あっぱれ! 得瑠美須 越須手郎? - エルビス・コステロ

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック

あっぱれ! 得瑠美須 越須手郎?

「THE RETURN OF THE
SPECTACULAR SPINNING SONGBOOK!!!」
ELVIS COSTELLO & THE IMPOSTERS




2011年のエルビス・コステロのライヴCD&ライヴDVDである。
以前コンサート評で紹介したものと同様に、「ステージに巨大ルーレットを用意して、観客に回させて、矢印が止まった曲を演奏する」、といった趣向がなされている。
実にサービス精神満点で、「観客もコステロも演奏やステージを楽しみ、観客は満足感に浸って帰路に着くことができる」、といった内容である。

デビュー時はパンク・ニューウェイブ隆盛の時代だったため、“怒れるパンク・ロッカー”といったイメージの強かったコステロだが、その後アルバムごとにそのスタイルを変えて、現在も“トップ・ミュージシャン”としての地位を確立している。
コステロと同時期に登場した他のミュージシャンは、現在、そのほとんどが姿形も見えなくなってしまったが、やはり“本物”は違うのだ。

今回はコンサート評で紹介していない曲で、コンサートで体験し、かつ本作品にも収録されている曲から紹介する。
特筆すべきはストーンズのカヴァーである「アウト・オブ・タイム」である。以前からコステロはビートルズのカヴァーはやっていたが、まさかストーンズのカヴァーをするとは驚いた。それも私は以前から好きな曲であったが、隠れ名曲である「アウト・オブ・タイム」を演奏するとは・・・、コステロのセンスの良さを感じさせる。ついでに、本家本元のストーンズヴァージョンもアップしておくので聞き比べてみて下さい。












評点:100点


Return of the Spectacular Spinning SongbookReturn of the Spectacular Spinning Songbook
(2012/03/29)
Elvis Costello & The Imposters

商品詳細を見る

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。