「Jesus Make Up My Dying Bed」Blind Willie Johnson 「Michael, Row the Boat Ashore(漕げよマイケル)」Pete Seeger 、Brothers Four 、The Beach Boys、Harry Belafonte 、Peter , Paul & Mary - 歴史・宗教
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

「Jesus Make Up My Dying Bed」Blind Willie Johnson 「Michael, Row the Boat Ashore(漕げよマイケル)」Pete Seeger 、Brothers Four 、The Beach Boys、Harry Belafonte 、Peter , Paul & Mary

「キリスト教の教えは「救われるのは死後のみにある」という教えなのです」


今日は、昨日アップした「Then We'll Need That True Religion」に関連した曲を2曲アップします。
1曲目は、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの「Jesus Make Up My Dying Bed」です。この曲と「Then We'll Need That True Religion」の関連性ですが、それはズバリ、タイトルの歌詞にあります。
「Then We'll Need That True Religion」の歌詞は、ここに掲載されています。
「Jesus Make Up My Dying Bed」Blind」の歌詞は、ここに掲載されています。
両曲とも「Jesus Make Up My Dying Bed」(イエス・キリストが私の臨終の床を作り上げてくれている)」と歌っているのです。
それでは、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの「Jesus Make Up My Dying Bed」です。




次は有名な曲で、「Michael, Row the Boat Ashore(漕げよマイケル)」です。
(ウィキより)
アメリカ黒人のスピリチュアルである。サウスカロライナ州のシー諸島のひとつであるセントヘレナ島で、南北戦争中に記された。
この歌は、北軍の海軍が封鎖する前に島を去った元奴隷たちによって歌われた。ハーバード大学卒業生で 1862年から1865年までセントヘレナ島で援助に携わっていた奴隷制度廃止運動家のチャールズ・ピカード・ウェアによって、この歌は楽譜におこされた。ウェアのいとこであるウィリアム・フランシス・アレンが1863年に報告した内容によると、元奴隷たちはボートを漕ぎながらこの歌を歌っていた。 1867年にアレンとウェアとルーシー・マキム・ギャリソンによって、1867年に『合衆国奴隷の歌』 (Slave Songs of the United States) でこの歌は最初に発表された。

この曲と「Then We'll Need That True Religion」の関連性ですが、これも歌詞にあります。
「Michael, Row the Boat Ashore」の歌詞は、ここにあります。
両曲とも「Jordan's river deep and wide hallelu hallelu(ヨルダン川は深くて広い、ハルー、ハルー(またはハレルヤ)」と歌っているのです。

この3曲を調べて感じたことは、「キリスト教による奴隷制度の肯定」です。
つらい労働を強いられた黒人奴隷は、キリスト教の教えを受入れることで、苛酷な労働も”良し”と思って受入れさせられたのです。奴隷制度を推し進める勢力にとっては、キリスト教はまさに”都合のいい宗教”でした。
何故なら、キリスト教は「奴隷制度を打ち倒せ。人間には自由・権利・平等が等しく与えられているのだ」と教えるのではなく、「現生はつらくても、死後の世界は安らかに暮らせるのです。キリストはあなたを”安らかな死”へと導いてくれるのだ。ヨルダン川で沐浴をし、神を称えましょう。ハレルヤ」と教えるのです。
「皆さんを奴隷として不当な労働をさせている悪魔どもを打ち倒すのです。神は悪魔どもから皆さんをお守りします」などとは教えないのです。
こちらにも「実はこの歌は『天使ミカエルよ、舟をこいで私の魂を天国(向こう岸)へ連れて行ってください』と祈る歌。過酷な境遇にいて死後の世界に憧れる歌です」と解説されています。

キリスト教の教えは「救われるのは死後のみにある」という教えなのです。

これは、現在コロナ詐欺で奴隷のような生活を強いられ、毒ワクチンによって殺されようとしている人間を一切救おうとせず、「ただ従順にしていれば、あなたを”安らかな死”へと導いてあげましょう」という「神の教え」と同じなのです。

はい、「救われるのは死後のみにある」という教えなのです。

キリスト教の神は、悪魔と結託しているのです。
神=悪魔なのです。



ピート・シーガーのヴァージョンです。


ブラザーズ・フォーのヴァージョンです。


ビーチ・ボーイズのヴァージョンです。


ハリー・ヴェラホンテのヴァージョンです。


ピーター・ポール&マリーのヴァージョンです。






ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント