさせる優しいブルー・ボーイを呼んでやってくれ



ちょっと哀しい歌詞ですね。
歌詞を書いたロレンツ・ハートについて触れておきます。
「My Funny Valentine」の歌詞も書いていたそうですね。
ゲイだったらしく、彼自身の体を嫌っていたそうです。
当時はゲイであることを秘密にしなければならない時代であり、苦悩していたようです。
生涯を通して鬱を患っており、アルコール中毒であったそうです。
「リトル・ガール・ブルー」は自分のことを暗に歌っているのかもしれませんね。
同居していた母親の死の7カ月後の1943年に、48歳で肺炎で亡くなりました。






ジャニス・ジョップリンのヴァージョンです。
ちょっと歌詞が変えられているようですね。


カーペンターズのヴァージョンです。


リンダ・ロンシュタットのヴァージョンです。


サム・クックのヴァージョンです。


エラ・フィッツジェラルドのヴァージョンです。


ルイ・アームストロングのヴァージョンです。


オスカー・ピーターソンのヴァージョンです。





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

No title

ソウルマンさん

めちゃくちゃ哀しいじゃないですか!
ずっと聞いてきた曲なのに、貴方の名超訳によって初めて歌詞を知りました(笑)

My Funny Valentineの方だったんですね。どんだけブルースなのかと...それはゲイの方特有の感覚も折り重なっていたのですね。
このシリーズ、とても勉強になります♬

何を歌っても裏切らないジャニス.J、そしてEllaさん素敵です!
サムクックは初めて聞きました。いいですね〜。

リンダさんヴァージョンは、ネルソンリドル(左のおじさま)のオーケストラアレンジが勉強になるので、何度も45回転LPで聴いてました!

ちなみに、オスカーピーターソンは早弾きの名手でもありますが、この曲はめずらしくしっとりと素朴なアプローチをされてて、大好きです˘⌣˘♡

今回もありがとうございました❤︎

Re: No title

mint さん

>
> めちゃくちゃ哀しいじゃないですか!
> ずっと聞いてきた曲なのに、貴方の名超訳によって初めて歌詞を知りました(笑)
>
> My Funny Valentineの方だったんですね。どんだけブルースなのかと...それはゲイの方特有の感覚も折り重なっていたのですね。
> このシリーズ、とても勉強になります♬
>
> 何を歌っても裏切らないジャニス.J、そしてEllaさん素敵です!
> サムクックは初めて聞きました。いいですね〜。
>
> リンダさんヴァージョンは、ネルソンリドル(左のおじさま)のオーケストラアレンジが勉強になるので、何度も45回転LPで聴いてました!
>
> ちなみに、オスカーピーターソンは早弾きの名手でもありますが、この曲はめずらしくしっとりと素朴なアプローチをされてて、大好きです˘⌣˘♡
>
> 今回もありがとうございました❤︎



本当に哀しい歌詞ですね。
でも、調べてみたことで、作詞家がこの曲に込めた想いに近づくことができたような気がします。
mint さんがヒントを与えてくれたおかげです。
こちらこそ、ありがとうございます。
それにしてもmint さん、本当に音楽に詳しいですね💛

EDIT COMMENT

非公開コメント