「Take Me Home, Country Roads(故郷へかえりたい)」John Denver、Olivia Newton-John、Ray Charles 、キャンディーズ - 映画音楽・スタンダード・トラディショナル
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Take Me Home, Country Roads(故郷へかえりたい)」John Denver、Olivia Newton-John、Ray Charles 、キャンディーズ

今日の1曲は、有名な曲で、「Take Me Home, Country Roads(故郷へかえりたい)」です。
ジョン・デンバーの歌唱で1971年に発売され、ビルボードで全米2位の大ヒットとなった。作詞・作曲は、ジョン・デンバー、ビル・ダノフ(Bill Danoff)、タフィー・ナイバート(Taffy Nivert)による共作です。
歌詞に繰り返しウェストバージニア州が登場することから、同州の代名詞的な楽曲ともなっている。2014年に公式にウェストバージニア州の4番目の州歌となった。 ただし、歌詞にあるブルーリッジ山脈はウェストバージニア州を通っておらず、シェナンドー川もわずかにかかるだけで、そのほとんどは隣のバージニア州を流れている。これは、デンバーらがそのことを知らずに制作してしまったことに由来すると言われるが、ウェストバージニア州内でも、ハーパーズ・フェリーからは、実際にブルーリッジ山脈とシェナンドー川の両方を一望できることをファンに教えてもらい驚いたという(ウィキより)。
個人的には中学時代にNHKのラジオ英会話講座の題材にこの曲が使われため歌詞とともに覚えた思い出があります。懐かしさとともに愛着を感じる曲ですね。
ジョン・デンバーのヴァージョンです。



新コロワクチンに反対の立場を表明しているオリビア・ニュートン=ジョンのヴァージョンです。真っすぐに生きている女性は輝いていますよね。


レイ・チャールズのヴァージョンです。


こんなグループが歌っていたんですね。
キャンディーズです。衣装がなんとも言えませんね(笑)




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント