fc2ブログ
ソウルマン

「フィラリアの、いわゆる予防薬は、実際は有害な毒物である」→ということは、犬のフィラリア対策に開発されたイベルメクチンは何なんでしょうか?

「嘘八百の新型コロナウイルス詐欺に騙されるな!92」


またもや事前に仕込んでいたことがバレたようです。

(櫻井ジャーナル)さん

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202107120000/
2021.07.12
武漢で患者が見つかる前にモデルナとNIAIDはmRNAワクチンをNカロライナ大へ

欧米を支配する私的権力は「COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)」で人びとを恐怖させ、「資本主義の大々的なリセット」を受け入れさせようとしている。そのために彼らは既存の経済システムを破壊しつつあるが、痛手を被っているのは中程度より小さい規模の企業や個人だ。私的権力に近い大企業や富豪は儲かっている。
 WHO(世界保健機関)が昨年3月11日、COVID-19なる伝染病を引き起こす「SARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)」が爆発的に広がっているとしてパンデミックを宣言、それから騒動は始まった。
 COVID-19の患者が初めて見つかったのは2019年12月の終わり、中国の武漢においてだとされている。SARSと似た重症の肺炎患者9名ほどが病院に運び込まれたのだ。1月3日に肺炎患者は44名に膨らみ、そのうち11名が重症だったという。その後、「COVID-19ワクチン」が何種類も現れたが、西側で先行したのは、mRNA(メッセンジャーRNA)技術を使ったBioNTech/ファイザーの製品とモデルナの製品だ。
 ところが、2019年12月12日にモデルナとNIAID(国立アレルギー感染症研究所)は自分たちが開発した「mRNAコロナウイルス・ワクチン候補」をノース・カロライナ大学へ送っていることを示す文書が出てきた。NIAIDはNIH(国立衛生研究所)の下部機関で、アンソニー・ファウチがトップだ。

受領のサインをしたのはラルフ・バリク教授。武漢でCOVID-19に感染した最初の患者が見つかる前にmRNA技術を使った「COVID-19ワクチン」の候補をモデルナとNIAIDが開発し、バリク教授へ送ったようだ。
 現在、SARS-CoV-2は「どこ」で出現したのかが問題になっているようだが、「いつ」なのかも問題だ。「PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査」で探しているものがSARS-CoV-2なのかどうかも明確でない。ちなみに、アメリカの情報機関が11月の後半、武漢でコロナウイルスが流行していると警告していたとアメリカで報道され、またイスラエルのテレビ局はアメリカの情報機関がイスラエルに対し、同じ警告をしていると伝えている。
 武漢病毒研究所でコウモリのウイルスを研究している石正麗は彼の弟子にあたり、ノース・カロライナ大学でコロナウイルスについて研究していた。2015年11月にはSARSウイルスのスパイク・タンパク質をコウモリのウイルスのものに取り替えることに成功したと伝えられている。バリクはコウモリのコロナウイルスを他の種を攻撃するように操作する技術を開発、それを教わった石は中国へ戻ってから武漢の研究所で人間の細胞を攻撃するコロナウイルスの研究を始めた。
 石は技術をアメリカで体得しただけでなく、研究費をNIAIDから「エコヘルス連合」のピーター・ダスザクを介してアメリカから受け取っていた。エコヘルス連合はWHO(世界保健機関)にアドバイスする立場にある。武漢病毒研究所へはNIHから研究費として370万ドルが提供されていたとも伝えられている。




ここで証明されている事実は、以下のことです。

1、 新型コロナウイルス騒動は事前に準備されていた。つまり詐欺である。

2、 この詐欺はアメリカ、イスラエル、中国が“協力して”行っていた。「右も左も根は同じ」の証明である。「中国政府が単独で武漢研究所でウイルスをばら撒いたんだ!」といったよく見かける言説は“フェイクニュース”である。


このような事実を知っても「中国政府が単独で武漢研究所でウイルスをばら撒いたんだ!」といった“フェイクニュース”を信じ込んでいる人間は、救いようのないバカである。
さらにここで注意してもらいたいことは、以下の事実である。

「武漢でウイルスが漏れて世界中に拡散されたんじゃないよ!あの騒動は5Gを使って起こしたんだよ!武漢研究所が存在していてそこからウイルスが漏れたかのような報道がされているのも“フェイクニュース”なんですよ!新型コロナウイルスなんてものは存在していないんですよ!新コロワクチンが危険だと理解しても新型コロナウイルスが存在していると思わせることでイベルメクチン等の薬で毒殺しようとしているんですよ!」と。

私は、これが事実だと判断している。
皆さんは、ご自身の頭を使ってご判断ください。
イベルメクチンを、もう一度ウィキで見てみる。



イベルメクチン(英: ivermectin)は、マクロライド類に属する環状ラクトン経口駆虫薬。腸管糞線虫症の経口駆虫薬、疥癬、毛包虫症の治療薬でもある。商品名はストロメクトール(日本ではMSD(旧・万有製薬)製造、マルホ販売)。放線菌が生成するアベルメクチンの化学誘導体。静岡県伊東市内のゴルフ場近くで採取した土壌から、大村智により発見された新種の放線菌「ストレプトマイセス・アベルミティリス」(Streptomyces avermitilis)が産生する物質を元に、MSDが創薬した。
線虫のシナプス前神経終末において、γ-アミノ酪酸 (GABA) の遊離を促進することにより、節後神経シナプスの刺激を遮断する。吸虫や条虫では、末梢神経伝達物質としてGABAを利用しないため無効。イヌでは、犬糸状虫症の予防のために使用される。犬糸状虫のミクロフィラリアが血中に存在しているイヌにイベルメクチンを投与すると、ミクロフィラリアが一度に死滅し、発熱やショックを引き起こす場合がある。したがって、イベルメクチンを予防薬として使用する際は、犬糸状虫の感染の有無を検査する必要がある。同効薬として、ミルベマイシン、ミルベマイシンオキシム、マデュラマイシンがある。
また、スピノサドと共用したり、コリー系に使用したりすることは、ミクロフィラリアが存在しなくても、上記のことを引き起こすことがあるため、イベルメクチンは使用禁止となっている。




イベルメクチンは犬のフィラリア対策に使用されるために開発されたようである。
それも「発熱やショックを引き起こす場合がある」劇薬である。
このような犬用の劇薬が後に発生したとされている新型コロナウイルスに“効果がある”と喧伝されていることに疑問を抱くべきだろう。
新コロワクチンの危険性を理解されている方ならお判りでしょう。

メディアの報道は嘘で構成されているということが。

新コロワクチンの危険性を理解されている方でも大半は騙されているようですね。

新コロワクチンの危険性を話すことで信用させておいて、別同作戦で騙そうとしている工作員の言説に。

ところで、犬のフィラリア対策に薬は必要なんでしょうか?

(愛犬問題)さん

https://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/diary/201205290000/
2012.05.29
フィラリアの予防薬は世の中に存在しない! 農薬分類上はフィライア幼虫の駆虫剤だ! (19)

フィラリア予防薬はフィラリアに感染してない犬には全く無用な薬剤だ。有害無益なだけだ。
フィラリアの予防薬として獣医が販売している薬剤は農薬の分類上は回虫の駆虫剤だ。
ブログ「愛犬問題」ではそのことを数年も前から指摘してきた。
 日本もアメリカも、獣医界は国民の愛犬家を騙して儲けている悪質な詐欺集団だ。世の中の先端を行く一流人間にはなり得なかった三流人間が、獣医界という吹き溜まりみたいなところに群れをなして集まって巨大組織を作り、愛玩動物に関するいろんな詐欺商法を行って儲けている。
その一つがフィラリア予防薬の偽称表示だ。獣医界の知能の低さが透かして見えるお粗末なだましのテクニックだ。
 
 獣医が言うフィラリア予防薬はワクチンではない。回虫の一種であるフィラリアの幼虫の駆虫剤だ。なのに、予防薬と偽称している。
詐欺商法を行っている悪徳獣医に金を支払い、健康な愛犬に回虫の駆虫剤を投与することはもってのほかだ。愛犬の健康と長寿には有害無益なだけだ。
賢明な愛犬家のすることではない。我が家の愛犬には何十年も一度も投与したことがない。


 犬のフィラリア予防薬は、同じ化学成分を牛豚などの畜産動物に使う場合は、駆虫剤として分類されている化学成分だ。つまり、フィラリア予防薬は、ほんとは寄生虫の一種である回虫の駆虫剤だ。
なのに、獣医は、犬に使う場合は、愛犬家にワクチンのような錯覚をさせるように予防薬と偽称している。国民の愛犬家を愚弄し、騙している。知能の低い連中が仕込んだ巨大組織の詐欺商法だ。
 日本もアメリカも獣医界は恥じも外聞もかなぐり捨てたカネの亡者の集合体だ。白衣を着た妖怪がたむろしている伏魔殿のような下賎の業界だ。上層部も下層部もその精神構造は振り込め詐欺師と同じだ。詐欺根性で汚染されている。

 偽称表示は紛れもなく犯罪だ。法律で禁止されている。
しかし、国家資格を持った者の巨大組織による犯罪は警察も取り締まりの対象にしない。国民が自ら知識武装して防衛するしか良い対処法はない。
原発の安全神話はウソで継ぎはぎされた作り話だったことが明らかになったが、誰一人責任をとってないないのと同じだ。

フィラリアについて、英語でネットを検索したところ、面白い記事が見つかった。
そのタイトルは「100億ドルのフィラリア詐欺」だ。

 その中のフィラリア予防薬の項目だけを翻訳してご紹介する。

原文 The Billion Dollar Heartworm Scam
     100億ドルのフィラリア詐欺

翻訳文

フィラリアの"予防薬"という薬剤は存在しない。
獣医は愛犬家にフィラリアの予防薬があるかのように話すだろうが、フィラリア感染症の予防薬はない。フィラリアの治療薬があるだけである。
すべてのフィラリアの薬は同じ作用をする。
その薬は犬の体内にいるミクロフィラリアを殺す。
フィラリアの、いわゆる予防薬は、実際は有害な毒物である。
線虫に対する毒性がある。つまり、ミクロフィラリアを殺す作用がある。


 ( ミクロフィラリアとはフィラリアの幼虫のこと、線虫は糸のような線状の寄生虫のことであり、回虫もフィラリアも線虫の一種。  翻訳者注 )

     
( 翻訳者:ブログ「愛犬問題」開設者 Paroowner )






はい、「フィラリアの"予防薬"という薬剤は存在しない」のである。
「フィラリアの、いわゆる予防薬は、実際は有害な毒物である」のだ。
ということは、犬のフィラリア対策に開発されたイベルメクチンは何なんでしょうか?
イベルメクチンの開発者である大村 智が731部隊と繋がっている北里研究所と関係していることは「偶然」なんでしょうか?
さらには、731部隊の末裔が関係している研究所や病院等が新型コロナウイルスと関係していることは「偶然」なんでしょうか?
私は「現在行われている新型コロナウイルスは731部隊の末裔等の“悪魔の使用人”が行っている現代版人体実験である」と判断しています。
731部隊やその末裔を操っているのは、昔も今も「彼ら」です。

“悪魔の使用人”がモサドの元長官を事務所所長にしたようです。



https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i80696
ソフトバンクが、イスラエル諜報機関元長官を現地事務所所長に
7月 11, 2021

ソフトバンクグループが、シオニスト政権イスラエルが占領するパレスチナ領土に開設する事務所の所長に、イスラエル諜報機関・モサドの長官を務めていたヨシ・コーヘン氏を任命しました。
ロシアのスプートニク通信によりますと、コーヘン氏は1ヵ月前までモサドの長官を務めていましたが、今回、日本のソフトバンクグループの子会社が運営する「ソフトバンク・ビジョンファンド2」の現地事務所所長に任命されました。
モサド元長官は、投資ファンドの所長に姿を変えたものの、金融・投資の分野での経験はあまり多くありません。しかしソフトバンク側は、コーヘン氏がイスラエル企業や科学技術専門家との関係を活かして、シオニスト政権との協力という新しい道を開拓することを期待しています。
ソフトバンクグループは、孫正義氏が代表取締役会長兼社長を務める日本の企業です。
コーヘン氏は、出資額30億ドルにのぼるソフトバンク・ビジョンファンド2の経営陣に加わることになります。




この“悪魔の使用人”が5Gを推進している理由が分かりますよね?
「反日企業の陰謀」なんていうレベルの話ではないですよ。
武漢で5G詐欺を行った連中とこの“悪魔の使用人”は繋がっているんですよ。
これまた“フェイクニュース”ですよ。



https://news.yahoo.co.jp/articles/818e30e957d8f6ba73932feaba52221960d559c3
“西村発言”に怒り心頭の飲食店が決起! ネットで拡散「自公以外に投票」ポスター
7/12(月)

12日から東京都では4度目の緊急事態宣言が発効し、飲食店には営業時間短縮及び休業や酒類提供の原則停止が求められる。政府の無策ともいうべき状況に怒り心頭の飲食店に、決起を求める呼びかけが広がっている。
ネット上で拡散されているポスターがある。 「当店はしっかり感染防止対策をしています。不公平な『緊急事態宣言』には断固反対します。秋の総選挙では、自民党と公明党以外に投票します。お客様もご協力ください」。賛同する店はプリントアウトし、店先に掲示するようお願いされている。  きっかけは元日本マイクロソフト社長・成毛眞氏のSNSでの投稿だ。 「(政府は)もはやグダグダなのだから、秋の総選挙は都議選以上の波乱が起こるだろう。政党名を書く比例代表区で自民党は大崩れするのではなかろうか。それに乗じて東京の飲食店は統一ポスターを用意するべきだ」「飲食店は自分たちが激怒していることを効果的に表現しないとダメ」などと8日に呼びかけた。  これにホリエモンこと堀江貴文氏(48)が賛同。堀江氏が外部講師を務める「堀江政経塾」塾長で、昨年の都知事選にも出馬していた斉藤健一郎氏(40)も呼応し、同塾が主体的に動いている。





西村がトンデモ発言をしたのも芝居であり、ホリエモンを初めとした芸能人等が西村に文句を言っているのも芝居ですよ。
西村は用意されたとおりにトンデモ発言をし、ホリエモンを初めとした芸能人等は「コロナが詐欺であること」は一切言わずに西村の発言が行き過ぎであることを責める芝居をしている。成毛眞が与党を批判するポスターを作ったのも用意が良すぎる。

すべてがシナリオ通りに進められた国民攪乱詐欺ですよ。

トンデモ発言をする者やトンデモ発言を批判するフリをする者が配置されたヤラセですよ。

国民に「選挙でこの国の政治を変えることができるんだ」という嘘八百を信じ込ませるための詐欺ですよ。
初めからそんなものは存在していないにもかかわらず。
「選挙で野党に投票したらコロナ騒動は収束する」と思わせることが目的なんですよ。

不正選挙以前に選挙制度そのものが不正なんですよ!

与党も、野党も、メディアも、芸能人も、日本医師会も、似非専門家も、731部隊の末裔も、みんな“悪魔の使用人”なんですよ!

トランプも、バイデンも、ジョンソンも、ネタニエフも、習近平も、菅も、みんな“悪魔の使用人”なんですよ!

「国と国の対立」なんて全部嘘なんですよ!

「イデオロギーの対立」なんて全部嘘なんですよ!

右も左も「彼ら」が作った“偽イデオロギー”なんですから!

この国においては「自民党と共産党は“仲良しこよしのお友達”」なんですよ!

“憲法を守れ”とか“消費税を元に戻せ”とか“戦争反対”といったフレーズは、初めから国民を騙すために用意された詐欺師の言説であり、“フェイクニュース”なんですよ!

PCRや新コロワクチンが“正しい感染対策である”と主張している政党がまともな組織でないことは言うまでもありません!

日本共産党支持者の皆さん、いつまでも騙されていてはいけません!

最後に改めて、先日記した<日本共産党発表>の文章の一部と私の疑問点を記しておきます。(青字が私の文章です)
この文章で日本共産党の正体が暴露されています。
日本共産党は墓穴を掘ったようです・・・




<日本共産党発表>
https://www.jimakudaio.com/wp-content/uploads/2021/07/%E3%80%8CPCR%E6%87%90%E7%96%91%E8%AB%96Q%EF%BC%86A%E3%80%8D.pdf
「日本と世界の医学会・医療界には、PCR 検査の有効性や、新型コロナ・ウイルスの病原 性に異論を唱える議論が成り立つ余地は、もはやありません。」

科学的根拠を否定するんですか?
科学的根拠に基づかないPCR問題論や存在が証明されていない新型コロナ・ウイルス問題を無視するんですか?
この論調ならば、あなた方はファシズム肯定者と思われてしまいますよ。



「徳島大学名誉教授の大橋眞氏が、You Tube などネット動画をつうじてそうした“説” 流していますが、まったくの誤情報です。 新型コロナ・ウイルスは分離され、細胞を用いた培養系も確立されており、PCR 検査で 他のウイルスと区別して陽性・陰性の判定が行われています。」

大橋眞教授の言説を誤情報扱いするのなら、その科学的根拠を示してください。
新型コロナ・ウイルスが分離されているという根拠を示す論文を掲載してください。
そんな論文は世界中のどこにもないはずだが。
にもかかわらずこのようなことを書き記すことは、詐欺確定である。



「先述のとおり、新型コロナ・ウイルスは、塩基配列の一部が変わった「変異株」のゲノ ム解析も可能な段階となっています。すなわち、数千種類ある新型コロナ・ウイルスのな かの、どの型のウイルスなのか、遺伝子レベルで区別されています。 新型コロナ・ウイルスと他のウイルスが「混同」されているなどという主張は、最新技 術の到達点を知らない、荒唐無稽な物言いといえます。 むしろ、大橋氏が流布している、「新型コロナ・ウイルスとされているウイルスは、病源 性のない常在性ウイルス」「常在性ウイルスが PCR 法の大量増幅で、他のウイルスと区別 されないまま病原体扱いされている」「コロナ騒動の正体は、免疫力の低下による体調不良」 ――などの主張こそ、何の科学的論証もされていない、一方的な言い分です。」

この言説を証明する論文を明示してください。論文も示さずにこのような言説を唱えることは大橋眞教授に対する冒涜であり、許し難き暴論である。


「Q、「PCR 法を発明した人は、感染症の検査に使うことに反対していた」というが?
それも、大橋氏をはじめ、新型コロナ否認主義・PCR 検査否定論を唱える論者の間で、 もてはやされている情報です。 PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)を活用した遺伝子(DNA)の増幅方法は、米国の研究者 キャリー・マリス氏により、1980 年代に考案されました。しかし、マリス氏はもともと、 感染症の専門家ではなく、エイズ(後天性免疫不全症候群)の原因が HIV(ヒト免疫不全 ウイルス)であることを否定する「エイズ否認主義」を主張するなど、感染症との関連で は、誤った言説をさまざま残しています。 マリス氏は、フロンガスによるオゾン層の破壊を否定したり、CO2 による地球温暖化を 否定したりするなど、自分の専門分野以外では、「反科学」の主張をする人物でもあったよ うです。 現在の PCR 検査は、キャリー・マリス氏がその手法を最初に見出した 1980 年代とは、 比較にならないほど精度管理が進んでおり、ウイルス検出における「科学的な精度、正確 性、検出限界の判断」において、この検査法がゴールドスタンダード(=もっとも確かと される判定基準)であることは、国際的な医学界の共通認識です。」

「エイズが嘘であること」や「地球温暖化が嘘であること」は、根拠が示された情報ですよ。
科学的根拠を無視して「こう決まったから問答無用でこれが正当だ」と語ることは、まともな政党がすることですか?
キャリー・マリスの言説を否定しておいてキャリー・マリスが「ウイルスの測定にPCRを使ってはいけない」と語っていたことを無視してPCRを使用していることに疑問を持たないんですか?




https://www.jimakudaio.com/wp-content/uploads/2021/07/%E3%80%8C%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E6%87%90%E7%96%91%E8%AB%96Q%EF%BC%86A%E3%80%8D.pdf
「ただ、この間、新型コロナ・ワクチンをめぐっては、「治験がまだ終わっていない」「メ ッセンジャーRNA によって遺伝子が書きかえられる」「胎盤が作られなくなって不妊にな る」など、ネット上を中心に、「反ワクチン」の虚偽情報(フェイクニュース)が盛んに流 されています。こうした、科学的根拠のないウソ情報によって、接種を希望していた人が、 接種をやめるようなこともあってはならない、と考えます。」

「治験がまだ終わっていない」ことは製薬会社の説明文にも記載されている事実です。
新型コロナ・ワクチンが遺伝子ワクチンであることも事実です。
ワクチンの成分が卵巣に行くことも政府の文書にも記されている事実です。
あなた方は製薬会社と特別な関係を持っているのですか?
ワクチン接種後に556名の国民が亡くなっていることを問題視しないのは何故ですか?
あなた方は製薬会社と国民のどちらの立場に立っているんですか?



「すでに治験は終了しており、「有効性、安全 性は確認された」というのが、日本の医学会・医療界の共通認識です。」

科学的根拠を示してください。


「Q、メッセンジャーRNA ワクチンは遺伝子組み換えで人体に重大な悪影響を与える?
A、それも、ネット上を流れている虚偽情報です。「こびナビ」をご参照ください。 確かに、ファイザー社製とモデルナ社製のワクチンでは、新型コロナウイルスの遺伝子 の一部を、“遺伝情報の運搬役”である m-DNA 用いて人体に接種するという、新しい技 術が使われています。 しかし、先述のとおり、この技術の安全性・有効性は、約 20 年間にわたる基礎研究によ り、すでに確認されていたというのが、感染症医学会の共通認識です。」

科学的根拠を示してください。
世界中の1000人を超える医師が新型コロナ・ワクチンの危険性を訴えています。
それを否定する科学的根拠を示してください。




「Q、医師のなかにも「反ワクチン」の人がいるようだけれど?
A、医師や医学者、医療従事者の肩書を前面に出しながら、「反ワクチン」を訴える人には、 共通の特徴があります。 第一に、感染症学、ワクチン学、公衆衛生の専門家ではなく、コロナ対策の関係機関に も所属していないこと。 第二に、自分の説を、医学会・医療界で証明する努力は一切せず、専門的知識のない素 人を相手に、動画を発信するだけであること。 第三に、「自然」をうたう製品の販売、標準医療の否定する著作の刊行、陰謀論やスピリ チュアルにかかわる画像・動画の発信等によってお金儲けをしていること。 こうした人物たちの無責任な情報発信は、感染拡大を抑えるための国民の努力や、医療 従事者の尽力に対する、妨害行為であると考えています。」

そこまで言うのなら、あなたの言説は何を基準にしたものなのですか?
「コロナ対策の関係機関」の言説を基準にしたものなのですか?
「コロナ対策の関係機関」の言説を基準にしたものであれば、製薬会社の利益と繋がっているものだと思いませんか?




ポチッと押してもらえると、明日への活力となります
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ソウルマン
Posted byソウルマン

Comments 1

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/07/17 (Sat) 06:46