水道民営化詐欺パート2 - ユダヤ・イルミナティ・フリーメーソン

嘘八百のこの世界

この世界の真実を追究して行くための読後評を中心に書いていきます

HOME プロフィール 真実を追究するマロン

ソウルマンの娘のマロンです。お散歩大好きです。 

最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村 ポチッと押してもらえると、明日への活力となります↑
ロック
頭脳警察、PANTA
RCサクセション、忌野清志郎
ブラック・ミュージック
広告

水道民営化詐欺パート2

「「ユダヤの手先」「国賊」橋下徹が遂行する“水道民営化詐欺”を決して許すな!」



まずは、こちらをどうぞ↓


http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20140409-OYO1T50013.html?from=tw
水道運営権を2300億円超で売却…大阪市計画
2014年04月09日
 2015年度中の水道民営化を目指す大阪市は、市が100%出資する新会社に2300億円以上で運営権を売却するとした事業運営計画をまとめた。水道管の耐震化率を現在の約20%から将来的に60%以上に引き上げるなどの安全対策を義務づけることも盛り込んだ。9日の市幹部会議で正式決定する。
 市は、現在直営の水道事業について、新会社に30年間分の運営権を売却する方針を表明している。市の水道事業が抱える債務約2000億円と、利子や諸経費300億円以上を新会社に負担させるとして、売却価格を設定した。
 一方、総延長5000キロに及ぶ市の水道管は、水需要の減少で利益が減少していることなどから更新が遅れている。震度6強程度の地震を想定した耐震化率は23%(2012年度末)にとどまり、全国平均34%(同)を下回っている。
 市域では南海トラフ巨大地震による被害が想定されており、市は新会社に対して、水道管の更新ペースを年約55キロから同80キロに延長するよう求める。市は新会社に水道職員約1600人の大半を転籍させる計画で、市幹部は「人員削減などで経営合理化を進め、新たな財源を生み出してもらえば耐震化は可能」とする。
 ただ、市議からは「水の安全は市が責任を持って行うべきで、市営でも耐震化は進められる」との声も上がっており、市議会に諮っても関連議案が可決されるかは不透明な状況だ。



昨日、「橋下は大前研一の後を継ぐ「国賊」である」との暴露記事を書いたが、知らない間に“水道民営化詐欺”を本格始動していたようである。
水道民営化詐欺については以前も記事にしている↓
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

水道民営化詐欺については大前研一の背後勢力であるベクテル社も関係している。「超巨大多国籍企業であるにも関わらず上場していない」という謎の会社だ。そして、シュルツやワインバーガーといった役員をアメリカ政府に送り込んでおり、民間企業の枠を飛び越えてCIAと一体となって諜報活動している(人工地震にも関わっている可能性が高い)完全なるイルミナティ企業である。

「ボリビアの国民はベクテル社と戦い「水戦争」に勝利した」、とのことだが、日本人もこの戦いに負けるわけにはいかない。
「水の民営化」なるものが出来てしまったら、貧しい人は水が飲めなくなってしまう事態が発生するだけでなく、民営化という名のもとに水に毒物であるフッ素を入れられてしまう危険性が増大するのだ。
冗談抜きで、「彼ら」は日本民族の絶滅を遂行しようとしているのだ。
こんな悪逆行為を推進しているハシシタ(橋下の本名はハシシタです)を「国賊」と呼ばずしてなんと呼べばよいのだ!

この極悪詐欺行為は大阪だけではすみませんヨ。「彼ら」は徐々に日本全国を“水道民営化詐欺”によって、“日本民族を静かに殺していく”つもりなんですヨ!
こんな国賊を、大阪の人はもちろん日本人全員が決して許してはいけません。
昨日アップした「日本の人口は6000万でいい」というハシシタのスピーチも、日本人に話しているんじゃないんですヨ。あれは、彼のご主人様である「ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ」に対して、「あなた様のおっしゃるとおりに人口削減計画を実行します」と、アピールしているのですヨ。
人口削減をアピールしているわりには、ハシシタの子供はたくさんいるらしい。要するに、「自分の身内だけは繁栄して、他の一般日本人は死に絶えろ」と、彼は言っているのです。そのために水道民営化という名のもとに、国民の大切な水資源を外資に格安でたたき売り、フッ素毒を注入しようとしているのですヨ。
こいつは根っからの極悪人・売国奴・国賊です!決して騙されてはいけません!



http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/878.html
世界最大の企業にして株式未公開の個人会社「死の商人ベクテル社」による、公共サービスの民営化
http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/878.html
投稿者 むにゃ 日時 2011 年 2 月 09 日 16:39:13: okMc52wnlhCtY
(回答先: 07年新潟長野「人工」大震災:普段の出来高一日3万株の復興株、数日前に1800万株の大量売買の怪 投稿者 むにゃ 日時 2011 年 2 月 09 日 16:35:23)
●世界最大の企業にして株式未公開の個人会社「死の商人ベクテル社」による、公共サービスの民営化
CIAの一部門ともいわれるベクテル社は、世界最大の企業(軍産複合体)でありながら、株式非公開の個人会社のため、経営の実態は秘密のベールに包まれています。
「死の商人」と呼ばれるベクテル社は、あの悪名高い遺伝子組み換え作物のモンサント社と同様に、リベラリズム(民営化)を掲げながら貧困国での搾取の限りを尽くしています。

●戦争がなくならないのは、何で?~“死の商人”ベクテル社~日本は「死の商人」と無関係か?
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/276.html
ゼネコンの談合リーク問題で日本企業がバラバラに解体された背後には、アメリカ資本の魔の手が忍び寄っている。法曹界や金融、医療分野、メディアもしかり。
グローバルスタンダードとは、世界の国家を侵食→崩壊させていく行為に他ならない。
まさしく死の商人そのもの。

●国連のグリーン・リベラリズム = 水道事業の民営化とは、
世界最大の軍産複合体「死の商人」ベクテル社による、「貧乏人は水を飲むな」政策である
http://alternativereport1.seesaa.net/article/103393812.html
ボリビアの水道事業「民営化」で、ベクテル社がその事業を買い取り、水道料金は2倍にハネ上がった。
平均的なサラリーマンの収入の4分の1から3分の1が、水道代で消えた

更に、雨水を貯めて使うという伝統的な水の利用にさえ、ベクテル社は、「天から降る水の利用権は我が社にある」として、スラム街の住人から料金を徴収し始めた
抗議デモを起こしたボリビア市民の怒りに押され、当局はベクテルに契約解除を要請した。すると、南米の、この貧しい国に、違約金・賠償金として2500万ドル(約30億円)を支払わせた



(るいネット)さん
281451 世界を支配しようとする組織②~ベクテル社~ 匿名希望 13/09/22 PM11
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=281451

モンサント社とならぶ、もう一つの悪魔、ベクテル社が登場する。第二次大戦前後のベクテル社とモンサント社の幹部には、核物理学者ローレンスなど共通メンバーが多い。
いずれもロックフェラーの兄弟会社と断言してもよい。

「ベクテル社」は年間売上4兆円を超す世界最大の企業でありながら、株式非公開の個人企業であるため、日本での知名度は高くない。

主に初期の核開発にモンサントと共に携わり、ベトナム戦争後はサウジアラビアやイランなど中東オイルマネーの利権と結びつき巨利を得てきた会社である。

主力はエネルギー利権で、わけても原発建設が大きい。
CIAと完全に結びつき、アメリカの闇権力と指摘されていて、ケネディ暗殺やベトナム侵攻などの背後にベクテルの姿がかいま見えている。
まさにロックフェラーの本質を体現した中核会社なのである。

モンサントはベクテルと協調して、世界の水利権を手中に収め続けてきた。
それが、どのような姿勢だったのか、ここに端的な例を紹介する。

1999年、ベクテル社と、ボリビアのコチャバンバ市民との間で紛争が起こった。
元々ロックフェラーから幹部を送り込まれている世銀やIMFは、破綻管理国家のインフラを民営化することを要求してきた

ボリビアの水道事業も「民営化」されベクテル社が水道事業を買い取った。
その途端、住民の生活を一切考慮せず、自社の金儲けだけを目標に、水道料金が2倍にハネ上がり、ボリビアの平均的なサラリーマンの収入の4分の1が、水道料金の支払いに消えて行く状態になり、最悪の地域では収入の3分の1が水道代で消えて行った。

しかも雨水を貯水し生活用水に使うと言う、ボリビアでは伝統的な水の利用方法に対してさえ、ベクテル社は、「天から降る水の利用権は契約上、我社にある」として、料金を徴収し始めた。

今晩食べる食料の無い、スラム街の貧しい市民がバケツに雨水を貯め、それを飲むと、、数セントの金を、ベクテルは請求したのである

民衆は怒り、ベクテル社に対して水道料金の値下げを要求して、街頭デモを行った。
これに対して、ボリビア政府はベクテル社との契約を守るために軍隊を出動させた

一人の一七歳の少年、ビクトル・ヒューゴ・ダザは記者の目の前で銃に打たれ、殺された。
数百人以上の人々が重症を負った

現場に居合わせた記者は、そこで起こった出来事を目撃していた。

抗議デモを起こしたボリビア市民の当然の怒りに押され、コチャバンバ市当局はベクテルに契約解除を要請した。
すると、南米の、この貧しい国に対し、ベクテルは国際法廷に提訴し、違約金・賠償金として2500万ドル(約30億円)を要求し、支払わせたのである。

ボリビアで、ベクテル社の水道事業に反対した市民は語っている。
「この2500万ドルがあれば、2万5000人の教師を雇用し、貧しい子供に教育を受けさせ、12万世帯に水道を敷き、雨水でない衛生的で安全な水を提供する事が出来た。」


140億ドルの純利益(売上高ではなく、そこから経費等を引いた純粋な利益)を誇るベクテルが、ボリビアから、金を奪う必要が、どこにあるのか?

このベクテル社の姿に、水道支配を目指し、世界の「水支配」を目指す企業の実態が典型的に良く現れている。このあたり、モンサントの姿勢に実に似ていて、それもそのはず、いずれの会社も、正体はロックフェラーだからである。

ベクテル社は、ボリビア政府に対し、違約金2500万ドルを要求提訴したが、実は、ベクテル社がボリビアの水ビジネスに投資してきた額は100万ドルにすぎなかった

それまで、国連におけるボリビアの水源地等の保護を目的とした援助事業でNGOなどを通じて巨額の資金援助を行ってきたのは日本や欧米だったが、ベクテルは、そのインフラ整備を利用しただけで、民営化に際してすべての利権を奪い取っていたのである。

それなのに、契約違反を持ち出して25倍の利益をかすめ取ろうとした。
こうした姿勢こそが、ベクテル社の本質であり、モンサントと同じ体質なのである。

今、筆者は、ロックフェラーやロスチャイルド系の企業、それに中国企業が世界有数の日本の水資源を買収するために、日本中を回って買い占め作戦を展開していることを知っている
リンク(引用注:産経記事リンク切れです)

とりわけ、八ヶ岳周辺や四国剣山周辺などが買い占められているとの情報が寄せられている。西日本の山岳地帯は、すでに、かなり広範囲に買い占めが進んでいるようだ。

ある日、気づいてみれば、破綻した地方自治体が水道インフラをベクレルやモンサント、中国企業などに売り渡し、突如、水道代が数倍になって、自由に水を扱うことさえできなくなる事態が、そこまで迫っていると知る必要がある




http://members.jcom.home.ne.jp/tomura/murakami/taidan.htm
水道水のフッ素化をめぐる欧米の情勢


この記事は、「季刊 薬のチェックは命のチェックNo.16号(2004年10月20日発行)に掲載 されたものを、 一部訂正加筆した。したがって、雑誌に掲載された文章とは一部ことなっているところがある。
村上 徹

発行所・医療ビジランスセンター

――水道水のフッ素化をめぐる海外の情勢をお聞
かせ下さい。

村上 何年か前、読売新聞が水道水にフッ素を添加するフッ素化はいいことだから、日本でもやれという社説を載せたのですが、この社説が如何に能天気かつ不勉強なものかは、私の著書「フッ素信仰はこのままでよいのか」に述べておきました1)。近頃の欧米のマスコミの論調は、この読売の社説と違ってむしろ反対論が目立ちます。とくにカナダ、イギリス、アイルランドなどでです。
―― アメリカはどうですか?

村上 アメリカでは人口の半分より少し多くの人に、フッ素入りの水道水が供給されています。アメリカ政府の公衆衛生局と、その傘下の多数の研究機関がこぞって推進しています。宣伝文書では、フッ素化水道の割合は着実に増加しているといいますが、実態はむしろ逆。自治体(注1)の住民投票の7割程度でフッ素化条例が否決、もしくは廃止の決議をしています。だから政府はやっきになって、各州でフッ素化信任委託法を通過させようとしているのでしょう。
注1:市町村単位:住民の賛否の意思は市町村議会か住民投票で決められる。

――信任委託法というのは?

村上 端的にいうと、「フッ素の安全性は連邦政府が保証している。だから各自治体は、安全性の議論などせず、住民の意向にかまわずフッ素化しろ」ということです。

――ものすごく強引ですね。イギリスはどうですか?
 
村上 去年、ブレア政権が水道水へのフッ素添加の法案を通過させました。「地域住民が望むなら、水道会社がフッ素化するのを政府は支持する」という主旨です。今回の審議がきっかけで、野党の保守党はフッ素化廃止を党議としたので、保守党が政権をとれば、英国ではフッ素化が廃止されるかもしれません。

――英国内でフッ素化地域は多いですか?

村上 10%程度。イングランドの一部の都市だけです。スコットランドやウェールス、北アイルライドは皆無。政府はロンドンを中心とする首都圏をフッ素化したがっていますが、現政権支持者でも、フッ素化は支持しないという市民が多いために普及しません。ロンドンは代々市長自身が反対の中心のようです。

――アイルランドは?

村上 この国はフッ素化しないのは違法ですが、いくら違法でも、30パーセント程度の住民がガンとして拒否してフッ素化しない。実施している地域でも反対が強くて、複数の野党がフッ素化廃止を公約に掲げています。

――他の欧州諸国は?

村上 欧州でフッ素化している所は、今はどこもありません。オランダは憲法でフッ素化を禁止しています。これまで唯一の例外がスイスのバーゼルで、20数年間フッ素化をやっていましたが、反対する住民が多く、とうとう昨年(2003年)廃止しました。その理由がね、フッ素化したって、虫歯の数は別に変わらないということでしたよ。文献の上では、スペインのごく一部でまだフッ素化しているといわれていますが、実態がまるっきりわからんのです。

――旧ソ連や東欧諸国は?

村上 東西ドイツの統合で、東ドイツのフッ素化は全て廃止されました。西ドイツはカッセルという小さな都市でフッ素化の実験をしていましたが、統合のかなり以前に危険との判断で中止しました。ソ連時代は多くの地域で水道水がフッ素化されていましたが、ソ連崩壊とともにフッ素化も全部崩壊したようです。7~8年前、北京で国際フッ素研究学会が開催された時にモクスワから来た医師が「フッ素化はみんな止めた」といって肩をすくめてみせたのが印象的でした。ベルリンの壁の崩壊以後、ポーランド、チェコなどでは、かえってフッ素の毒性研究が勃興しました。

――中国ではどうでしょうか?

村上 中国では食品などから摂取するフッ素の量が多いのに、広州市で水道水にフッ素を加えたものですから、一度に慢性中毒が蔓延して大事件になりフッ素化を中止しました(1983年)。この事件をきっかけに中国では大論争がもちあがって、衛生学者らの主張が歯科学者らに勝利するという形となってフッ素化とは一切絶縁することになりました。香港も、中国本土に返還されると同時にフッ素化を止めました。

――フッ素化は水道水があっての話ですが、水道の普及が不十分なアフリカやアジアのいわゆる発展途上国では議論にもなりませんか?

村上 いいえ、井戸水のフッ素で重いフッ素症が起き、深刻な問題になることがあります。チベットなどでは飲料水のフッ素は少ないのにお茶からのフッ素摂取で重い健康被害が起こるため、中国保健当局は生活習慣改善の努力をしているようです。一方、南アフリカやバングラデッシュなどでは、アメリカの勧めでフッ素化しようとするなど、実に混沌としています。

――ところで、「飲料水の」安全なフッ素の濃度は、どの程度ですか?

村上 0.1~0.2ppmならよしとすべきでしょう。私が飲んでいる前橋市の水道水は、フッ素に限れば0.15ppmで、水道水として最上の部類ですが、問題なしとはいえない。母乳中のフッ素は、母体がどんなにフッ素の多い水を飲んでいようとも、それよりさらにヒトケタ下、0.01ppmが普通ですから。飲料水中のフッ素も、本当はこのあたりが安全なのでしょうが、水源自体のフッ素が高い場合は、低くするにはお金もかかります。0.1~0.2ppmならよしとすべきと言ったのはそのためです。また、何をもって安全とするかは大問題ですが、ここでは「一生飲み続けても、そのために病気になることがなく、長生きする」という意味です。

――コレステロールや血圧と同じですね。動脈硬化学会が高脂血症といっているコレステロールが240~260mg/dLくらいの人が一番長生きですから。ところで、アメリカの水道水はどうなのですか?

村上 アメリカの水道水中のフッ素の最大許容量は4ppmです。日本の上限は0.8ppmですから日本の5倍です。ヒ素も日本の5倍許されています

――アメリカに旅行するときは、絶対に水道水は飲めないですね

村上 だからアメリカでは、多少知識がある人は、水道水では料理しないし、勿論、飲まない。スーパーに行くと、蛇口のついた一斗缶のような大きなミネラル水を売っている。水道水はイギリス英語でタップ・ウォーター、蛇口から出る水のことです。水道水は飲まず、高い別な水道水(タップ・ウオーター)をスーパーで買う。これがアメリカ文明(笑い)。しかし、笑ってもいられない。大都会を中心に、日本でもそうなりつつある。

――ペットボトルの水や清涼飲料水もフッ素がはいっていることもあると聞いたことがありますが、あれは本当でしょうか?

村上 それは確かです。大体、ペットボトルの水質は、法的には何の規制もない。日本だってそうです。世界中の何百種類というブランドのペットボトルの水質についてインターネットで詳しく解説しているサイトや、逆に、フッ素を含まないからむし歯予防にならないボトル水はこれこれ、というサイトもあります2)。アメリカでは5本に1本くらいが0.6ppm以上のフッ素が濃いものです。

――相当注意が必要ですね。ところで、日本では水道水のフッ素化の動きは下火になりましたが、学童や幼児がフッ素塗布や洗口のターゲットになってきました。行政指導で半強制的に洗口をさせる国はほかにもあるのでしょうか?

村上 日本のフッ素洗口の根拠は厚労省の局長通達で、本当は法的に強制力のあるものではありません。人権尊重の時代にインフォームド・コンセントなしの薬剤使用などありえませんよ。子どもにそんな事をさせたくない親ははっきりイヤだという意志表示をすべきです。横ならびの日本的社会では、そうはっきり意志表示をするといやがられるかもしれませんが、これは悪しき風習です。自分の健康は自分で守る姿勢をとらなくては。ところが、カンボジアに行った知人は、子どもがアメリカ軍によって有無をいわさずフッ素洗口させられているのを目撃したそうです。それを聞いた時、私は、アメリカ軍から頭にDDTを吹きかけられたことを思いだしました。戦中派のいやな思い出の一つです。オーストラリアやニュージーランドなどでも所によってフッ素洗口をやっているようです。

――やはり問題はアメリカですか?

村上 世界中でフッ素化に狂奔しているのはアメリカ政府だけですから、アメリカが止めれば、「親亀こけたらみなこけた」になるのは必然でしょう。もし、アメリカでフッ素化政策がまちがっていたということにでもなれば、どのくらいの数の賠償請求の訴訟が起こるか、見当もつかないといわいわれています。何しろアメリカ政府のフッ素推進の言い方がめちゃくちゃです。
いわく、「斑状歯は単なる美容上の問題にすぎない」
いわく、「アメリカには骨フッ素症なる病気は存在しない
いわく、「フッ素化でガンが起こることなどありえない
いわく、「フッ素化に反対する連中は奇人変人
いわく、「フッ素が中枢神経に問題を起こす根拠など何もない
そして最後の殺し文句、
いわく、「フッ素化は、虫歯予防のため安全かつ有効な唯一の手段だ

――お互い話し合うということにはならないのですか?

村上 推進者は、反対するものと同じテーブルでデータを囲んで討論しようしません。アメリカではディベート(論争)が盛んですが、フッ素の問題ではディベートを絶対にしない。「独裁者のやり方だ」という批判があっても論争しない。ただ宣伝、誹謗中傷、データ改竄、人権無視、言論抑圧あるのみ。その上、やり方が非常にしつっこい。研究者がフッ素の害についての研究発表を妨害され、それでも発表したら解雇される。ある自治体でフッ素化条例が拒否されると、3~4年後には同じ条例をまた提出する。また拒否する。また出す。こんな事を数十年間あきずにくりかえす。

――むし歯が減れば歯科医は患者が減って困るのではないですか。アメリカは連邦政府が強力に押し進めようとしているという、その理由は?

村上 一言で言えば、フッ素を推進することによって利益を得る人達がやはりいるということですね。アメリカでは原子力産業と軍需企業を中心とする重厚長大産業と、燐酸肥料製造産業、製薬産業、砂糖産業などです。これらの大産業はアメリカ経済を支えていますので、政府を背後から動かす力も非常に強い。歯科医業などもこの恩恵に浴していますね。アメリカの水道水は4ppmまで許可されていますから、斑状歯ができて醜くなる。セラミック製人工歯冠の需要が多くなります。むし歯治療よりずっと高額ですし、今やアメリカ、カナダの歯科医師の一大収入源になっています。ガンその他の疾病が増えれば、医業も患者の増加という恩恵を受けます。ガン医学も進歩するでしょう。これは皮肉でも何でもありません。

――フッ素の使用は原爆の開発と何かと関係があるという話をききますが、どういうことなのでしょうか。

村上 フッ素と原爆の関連については、あまりにも込み入った事情があるので一言では言えません。私のホームページの記事3)とそれにリンクしてある情報をお確かめ下さい。

――アメリカでの廃止の見通しは?


村上 フッ素の危険性に関する論点は出尽くした感があります。今は廃止させるため、いかに効果的な行動をとるかという段階です。つい先頃(2004年8月)全米の市民と科学者が一堂に会してフッ素化を廃止させるという、たった一つの目的のために数日間集会を開催しました。こんな事は、これまで一回もなかった出来事です。相手も強大ですが、廃止のための理論と行動の核となる集団も強力になりつつありますから、きっと変わると思います4)。








COMMENT

こんにちは。

こんにちは。
4/10記事、胸がすくような思いで読ませて頂きました。
今回も真実を伝えてくださる記事に心から感謝致します。
市民のまともな暮らしのために悪徳有名人を見抜き、
市民全体がマスゴミ無視へと意識を変えていくことだ、と思います。

営利を追求してはいけない良心のある市民のための公共事業を
(税金を払っているのですから当たり前ですよね)
民営化させ、イルミに二束三文で売り飛ばそうとするなど、
あってはならない。絶対阻止させましょう!!!!!
動画にもあるように最大の懸念はフッ素をいれた水によって
脳(松果体からメラトニン生成がされなくなる等)の危険性です。
他にも重大な身体的問題を発症する可能性、
更には海、生物の汚染も甚大でしょう。
大阪市の他、松江市、吉川市…が水道事業を民営化の話を聞いています。
絶対阻止です。否決です。当然です。
魚に水の料金を払えというレベル。橋下&イルミは本当にアホです。
水をもうこれ以上汚させない!!


Re: こんばんは。

ひとことおおいさん

いつも、応援コメント有難う御座います。
正直言って、私が一人で怒っているだけでは、
思いが伝わっているのかどうか不安な気持でした。
さらに、アホらしい、という気さえしてました。
とりあえず、”水の民営化”などという詐欺だけは許すわけにはいけませんね。



EDIT COMMENT

非公開コメント

テンプレート説明

このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。
背景はスライドショーになっています。

◎プラグイン説明

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。
←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。
このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

※最上部メニューバーの上に隙間がある方

最上部のメニューバーの上にFC2検索バー用のスペースを設けています。
検索バーを表示しない設定にしている方は、cssの最上部メニュー.MegaMenuの中にあるtop:27pxをtop:0に変更してください。

◎背景スライドショー説明

random : 1, // ランダム 0:オフ 1:オン
transition : 1, // 0:単純画像切替 1:フェード 2~7:移動 8:ページ更新毎に切り替え
transition_speed : 1000, // 画像間の切替時間
slide_interval : 3000, // 1枚毎の画像停止時間
slides : [
{ image : '画像URL' } // 画像の追加・削除はここ

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れません。