陽気で気さくな“アミーゴ”の雰囲気を感じさせてくれるミュージシャン、それがフラーコ・ヒメネスである - ラテンミュージック・キューバ・ルンバ・ガリフーナ・メキシコ・ブラジル
fc2ブログ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント
月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

陽気で気さくな“アミーゴ”の雰囲気を感じさせてくれるミュージシャン、それがフラーコ・ヒメネスである

「Flaco’s Amigos」FLACO JIMENEZ



1989年にリリースされたフラーコ・ヒメネスのアルバムである。
タイトルに「フラーコの友達」とあるように、ライ・クーダーやピーター・ロウアンといった「フラーコの友達」が参加しています。

フラーコ・ヒメネスは、本名、レオナルド・ヒメネス、1939年3月11日、テキサス州サンアントニオ生まれの、メキシコ系アメリカ人のミュージシャンです。
メキシコ国境音楽(テックス・メックス)の最高峰のボタン・アコーディオン奏者です。
本作ではヴォーカルも担当しています。
ライ・クーダーのアルバムによく参加していますが、本作ではライがゲストとして参加しています。

個別の曲の解説はしません。いや、出来ません(笑)
どの曲も実にノリがいい。最高の出来です。

私はメキシコに2回行ったことがあるんですが(フラーコはメキシコ系アメリカ人でメキシコ人ではありませんが)、当時感じたメキシコの雰囲気を思い出させてくれるんです。

陽気で気さくな“アミーゴ”の雰囲気を。

メキシコに行った時、夜にこっそりホテルを抜け出して、地元のメキシコ人が集っている街でマリアッチを見学しました。
ちょっぴり怖さもありましたが、貴重な体験でした。
レストランで聴いたメキシコ音楽も、とても良かったです。

今は嫌な時代ではありますが、ひと時でも幸せな気持ちにさせてくれます。
そういえば、メキシコ大統領は偉大な人物でしたね
陽気なメキシコ音楽を聴いていたら、心も豊かになり、詐欺に立ち向かう勇気も湧いてくるのでしょう。
フラーコ・ヒメネスの音楽を聴いて、コロナ詐欺に立ち向かいましょう(笑)
お勧めです(^O^)/




評点:100点





ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント