放送禁止になるぐらいの歌を歌ってこそ、本当のロックンローラーである - RCサクセション・忌野清志郎・タイマーズ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

放送禁止になるぐらいの歌を歌ってこそ、本当のロックンローラーである

「カバーズ」RCサクセション


1988年のRCサクセションの様々な欧米ミュージシャンのカバーアルバムである。
原発問題に触れているため、東芝EMIの親会社である東芝からクレームが付いたことで発売禁止になったことでも有名だ。当時の発売禁止の理由は、“素晴らしすぎて発売できません”だというから笑わせてくれるぜ。その後発売を望むファンの声に押されてキティレコードから発売されたが、なんと、RC初のオリコンチャート1位を獲得している。

昨日は忌野清志郎の命日であり、NHK(NHKを犬HKと呼ぶ人をよく見かけるが、私は犬を飼っており、犬に対して失礼なので、そのようには呼ばない)が、「カバーズ」を中心とした清志郎の放送をしていた。
そして問題なのが、番組に登場していた爆笑問題の太田光である。太田は以前、「若者は選挙に行くな」といったことをほざいていたらしく、それを知った清志郎は、「これは問題だ」だと思い、太田に対談を申し入れたとのことである。私も当時の対談を記した雑誌を持っていたはずだが、どこにあるのか見あたらない。
清志郎は、「テレビに出ている有名人である太田がそんな発言をすると、本当に若者が選挙に行かなくなってしまうかもしれない。そういった発言はするべきでない。君の子供も戦争に行かされるようになるかもしれないのだよ」、といった趣旨の苦言を太田に呈したのである。
そのことを太田は振り返って語るわけだが、この馬鹿はいまだに自分の発言がいかに愚かなことだったかを理解していないのだ。それどころか、「カバーズ」についてケチをつけ、歌詞を“野暮”だと言いきったのだ。この馬鹿は言葉の意味を全く理解していない。せめて「政治的な発言は控えたほうがいいのでは」などと言うのなら、百歩譲って許してもよいが、3.11後の今となってもこういった発言をする太田光という男は、馬鹿を通り越して頭が腐っているとしか思えない。“馬鹿に付ける薬はない”とはこういった人間のことを言うのだろう。「芸能界は日本民族の敵である」という記事を以前書いたが、こいつはその典型的な人間である。NHKに気に入られているのもよく理解できる。

どうでもいい馬鹿な人間の話はさておき、このアルバムは実に素晴らしい。選曲した曲もいいが、なんといっても清志郎の訳詩が素晴らしい。「ラヴ・ミー・テンダー」や、「サマータイム・ブルース」といった原曲と全く違った歌詞も痛快である。
ちなみにこのアルバムには収録されていないが、「アイ・シャル・ビー・リリースト」では「日はまた昇るだろ、東の島にも」という歌詞があるが、清志郎はこの部分を「日はまた昇るだろ、東の芝にも」と、発売禁止の圧力を掛けた“原発推進企業”東芝のことを批判してライヴで歌ったりしていたのだ。そのことを当然知っているRCのファンは、ライヴで清志郎が“東の芝”と歌うと異常に盛り上がったのである。

このアルバムを契機に、メンバー間で、「政治的問題を歌うことについての危険性」について意見が分かれ、RCは解散してしまう。その後、清志郎はタイマーズを初めとして、政治的発言を強めた歌を全面に出していくようになる。ところで、昨日のNHKの番組によれば、清志郎が「カバーズ」をきっかけに政治的発言をするようになったのは、当時、清志郎はロンドンでイアン・デューリーとレコーディングしており、政治的発言をするイアンを初めとするイギリス・ミュージシャンの影響を受けたことが理由の一つだと放送していた。これが事実であるなら、イアンは私の大好きなミュージシャンでもあるので、大変嬉しい気持がする。

ところで、“水で薄められたようなどうでもいい歌詞”ばかりの今の日本のミュージシャンに私は言いたい。特に“自称ロック・ミュージシャン”という人間に言いたい。「ただ流行のメロディーラインで“売れる歌”を作り、印象に残らない“意味の無い”歌詞ばかりを歌って“成功”することで、お前は満足しているのか!」と、メッセージ性が無ければロックではない。こんなに腐りきった社会に対して何も不満を抱かないのであれば、ロックなんて歌うべきではない。それ以前の問題である。「こんなことを歌詞にしたらマズイかな?この程度の歌詞にしとこうか」と、計算しているのならロック・ミュージシャンなんてやめてしまえ。「放送禁止になるぐらいの歌を歌ってこそ、本当のロックンローラーである」と、私は思う。














評点:100点



参照
「僕の好きな忌野清志郎、原発はいらない!」
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-13.html




カバーズカバーズ
(2005/11/23)
RCサクセション

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。