「人類とワクチンには友情の歴史があるのに(拒絶するのは)少し奇妙だ」byローマ教皇フランシスコ - 嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「人類とワクチンには友情の歴史があるのに(拒絶するのは)少し奇妙だ」byローマ教皇フランシスコ

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!119」


今日も、表のメディアが伝えない「世界同時詐欺」の情報を記しておきます。
私は、あくまで情報提供をしているだけです。
「何が真実であるか」は、皆さん自身でご判断ください。

(高橋清隆の文書館)さん

http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2044340.html
2021年10月19日23:48

「断種ワクチン止めなければ国がつぶれる」と木原功仁哉候補、司法と両面で阻止を模索[兵庫1区]

31日投開票の衆院選で新型コロナワクチン接種の是非が全国で唯一争点になっている兵庫1区では19日、弁護士の木原功仁哉(きはら・くにや)氏(37、無所属)が神戸・三宮で第一声を上げた。新型コロナワクチン特例承認取消訴訟の代理人を共に務める南出喜久治氏と姿を見せ、「人口削減や断種の目的がある今回のワクチンを止めなければ、本当に国がつぶれてしまう」と訴えた。

動画URL: https://www.bitchute.com/video/CRv3W95QELZg/

第一声は午前10時、神戸市内の三宮センター街東口に響いた。「ワクチン中止」「地元、神戸から祖国再生」と書かれた青いのぼり旗がなびき、青いTシャツのボランティアや市民、報道陣が囲む。木原陣営は、立候補の届け出抽選で1番を引き当てた。

 応援に立った南出氏は、新型コロナワクチンが他のワクチンより圧倒的に致死率が高いことを挙げ、「ビル・ゲイツが『ワクチン開発によって世界人口を10~15%削減できる』と言っている。それをデマ、陰謀論と言うこと自体が大問題」とくぎを刺した。

 mRNAを包む脂質ナノ粒子(LNP)が肝臓や脾臓(ひぞう)、卵巣に蓄積する実験データが提出されていることを挙げ、「皆さんがワクチンを打ってアナフィラキシーショックがなかった、副反応がなかったとおっしゃっても、半年後、1年後、数年後に必ず症状が出てくる」と警告した。

 「ワクチンが危ないという人が、政治家の中にいるか。メディアを含め、全部口封じされている。国民の命と健康を守れないような政治が、果たして政治なのか」「木原功仁哉は声を大にして、この神戸1区から全国に訴える」とたたえた。

 マイクを受けた木原候補は、「ワクチン、特に子供に対するワクチン薬害を絶対に止めなければいけないという強い思いで立候補した」と口火を切った。同じ場所で7月からほぼ毎朝、ワクチン薬害を警告するビラを配ってきたことを明かし、「小・中・高校生のワクチンに対する危機感、恐怖感は非常に強いものだと思っている」と吐露した。

 「不妊症や無精子症など、中長期的なリスクについて、いまだ明らかにされていない」と強調。9月の自民党総裁選で4人の候補に対し、ワクチン行政に対する公開質問状を出したら、野田聖子衆院議員から「中長期的リスクはこれから明らかになるだろう」と、不妊症になるリスクは否定できない趣旨の回答があったことを紹介。

 「それにもかかわらず今、政府は若い方、お子さんに対してワクチンを打たせている。こんなおかしなことはない」と糾弾した。

 新型コロナワクチン特例承認取消訴訟では、7月30日に訴状を提出したにもかかわらず、被告の国側から反論の答弁書がいまだに出されていない。第1回弁論で国は、提出を12月17日まで引き延ばしてきた。

 木原氏はこのことに言及し、「その間にワクチン接種が進んでしまう。本当に安全だったら、国はすぐに証拠を出せばいいじゃないか。『ワクチンで不妊症になるリスクはありません』と。しかし、どんどん引き延ばし、真っ正面から答えようとしない」と批判した。

 政府分科会の尾身茂会長が「コロナ禍はもう2、3年続く」と発言したことに触れ、「これはワクチンもずっと続くということ。薬害が拡大するのは確実。私たち国民は、製薬会社のモルモットじゃない」と突き放した。

 その上で木原氏は、「私としてはこのワクチンを即時中止させるために、この選挙を何としても勝ち上がらなければいけない。人口削減や断種の目的がある今回のワクチンを止めなければ、本当に国がつぶれてしまう」と訴えた。

 市内に住む50代の男性は、木原氏の演説に熱心に耳を傾けていた。昨年4月頃、コロナ騒動を茶番と確信したという。「マスクやワクチンは有害なだけ。マスクをして歩いている人は皆、マスコミ情報にしか触れてない。木原さんの選挙での戦いを通じ、国民に少しでも理解が広がれば」と期待を示した。

 木原候補は12日、東京地方裁判所で開かれた第1回口頭弁論で今選挙への立候補に言及したところ、裁判長の命令で警備員によって力ずくで法廷の外に引きずり出された。陳述書で事前に裁判官に読むなと言われていた箇所を読んだためだが、同弁護団はこれを検閲とみている。裁判官らを特別公務員職権乱用罪で刑事告訴し、裁判官弾劾法に基づく訴追請求を行う考えだ。


 

「新コロワクチン→グレート・リセット→人口削減」は、陰謀論でしょうか?


http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/557.html
(重要)ワクチンによる人口削減「グレートカーリング」を超有名医師リマ・ライボウが2009年に警告! 人口の9割削減、TVで発言 (TOCANA) 
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/557.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2021 年 10 月 19 日

「【重要】ワクチンによる人口削減「グレートカーリング」を超有名医師リマ・ライボウが2009年に警告!
人口の9割削減、TVで発言」 (TOCANA 2021/7/7)
https://tocana.jp/2021/07/post_214236_entry.html
コロナ禍が始まるはるか前からワクチンについて警鐘を鳴らしていた医師がいた。ワクチンの背後には世界の人口削減計画が企てられているというのだ。
■ 世界人口削減計画“グレートカーリング”とは
 社会システムのすべてを見直す“大いなるやり直しの時”が到来したとする「グレートリセット(The Great Reset)」を標榜した今年のダボス会議(世界経済フォーラム)は、ご存知の通りコロナ禍で中止となった。
 グレートリセットの本格始動はいったんは保留という格好になったのだが、その一方ですでに始まっている計画があるという。それは世界人口削減計画「グレートカーリング(The Great Culling)」である。
 昨年からはじまったコロナ禍のはるか前、2009年の時点でグレートカーリングを警告していた医師がいた。

 著名な精神科医、リマ・ライボウ氏は2009年に放映された「TruTV」のリアリティ番組「Conspiracy Theory with Jesse Ventura(ジェシー・ベンチュラと陰謀論)」に出演し、番組進行役の元プロレスラーで元ミネソタ州知事でもあるジェシー・ベンチュラ氏にグレートカーリングを解説している。
In 2009 A Doctor Claimed The U.N. Would Release A Virus To Trigger Depopulation Through Vaccines! ("Conspiracy Theory With Jesse Ventura")
https://worldstarhiphop.com/videos/video.php?v=wshhmh12gCs941jgkXvl
ライボウ氏によればグレートカーリングでは世界人口の90%の削減が計画されていて、その手はじめは世界的なパンデミックを起こして予防接種を行き渡らせることにあるという。その予防接種は不妊を蔓延させる形で、大量虐殺的なホロコースト(genocidal holocaust)に導くというのだ。
 ライボウ氏は2003年に患者の1人である元国家元首の人物(女性)から最初にグレートカーリングについて聞かされ、ライボウ氏に「もうすぐ大規模な間引きが始まる時期がくる」と告げたそうだ。
 いったい何の話かと聞き返すと女性はやはり「大規模な間引き(グレートカーリング)」であると言い、ライボウ氏はそれはどういうことなのかと質問した。
「無駄飯食らいどもの淘汰を知ってますか? 私たちの再生可能な天然資源を消費しているすべての人間の間引きです」と彼女は答えた。
「誰がそんなことを決めるのですか」と聞くと彼女は「私たち新貴族です」と即答したという。
 ベンチュラ氏は思わず「その人たち(新貴族)はビルダバーグ会議のメンバーということですか?」とライボウ氏に質問する。
 するとライボウ氏は「彼女はベアトリクス女王でもなく、エリザベス女王でもなく、ヘンリー・キンシンジャーでもありません。でも彼女はパワーエリートのメンバーで元・国家元首です」と説明している。

 このコロナ禍で現在、全世界でワクチン接種が着々と進められているが、これはグレートカーリングがすでに始動し着実に推進されている証なのだろうか。

■ 「世界人口の90%を削減しなければならない」
 番組出演の翌年、2010年2月にライボウ氏は米ワシントン州イェルムの田舎町にある「ラムサの啓蒙学校(Ramtha School of Enlightenment)」で行った講演で、グレートカーリングについてより詳しく解説している。
今日、すべての人が“持続可能な地球”というコンセプトを知っています。…(中略)…WHOはFRBと同じくプライベートな組織であり、その運営資金の3分の2が製薬企業から提供されています。WHOをはじめ、国連、アメリカ政府、ローマクラブ、イルミナティ、CFRなどのすべての組織が、今日の世界は人口が多すぎると指摘しています」(ライボウ氏)
 そしてこれらの組織は“持続可能な地球”を維持するために9割の人口削減が必要であると言及しているという。現在の世界人口の90%を削減するというのはショッキングな数字だ。
「世界人口の90%を削減しなければならないと彼らは言います」(ライボウ氏)
 その元国家元首の女性の話では「彼らエリートは現在の1割の人口しか必要としていない」というのだ。
1974年からWHOはあなたの友だちではなくなり、女性を不妊に導くワクチンの開発と接種を進める組織になりました」(ライボウ氏)
 ライボウ氏によればワクチン接種によりフィリピンの300万人の女性が不妊となり、アフリカでは天然痘撲滅プログラムでサハラ以南おいて1憶5000万人の人口削減を見込んでいることが記された文書が存在しているという。
 そしてこれらは計画のほんの一部で、このグレートカーリングを始めさせてはいけないとライボウ氏は訴え会場は拍手喝采に包まれる。
 この講演からすでに10年が経ち、そして現在の世界はコロナ禍に包まれている。今日の状況において人口の90%が削減されるという“グレートカーリング”をどうとらえたらよいのか、白黒はっきりするのはそう遠くない未来であることは間違いない。
Dr Rima Laibow - The Globalist Agenda
https://www.youtube.com/watch?v=2dIn0izZpvc





反ワクチンを訴えておられた医師が亡くなったのは「偶然」でしょうか?


http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/548.html
反ワクチン・反抗がん剤の宗像久男医師がコロナ感染で死亡 殺されたのではないか 
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/548.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2021 年 10 月 18 日

反ワクチン・反抗がん剤の宗像久男医師が9月22日にコロナ感染で亡くなった。
「大切なお知らせ」 (宗像久男 セカンドオピニオン)
https://second-opinion-munakata.com/2021/10/06/%e5%a4%a7%e5%88%87%e3%81%aa%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/

9月21日かねてより埼玉県の病院にコロナ感染により入院中であった宗像久男先生が
退院直前に心停止をおこし、永眠いたしました。
ここに生前の皆様のご支援、ご厚情に感謝いたします。
今後のご相談については、宗像式を引継ぎ1000人以上の患者様をサポートしてきたアドバイザーと
顧問の医師が担当してまいりますので何卒宜しくお願いいたします。

退院直前の不自然な急死はおかしい、殺されたのではないかとの声が上がっている。
Elikaさんのツイートを引用する。
https://twitter.com/madokaratsuki/status/1445254542686228483
(Elika) (上図添付)
既に一般病棟に移られてたのに、何故お骨になって帰る必要があったのでしょうか。
検査が陰性だから一般病棟に移られてたのではないのでしょうか?
枠珍に懐疑的な心ある医師がまた1人、不審な点を残し、お亡くなりになられました。
心よりご冥福をお祈りします。

10:08 PM Oct 4, 2021
宗像氏は、早稲田大学政治経済学部を卒業後、医学に目覚め、42歳で長崎大学医学部入学、
48歳で医師国家試験に合格して医師になるという異色の経歴の持ち主であった。
代替医療を志し免疫学の安保徹誉教授とも親交があった。
著書の「ガンは5年以内に日本から消える!」は、安保教授が推薦している。
薬漬け医療に批判的な安保教授は、政府や製薬業界からにらまれており、
暗殺された可能性があることを5年前に投稿したが、宗像氏も殺された可能性を否定できない。
ワクチンや抗がん剤は一大利権であるから、それを脅かす存在は消される危険があるのだ。
その闇はとてつもなく深い。
新型コロナで入院すると家族も面会謝絶であり、亡くなっても遺体を見ることができない。
遺骨が戻ってくるだけである。
これでは入院中に何をされてもわからない。
また、安保教授のときもそうだったが、知名度があるのにもかかわらず、訃報がマスメディアから
全く流れないのも不自然であり、普通の死でなかったことをうかがわせる。
反ワクチンや反抗がん剤など、政府や医学界に不都合な活動をしている方は、
殺されないよう十分に気をつけていただきたい。
宗像久男先生のご冥福をお祈りいたします。





「本当の専門家」こと大橋眞教授が佐賀市長選挙に立候補されている細川博司氏の応援演説をされている動画です。“ハエ以下のハエ工作員”の“知性の欠片もない腐れコメント”が出てこないので、気持ちよく観れます(笑)

https://sp.nicovideo.jp/watch/so39477131?fbclid=IwAR1c_m6VLKcYgfD1esPlkbOcbDPCRUwigqTlkj6gSbXdXfHHBV5wRI_ZNfM

・政治家はお金のことばかり言うが、コロナ騒動の本質はお金ではない。

・PCRが病原体を検出しているという科学論文は、世界のどこにもありません。

・厚労省も認めています。

・ひたすらテレビがコロナのキャンペーンをしていますが、科学的根拠は全くないのです。

・すべてがPCRのトリックで作られた幻の騒動です。

・新型コロナウイルスの存在は、WHOをはじめ、世界の政府機関、厚労省も、科学的エビデンスが出せないでいます。

・これを証明した人はノーベル賞が得られるでしょう。

・だけど、できない。おかしいでしょ。

・新型コロナウイルスの間違った政策を正さなければ、新型コロナウイルス騒動というでっち上げ騒動は終わらないですよ。

・おかしなPCRとおかしなワクチン政策を正していく、佐賀市から日本全国へ世界へと変えていくリーダーとして、細川先生を佐賀市長におしあげていってください。





全く持ってその通りである。
「本当の専門家」こと大橋眞教授は、演説も実に上手い。
カネ塗れの薄汚い政治家と違って真実を心の底から語っているため、説得力がある。
佐賀市の皆さん、細川博司氏に投票していただき、佐賀から日本や世界を変えて行ってください。というよりも、細川博司氏のためではなく、あなたのため、あなたの家族のために、「誰の話が真実であるか」を見極め、正しい判断をしていただきたいと思います。
細川博司氏のことを私は全く知らなかったのだが、大橋眞教授と本を共著されておられる方のようですね。動画を一つ紹介しておきます。
かなり軽い人のようですね。オバチャンには受けそうですね(笑)
でも本当のことを語っている人のようで、大橋眞教授から信頼されているのも頷けます。
長いので真ん中の26分ぐらいからで十分だと思います。
PCRの嘘や、与野党グルで5類を2類に変えたという話や、病床が足りないという医療崩壊の話が嘘であることや、コロナ政策がメチャクチャであることや、医師会はお金で動く組織であるというなどを、話されておられます。
「コロナは存在しない」ことや「右も左も同じ」という「常識」も、理解されておられます。
本当のことを語れる人のようですね(笑)
佐賀市の皆さん、細川博司氏に投票しましょう!


https://www.nicovideo.jp/watch/so39283120



次に、こちらの動画を紹介します。

https://www.bitchute.com/video/4z4BLPdgboCm/

ジュゼッペ・ディ・ベラ博士が、イタリアにおけるワクチンの義務化について語る:『国民の排除』




「国家の絶滅やイタリア国民の絶滅の危険」を訴えています。
「これは何十年も前から練られてきた計画であり、国際的な権力集団の代理人たちによって極めて粘り強く実行されてきました」と訴えています。
「敵はローマです。敵はイタリアです。敵は伝統です。敵は歴史です。敵は真実です」と訴えています。イタリアを日本に置き換えてもいいでしょう。
さらには、「キリスト教が別の宗教にすり替えられている」ことを暗に語っています。
本来のキリスト教は良い教えなのかもしれませんが、「少なくとも現在のローマカトリック・バチカンが邪悪な勢力の支配下にある」ことを理解しておくべきでしょう。
キリスト教信者の皆さん、騙されてはいけません!




https://www.asahi.com/articles/ASP450513P44UHBI01G.html
ローマ教皇「最貧国にワクチンを」 復活祭ミサで訴え
2021年4月5日

世界に約13億人の信者がいるローマ・カトリック教会のトップ、フランシスコ教皇は4日、バチカンのサンピエトロ大聖堂で「復活祭(イースター)」のミサを行い、国際社会全体が貧しい国の人々にもワクチンを行き渡らせるよう訴えるメッセージを発表した。
 フランシスコ教皇は「ワクチンはこの(コロナとの)闘いで重要な手段」としたうえで、高所得国と最貧国でワクチン接種状況に大幅な格差があることを念頭に、「国際社会全体に対し、特に最貧国において、ワクチン供給遅延の克服に取り組み、供給を促進するよう主張します」と訴えた。





https://www.circam.jp/reports/02/detail/id=8769
2021/10/05
藤山みどり(宗教情報センター研究員)

新型コロナウイルス感染者が多い諸外国では、ワクチン義務化が進んでいる。2021年3月8日に死者10万人を突破したイタリアでは、3月31日にEUでは初めて医療従事者のワクチン接種の義務化の方針を発表した。欧州主要国で初めて民間企業を含むすべての職場の労働者を対象にワクチン接種完了か検査での陰性、感染症既往歴を示す「グリーンパス」の携行を10月15日から義務づけた。
 フランスでは7月に、9月15日から医療従事者にワクチン接種を義務づける法律が国会で成立した。同国では7月21日に映画館や宗教施設、文化施設などの利用や50人以上が集まる場所への入場に導入されたワクチン接種済みか陰性かを証明する「衛生パス」の提示が、8月9日からレストラン、長距離移動の公共交通機関などにも拡大された。これに対して、未接種者に不当な制限を課すと抗議するデモがフランス全土で多発した。
 2020年12月にアラブ諸国で最初にワクチン接種を開始したサウジアラビアでは、2021年8月から、すべての公的・民間施設、商業施設への入場、イベントへの参加、公共交通機関の利用に免疫獲得(ワクチン接種もしくは感染後の回復)が義務づけられた。
 ワクチン接種率が伸び悩んでいる米国ではバイデン大統領が9月9日に、従業員数100人以上の企業の従業員にはワクチン接種か毎週の陰性証明提出を義務づけ、従わない場合には最大1万4000ドル(約150万円)の罰金を科す方針を発表した。連邦政府の職員にもワクチン接種が義務化され、健康や宗教上の理由がある場合は対象外だが、従わない場合は懲戒処分の対象になる。義務化が進んだ背景には、テキサス州の連邦地裁が6月、民間病院の接種義務化に異議を唱えた従業員の訴えを、接種による公益が個人の自由を上回ると判断して却下したためでもある。

 ワクチン接種を拒否する理由として、「宗教上の理由」が考慮されているが、宗教界ではワクチン接種はどのように受け止められているのだろうか。


(3)カトリック…中絶された胎児由来株を使用したワクチンへの懸念、公益重視

◆中絶された胎児に由来する細胞株を使用したワクチンの使用と教義
 世界で13億人の信者を抱えるローマ・カトリック教会では、人工妊娠中絶は罪とされる。このため一部の司教が、開発・製造過程で中絶胎児の細胞が使われている新型コロナウイルスのワクチンについて、接種反対の立場を表明した。
 ワクチンの一部には、2人の胎児から得られた組織に由来する細胞株が研究開発・製造過程で使用されている。1973年に自然流産もしくは中絶された胎児から分離された腎臓細胞株、または1985年に中絶された胎児から分離された網膜細胞株に由来する細胞株である。いずれも当時入手した組織を実験室で培養したもので、ワクチン自体には胎児細胞株は含まれていない。また、ワクチン開発のために中絶されたものでもない。だが議論を呼んだ。
 中絶された胎児の細胞によって作成されたワクチンの倫理性について、ローマ教皇庁は2005年に声明を出したが、2020年12月に改めて新型コロナウイルスのワクチンについての覚書を発表した。中絶によって得られたワクチンを接種することは、悪への間接的な協力にすぎず、代替できない場合には倫理的に許容されるとし、接種しなければ世界的感染拡大の危機を回避できないという今回の状況下では、中絶に反対するという前提で、接種してよいとした。ただし、「ワクチン接種の倫理性は、自身の健康維持の義務だけでなく、公益追求の義務に従うもの」であり、「中絶された胎児に由来する細胞株の使用を倫理的に認めるものではない」という基本姿勢も明示された。

◆ワクチン接種は他人の命にもかかわる問題
 このあとローマ教皇フランシスコは、2020年12月のクリスマスメッセージで、ワクチンを「希望の光」と表現し、世界中の弱く貧しい人にワクチンを行き渡らせるよう呼びかけた。また、イタリアのテレビ局カナレ5で2021年1月10日に放送されたインタビューで、ワクチン接種に反対するのは「自滅的」なことで、「倫理的な行動で、自分だけでなく、他人の命にもかかわってくる」と接種を呼びかけた。バチカンでは1月13日からワクチン接種が始まり、ローマ教皇は1回目の接種をした。接種を完了したローマ教皇は3月にはイラクを訪れ、2019年11月の訪日以来、コロナ禍で控えていた外国訪問を再開した。
 ローマ教皇庁は2月8日に、ワクチン接種の拒否は「他人にリスクをもたらす可能性があり、公衆衛生へのリスクを深刻に高める可能性がある」として、職員が医療上の正当な理由なく接種を拒否した場合には解雇もあり得るとする法令を出した。ローマ教皇庁に勤務する約3000人が対象とみられた。だが批判を浴びたためか18日には、その法令はワクチン接種を望まない職員への懲罰が目的ではなく、「代替策」を提供するためのものという声明を発表した。
 また、2021年5月にローマ教皇は、新型コロナウイルスのワクチンが貧しい国々に行き渡っていないことを憂慮し、ワクチン生産拡大のために、製薬企業がもつ「特許の一時的な放棄」を支持するよう訴えた。さらに9月には「人類とワクチンには友情の歴史があるのに(拒絶するのは)少し奇妙だ」と述べ、反ワクチン論者に疑問を投げかけた。
 さらにローマ教皇庁は9月20日、バチカン市国在住・在勤者と入国者に10月1日から新型コロナウイルスのワクチン接種完了、検査での陰性、コロナ既往歴などを証明する「グリーンパス」の携帯を義務化すると発表した。ミサ参列については、ミサ時間に厳格に限定した例外が適用される予定というが、ワクチン接種を推進する姿勢が明白である。




キリスト教が本来「善なる宗教」であり、キリスト教の神及びイエス・キリストが存在しており、しかも「善なる神」であるならば、現在のローマカトリックの姿勢を嘆いているのは勿論であり、「悪魔の支配下に堕ちた邪悪な似非宗教団体」として天罰を下すことであろう。



ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


COMMENT

No title

記事の更新ありがとうございます。
聖書を愛読するものとして、コメントさせて下さい。

イエスキリストとその父である、私たちを創造なされた神を信じる者として、真実は聖書にあると確信しているなか、巧妙な悪は、キリスト教をはじめ、色んな姿をまとって私たちを真実と愛と正義から引き離してきます。
その最たる一つがローマカトリックです。その他の宗教についてもですが、悪は聖書の神から目を逸らす為に、あらゆる手で私たちを洗脳してきます。一般にキリスト教にまつわるクリスマスも十字架に祈ることも、マリア信仰や教皇を崇めるなど、聖書の真実からは全く外れています。

聖書に記載されておりますが、まさにこれから終末の世となり、怖ろしい災いが起こってきます。
真実を知り『悪を避けよ』と聖書にはあります。
悪はそう遠くなく滅びることがわかっているので、神が愛する人間を一人でも多く道連れにしようと、あらゆる手を使ってきます。

間もなく聖書にあります『野獣の刻印』と呼ばれるものが人々に烙印されることになってくると思います。
それが無いと物すら買えなくなると聖書にありますが、その期間(完全に悪が支配する)は3年半とされ、それを耐え忍ぶ様にとあります。

真実に気づき、愛と正義を持って悪の道連れにならない為に、そして、魂を鼓舞する音楽を讃えて下さるこのサイトのファンの一人として、長文になってしまいましたが、コメントさせて頂きました。

Re: No title

> 記事の更新ありがとうございます。
> 聖書を愛読するものとして、コメントさせて下さい。
>
> イエスキリストとその父である、私たちを創造なされた神を信じる者として、真実は聖書にあると確信しているなか、巧妙な悪は、キリスト教をはじめ、色んな姿をまとって私たちを真実と愛と正義から引き離してきます。
> その最たる一つがローマカトリックです。その他の宗教についてもですが、悪は聖書の神から目を逸らす為に、あらゆる手で私たちを洗脳してきます。一般にキリスト教にまつわるクリスマスも十字架に祈ることも、マリア信仰や教皇を崇めるなど、聖書の真実からは全く外れています。


ご指摘の通りですね。
「聖書の教えとローマカトリックは真逆の存在である」と捉えるべきでしょうね。
新たな「宗教改革」が必要かもしれませんね。


>
> 聖書に記載されておりますが、まさにこれから終末の世となり、怖ろしい災いが起こってきます。
> 真実を知り『悪を避けよ』と聖書にはあります。
> 悪はそう遠くなく滅びることがわかっているので、神が愛する人間を一人でも多く道連れにしようと、あらゆる手を使ってきます。
>
> 間もなく聖書にあります『野獣の刻印』と呼ばれるものが人々に烙印されることになってくると思います。
> それが無いと物すら買えなくなると聖書にありますが、その期間(完全に悪が支配する)は3年半とされ、それを耐え忍ぶ様にとあります。


本当に聖書に記されている通りに世界が動いているようですね。
これは聖書が予言していたからなのか悪魔勢力が聖書の予言をもとに行動しているのかは不明ですが。
3年半耐え忍べば「良い未来」が切り拓かれるのであればいいのですが・・・
ただ黙って傍観しているだけではダメでしょう。


>
> 真実に気づき、愛と正義を持って悪の道連れにならない為に、そして、魂を鼓舞する音楽を讃えて下さるこのサイトのファンの一人として、長文になってしまいましたが、コメントさせて頂きました。


mintさんならではの聖書の知識に基づくコメントありがとうございます。
大変勉強になります。
最終的には悪は滅びると信じたいです。

>3年半耐え忍べば「良い未来」が切り拓かれるのであればいいのですが・・・
ただ黙って傍観しているだけではダメでしょう。

本当にソウルマンさんのおっしゃる通りだと思います。気持ちを奮い立てて、行動していかなければですね。
しばしば撃沈してますが(笑)日々学び、行動致します!ありがとうございます^^

EDIT COMMENT

非公開コメント